コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

ツール・ド・おおすみに行きました。

11291
今年最後のサイクルイベント、鹿児島県鹿屋市で開催された【ツール・ド・おおすみ】に行ってきました。

前泊して、鹿屋に来る最大の楽しみ、【割烹錦】さんで鹿屋の名物、カンパチの刺身や鍋を堪能、ここは
3年目になりますが、やっぱり旨い! 焼酎イッキ飲みのご主人も元気、バイトの鹿屋体育大学の女子
も笑顔満点で最高の前夜祭となりました。


第9回を迎えたこの大会は今年3回目の参加、この大会のウリは何と言っても国立鹿屋体育大学の自
転車部の選手と一緒に走れて、卒業生のプロ選手とも気軽に話せて、一緒に走れることです。
今回は、ジャパンカップ優勝の荻原選手が海外遠征中で、熊本国際ロードで優勝した中島康晴選手だ
けでしたが、一人で司会、サイン会、写真撮影と、コースを何度も往復して多くの参加者に話かけられて
いました。








11297
黒川監督と中島選手の司会で、じゃんけんゲームや抽選会が盛り上がりました。
ステージの皆さんは、大会をサポートしてくれる鹿屋の生徒さん達です。

今回の参加者は最多の500名、交通事情など考えると凄い数だと思います。それもやはり鹿屋体育大
学関係者のあたたかい、笑顔いっぱいの「もてなし」があるからだと思いますね。












11296
さすが南国、いろんな季節外れの花が咲いていました。気温も20度くらいでしょう、長袖ジャージとレッ
グウォーマーだけでOKでした。









11294
コースは昨年と同じ佐多岬の往復110km、走っているグループごとに鹿屋の選手がついて引っ張って
くれます。パンクやトラブルも直してくれたり、無線で常に情報を共有されていました。

中島選手のグループで走っていると、鹿屋の選手が追い着くと、「只今、梅丹グループ15名、順調です」、
なんてあのプロが胸のところにマイクの無線で話していました。

10時30分頃、けっこう先頭グループで佐多岬に到着、せっかく来たので一番先端の展望所へ。









11293
逆光だったので海の美しさはイマイチ撮れませんが、深い青色と断崖絶壁は圧巻でしたね。










11295
ここから種子島まで42km・・・・昨日の同じ時間くらいに種子島から発射されましたね、情報収集衛星「光
学3号機」を積んだH2Aロケット16号機、ここから見たら凄かっただろうな。










11292
14時34分、無事ゴールしました。
帰りはけっこう頑張ったのでクタクタ、最後のバラ園への登りはすべてのエネルギーを出し尽くしました。
来年は第10回の記念大会になるとのこと、景色もいいし、運営にも大満足、それに沿道の応援はどこ
よりも多いと思います。女性の方や、お子さん連れにも走れる短いコースもありますので是非多く参加し
て大会を盛り上げましょうね、ほのぼととした雰囲気にも癒されますよ。

走行距離 110km
平均速度  26km
平均心拍 158bpm

消費カロリーは、3220kcal ・・・・・。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 13:28:29|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツール・ドおおすみに行ってきます

sakura07
今年最後のサイクルイベント、鹿児島で開催される「ツール・ド・おおすみ」に今日から前泊で行って来ます。

この大会は、かのやバラ園から本土最南端佐多岬まで往復する110kmのサイクルマラソンです。今年
で3回目の参加のこの大会のウリは、何といっても多くのプロロードレーサーを輩出してきた、国立鹿屋
体育大学の自転車部の選手や卒業してプロで活躍中の選手の皆さんと一緒に走れることです。










hana28
UCI公認レースの熊本国際ロードで優勝した、梅丹本舗GDR中島康晴選手やジャパンカップを制した
荻原麻由子選手など有名選手と、走りながら気軽に、普通に、話したりできるんですね。

「カッコいいジャージですね、どちらからですか?」なんて中島選手に話しかけられたり、いい年して

張したりします。昼食会場は佐多岬ですが、ここでは鹿屋の選手と和気あいあいの大賑わい、まあ、シ
ーズンオフになったばかりですから、気楽にロードバイクが楽しめるんでしょう。








kanoya1128
ゴールでは最後の選手が帰り着くまで、黒田監督を始め選手のみなさんが応援してくれます。
個人的には、九州・下関で参加するサイクルイベントとしては一番楽しい大会です。

写真は07年の大会、

笑顔、笑顔いっぱいのみなさんに会いに、

ポカポカ陽気の南国に行って来ます!

