コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2009年04月 ] 記事一覧

オール九州3時間耐久ロードレース第1戦

明日はオール九州3時間耐久ロードレースに参戦してきます。場所は熊本と大分の県境近くにあるオートポリスで当館より35分、菊池観光ホテルが応援しているチーム【DRCC】の今回参加者11名と走ってきます!チームジャージの後のポケットには当館の名前がプリント、その広告料とまではいきませんがメンバーが、合宿と称して菊池・阿蘇・九重方面を走る際に宿泊代を格安にしたり、レース後の入浴が無料、また壱岐のレースなど...

☆ホタルが舞い始めました♪

菊池市七城の前原地区でホタルが舞い始めました。時間帯は夕暮れから午後9時まで、雨や風がない日に限られ温かい日が多く飛び交います。なかでも旭志地区は昭和61年に渡瀬川、二鹿来川、合志川においてゲンジボタルの大量発生があり、横須賀自然博物館の大場信義氏等の専門家による生息調査が行われ『日本一のホタルの里』として注目されるようになりました。以後、地元住民が一丸となって河川環境保全に努めてシーズン中には数...

日本にただ一本!樹齢1000年のアイラトビカズラの花が満開です。

国の特別天然記念物に指定されているアイラトビカズラが、まるでブドウの房のように連なった紫色の花を満開に咲かせています。ここは山鹿市菊鹿町の相良(アイラ)、当館から25分(16km)のアイラトビカズラ公園です。蘭みたいな花を咲かせているアイラトビカズラは中国原産のマメ科のつる性植物、ここが国内唯一の自生地で樹齢は推定約千年。源平合戦のころ、近くの相良寺が焼き打ちに遭い、本尊の千手観音が飛び移って難を逃...

山椒摘みに行ってきました。

ブログで紹介したヒメボタルの生息地、旭志の湯舟の堤に山椒摘みに行って来ました。館内で使う山椒はすべて自家製、ここは父の山ですが足りない分は知人の山で収穫し1年分をまかないます。その量40kg、若葉の状態でないと商品にならないので山椒摘みは今日から連続3日間、そのあとは洗い場のおばちゃんたちの熟練の技で調理し保存されます。一般的に山椒と言えば実を乾燥し粉にして薬味にしたり、ちりめんと混ぜて使ったりしま...

日本一のホタルの里

菊池はホタルの名所として有名です。なかでも菊池市旭志地区は日本一のホタルの里と紹介されており付近の案内看板には、★ ようこそ「ホタルの里 旭志へ」 ★『この二鹿来川、渡瀬川では昭和61年にゲンジホタルが大発生し、専門家より「日本一のホタルの里」の折紙がつけられました。5月中旬から6月中旬までの約1ヵ月、日暮れ時から午後9時過ぎまで光のページョントが楽しめます。5月中旬から下旬にかけては二鹿来川沿いで...

ASOカルデラ一周サイクリング

阿蘇を走ってみたいとブログにコメントを頂き、何度かメールをやり取りし福岡在住のTさんと阿蘇カルデラ一周コースをロードバイクで走ってきました。宿泊日の朝9時にロビーで初対面、とっても穏やかな方ですがバイクを拝見すると外国から取り寄せたパーツで自分で組まれたオリジナルとのこと、とっても早そうで大丈夫かなと第一印象。9時30分にホテル出発、23号(菊池赤水線)で旭志へ、ここは交通量も少ないので併走してい...

招福名湯、不老の湯

みなさんが声を揃えておっしゃる、菊池の湯はすばらしい!トロッとして気持ちがいい、上品な湯だ。一度この湯に浸れば誰しもがそんな感想をおっしゃる。でも、それを伝えるのは難しい、相応しい言葉が無い、言葉が足らない、だから伝わらないんだ。そこで助かるのが、「噂通りだった」、「クチコミ通りだった」など他人の言葉の凄さ、有り難い。ここは不老の湯、洞窟がある名物のl露天風呂、部屋から見えるため男専用、女性対策は...

4月15日、菊池渓谷が山開きしました。

4月15日、菊池神社宮司の神事により菊池渓谷が山開きしました。期間中の安全を観光関係者100名で祈