  1. 2009/11/28(土) 11:25:09|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋晴れの阿蘇を走る、気分爽快サイクリング

11233
真っ青に澄み切った、雲ひとつない快晴のなか、阿蘇外輪山を走ってきました。

霧に包まれた朝、気温10度、友人と二人で先日の熊本国際ロードレースのコースを走り、そのまま9号
線を矢谷渓谷を経由して宿ヶ峰尾峠を越え133号に、行き交う車は林道に入り3台、タイヤが石をはじ
く音と、鳥の声だけの静けさという何とも贅沢な「貸切林道」、ここから兵戸スーパー林道11km、ここも
「貸切林道」でこの時期最高のコースでした。











11235
酒呑童子山(しゅせんどうじ)の登り口が峠で、ここから阿蘇の五岳が見えるじゃないですか。

それに雲海に浮き上がる涅槃像の形もはっきりと見えますね、

じゃ雲海を見に阿蘇外輪山へ急ごうと。

なかなかキツイ坂もあり、やっとのことで兵戸トンネルの上へ到着、これから今度は14kmの林道を走り
オートポリスを目指します。

ところが、この林道が手ごわく、上れども上れども峠がこない、何ともキツイコースでした。











11234
やっと、やっと、オートポリス到着、12号線から45号に出て、いつもの早朝ライドの北展望所を目指します。















11232
人だらけの大賑わいの北展望所には何と「吊るし柿」、何でここに?














k25
ここからかぶと岩展望所で休憩し大津経由で帰ってきました。

爽やかな青空と澄み切った今年一番景色が楽しめたサイクリングでした。











11231

走行距離 104km

走行時間 5時間22分

平均心拍 139bpm

1850m登り、もうクタクタ、そんな日は、25年来お世話になっているすぐ近くの柳宝亭(りゅうほうてい)
の中華料理、ギョーザやチャーハンが最高に美味しくて独身時代はほとんど毎日通っていました。
午後7時からの営業ですが、菊池でガッツリいきたいときは是非こちらへ、おすすめは上記のほか、ラー
メンや焼きそば、ちゃんぽん、キャベツの味噌炒め、八宝菜、エビチリなど、観光客の方も多くこの日うち
の浴衣着姿のグループも来られました。
思いっきり走ったあとはこんな料理が美味しいですね。
  1. 2009/11/24(火) 21:13:44|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

熊本国際ロード、中島康晴選手が逃げ切り優勝!!

11151
15日行われた国内シーズン最終戦となるUCI公認【熊本国際ロードレース】でEQA・梅丹本舗・グラフ
ァイトデザインの中島康晴選手が優勝しました

鞠智城(きくちじょう)をパレードスタートし、あんずの丘公園の周回コース12周、168kmのレースで、1
週間前開催された【ツール・ド・沖縄】で優勝したBS-ANCHORの伊丹選手の連覇かと言われていま
したが、中島選手が今期2度目の優勝、2位に1分の差のダントツの勝利となりました。
2位が福島晋一選手、3位に清水都貴選手と梅丹本舗が1・2・3フィニッシュの完全優勝を果たしました。











111515
常に梅丹チームはレースをリードしていたように思いました。











111516
期待の宮澤選手は沖縄での故障でしょうか、中盤には棄権しました。その後あんずの丘の登りの歩道
で、奥さんと梅丹の社長さんと座り込んで話されていました。(写真は鞠智城スタート前のウォーミング
アップ、挨拶したらちゃんと答えてくれました)








111517
ラスト2週目、いよいよ梅丹はレースの主導権を握り、中島選手がアタック、シマノ勢は追走できず、逃
げが決まり、差がどんどんと広がって行きました。









11150
中島選手の最終回の激走、後続に離しラスト13kmのひとり旅、このときどんな気持ちだったんでしょう。











11519
歓喜のゴール!










115111
ゴール後、子供のように号泣する中島選手!

やったなー!と賞賛する福島、清水選手、

しばらくこの光景が続き、途中リタイアした宮沢選手や浅田監督も激励に!










11154
15 NAKAJIMA YASUHARU











111518
浅田監督と握手










111516
表彰台をEQA・梅丹本舗・グラファイトデザインが独占、それはもう満面の笑顔でした。











11153
表彰式のあと出身高の鹿屋体育大学の黒川監督と記念撮影、29日のツール・ド・おおすみでは鹿屋の
選手がお世話役で一緒に走ってくれます。卒業生の中島選手やジャパンカップを制した萩原麻由子選
手も例年来て頂いてくれますが、今年はどうでしょう!

期待していますよ!中島選手、優勝おめでとう!!
「ツール・ド・おおすみ」、楽しみです!

1位 中島康晴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)4時間28分55秒
2位 福島晋一(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+1分00秒 
3位 清水都貴(EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン)+1分24秒
4位 鈴木真理(シマノレーシング)+1分32秒
5位 佐野淳哉(TEAM NIPPO-COLNAGO)+1分39秒
6位 井上和郎(TEAM NIPPO-COLNAGO)+2分35秒
7位 清水良行(UTSUNOMIYA BLITZEN)+3分45秒
8位 チェ・ジョンギュン(韓国ナショナルチーム)
9位 普久原奨(チームブリヂストン・アンカー)




11152
私と同じチームメンバーで小学6年生のアンカー乗りの小山剛平君、メインMCの栗村さんとツーショット、

ラッキー!

  1. 2009/11/16(月) 14:06:19|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

熊本国際ロード、明日スタート!

kuma1
2009熊本国際ロードレースがいよいよ明日になりました。

当館から5kmとすぐ近くの鞠智城(きくちじょう)を9時にパレードスタート、あんずの丘周回コース168km
を走ります。

そこで、ちょっと下見に行ってきました。










kuma3
すると、チームカーと一緒に走るニッポ・コルナゴ発見









kuma4
OGKのマイクロバス、でも中のシート無く完全なワゴン車に改造してあります。












kuma5
集団で練習中の選手から、なんとピースサイン!









kuma6
スキルシマノチームだ!!











kuma66
シマノと梅丹が一緒に走っている!

右前が昨年この大会で優勝した鈴木真理選手、真ん中が畑中選手、左の梅丹のJAWBONEは宮沢
選手、となりが中島選手という豪華メンバー、でもこんないい機会になのに見に来ている人は誰もいな
いです。










kuma7
明日は午前中は晴れ、午後から曇り、スタートの9時頃が気温は9度、ゴールの頃で14度とちょっと肌
寒いようです。
付近は8時30分から午後2時まで通行止めになりますのでご注意ください。

では、明日、行ってきます!

【参加チーム】
宇都宮ブリッツェン
マトリックスパワータグ
シマノレーシング
ブリヂストン・アンカー
NIPPO・コルナゴ
日本・大学選抜
鹿屋体育大
中華人民共和国ナショナルチーム
ホンコン・チャイナチーム
大韓民国ナショナルチーム
議政府市チーム
大韓民国・大学選抜チーム
EQA・梅丹本舗










  1. 2009/11/14(土) 13:11:49|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

30cmの柿の葉

1113
大きな柿の葉、30cmはありますね。
樹齢100年の柿の木から、赤や黄色に紅葉した目にも鮮やかな葉が落ちてきます。
それを拾って、前菜の飾りや朝食バイキングのおにぎりの下に敷いて季節感を味わって頂いています。










kaii
殺菌効果のある柿の葉、全て手作業で一つ一つ包んだ柿の葉寿司は当館でも前菜の品でも人気です。










tatai
2枚の柿の葉に丁寧に包まれた寿司のネタは県内産の太刀魚、キラキラと光り思わず食欲をそそりますね。
こちらは、大津町の【柿の葉寿し本舗】さんから頂いている品です。57号を阿蘇方面に行きの大津の道
の駅を過ぎてしばらく行くと左手に「繁昌半升 柿乃葉寿し本舗 渡邉」の看板があります。
このお店は、柿の葉寿司や鯖棒寿司、細工寿司などテイクアウトや好きなものをつまんでランチもできます。

のれんをくぐると、季節の活花が迎えてくれゆっくり落ち着ける情緒ある雰囲気、まずはお茶をいただけ
ます。ちなみに活花はここの奥様が活けられ、その活花の先生は当館の装飾担当の先生で、奈良市山
町にある圓照寺「山村御流」が家元で素朴な優しい流派になります。

阿蘇方面にお越しの際には是非お立ち寄りくださいね、菊池観光ホテルで紹介されたというとちょっとサ
ービスしてくれるかも!

◇柿乃葉寿し本舗 渡邉  096-293-9191
  1. 2009/11/13(金) 16:45:49|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝食バイキングの手作り【おはぎ】は、もてなしの品

11123
只今、朝食バイキングで人気のおはぎです。

従業員のおばちゃん達があんこから作った愛情いっぱいの手作りおはぎ、もちろん一切添加物なしで昔
から伝わる作り方でできた菊池の里の味です。

でも、これ、朝ごはんの後にみなさん、ペロリですよ、

すごいなーと思います。








11222
時間をかけて、

丁寧に、

丁寧に、

本来、大事な家族や親戚に

お祝いや祭りのときに食べさせるわけですから

愛情込めて作ります。

もてなしの品を再現しました。









11121
美味しいですよ。

伝承の逸品、

朝、お早めに!
  1. 2009/11/12(木) 18:40:53|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋景色の阿蘇外輪山ライド

11101
快晴の秋空、菊池渓谷から阿蘇外輪山へロードバイクで行ってきました。
ポカポカ陽気ですが外輪山は寒さが違うので、冬用アンダーに長袖ジャージ、レーパンにレッグウォーマ
ーで9時に出発しました。

写真は昨晩開催された「万華灯」、竹の筒にローソクを灯して描かれた鳳凰の絵が優雅な雰囲気だった
ことでしょう。

その先には開催中の「菊人形菊祭り」、菊の盆栽が菊池一族の武者姿になったものや、大きな菊の盆
栽がご年配の方を中心に多くの方で賑わっています。








11102
45号から339号(ミルクロード)をしばらく行ったかぶと岩付近から大観峰方面のビュー、

左に霞むのは

久住連山、鳥になった気分の眺めが続きます。












11103
339号を一気に下る途中にある「森の教会」

なぜか気になるところ、

水を飲みながらいつも眺めています。


ツールやジロで見る教会のよう、

ヨーロッパアルプスをバックに峠の頂上に建つ自転車とサイクリストの教会、

イタリア北部のマドンナ・デル・ギッザロ教会(MADONNA DEL GHISALLO)もありますし、

やっぱり、気になります。

今日は結婚式があってました。












koyou
紅葉、きれいでしたよ。

真っ赤に染まる豪快な景色もいいですがこんなのも

好きです。
  1. 2009/11/10(火) 11:35:29|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菊池産自然薯が入荷しました。

1106
菊池市松嶋君のお父さんが作った自然薯(じねんじょ)が入荷しました。

パイプを土に埋めて、その中で育てたものでご覧のようにかなりの大きさですね。
自然薯は長芋などと比べて粘り気が強烈に強く、味も濃厚、しかも滋養強壮の食べ物として昔から漢方薬
としても珍重されてきました。栄養的には、デンプン質、アミラーゼなどの酵素がたくさん含まれていて、
食物を速やかに消化吸収する作用があります。胃もたれの時、とろろを食べれば食後がサッパリしてしま
います。また、カルシウム、鉄分、リン等のミネラルやビタミン類も豊富で、疲労回復、成人病、ガンや糖尿
病予防にも効果があると言われています。

まだ出始めで、みなさま全員の量までは入荷しておりませんが、シーズンになりましたらお出しする予定です。

そこで、ブログをご覧の方でご予約のお客様、自然薯を食べたい方に貴重な菊池の自然薯料理を一品
お出ししましょう!

「自然薯食べたい」とメールをどうぞ。こちらへ→info@kkhotel.com
  1. 2009/11/06(金) 16:04:22|
  2. こだわりの逸品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋に初冬の阿蘇を走る

1133
11月3日、天気予報では菊池の最低気温は何と1度! と予想されていましたが、朝起きてみると7度、
でもちょっと寒いので暖かくなった11時30分自宅を出発、菊池渓谷~阿蘇外輪山かぶと岩~大津コー
スを走ってきました。

2週間前は長袖ジャージにレーパンでしたが、今日は冬用インナーに長袖ジャージ、その上に裏起毛の
サーモジャージ、下はレーパンにニーウォーマーで出発、菊池渓谷までは暑いので2枚のジャージとイ
ンナーのジッパー空けていましたが、ここから登りながらも冷気を感じインナーのジッパーを締めて登り
ました。
紅葉は3分くらいか、でも色付き始めもいいですね。





1131
渓谷を過ぎた駐車場から先はもっと色付いていました。






11330
13時、北展望所着。

真っ青に澄み渡る天空、

緑の阿蘇平野の先に阿蘇の五岳が、嗚呼!

いつもの雄大な景色は、

いいなあ。


ここからジャージのすべてジッパーを締めて寒さ予防、かぶと岩を過ぎしばらく走り下りの連続に差し掛
かる前にネックウォーマー着用、これで一気に下ります。
でも寒い、グローブは指先までの冬用ですが、ここはもう少しゴツイ奴じゃないと寒さを防げません。
大津経由で325号へ、ここまで下ったらネックウォーマーを取り、最初のように3枚のジッパーを開けて
走り14時20分自宅に着きました。

63km
1759kcal
138bpm

気持ちの良い、秋に初冬の阿蘇ライドでした。








1134
走ったあとのお楽しみは、美味しい居酒屋さんへ、今日は焼き鳥三連勝に17時30分とちょっと早めに。
ここは親父さんが焼き鳥専門、息子のようちゃんが刺身や揚げ物、煮物などその他全部つくります。まず
は付き出しのふぐ皮、旨いね。






1138
ウバ貝の酢味噌和え、これも酒にぴったり。






1139
ロードバイクで走ったあとは、やっぱり肉、親父さんお得意の焼き鳥etc、なかでもおすすめはつくねと鳥
皮、抜群に旨いです。








1137
焼き鳥三連勝、おすすです。安くて美味しくて店の雰囲気もすぐに馴染めます。「三連勝」の由来は、も
ちろん親父さんは元競輪選手なのですね。

焼き鳥三連勝、若い人からご年配まで楽しめますよ、うちの調理スタッフも毎夜通っています。


  1. 2009/11/04(水) 19:12:48|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本が世界に誇る美しい精神 「もったいない」

11
ケニアの前環境大臣で生物学博士のワンガリ・マータイさんが日本に来て「もったいない」という言葉に
出会い驚かれました。それは、環境保護運動の合言葉「3つのR](リデュース=削減する・リユース=
再使用する・リサイクル=再資源化する)をたったひとことで言い表わす言葉だったからです。

以後「もったいない」は【MOTTAINAI】として地球環境を守る世界の共通語になりました。

そこでためになる本の紹介、以下引用



日本には古くから

「お酌」という風習があります。

目上の人や年長者からお酌してもらうと、

「畏れ多い」という意味の

「もったいない」気持ちになるのでした。

そんな感情も風化しつつあります。







12
肉や魚を食べるということは、

生きものの命をいただき、

人間が生き延びる糧にするといういうこと。

ですから、決して粗末にはできません。

日本人は昔から慈しみの心をもって、

魚を頭、内臓、骨、皮まで、

余すことなく食べてきました。

しかし、今では漁師町の名物料理などしか、

お目にかかることはできません。




この本、プラネットリンク編 マガジンハウス文庫 もったいない[完全保存版] 630円 是非みなさんも
買いましょう、目からウロコです。
  1. 2009/11/01(日) 20:04:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: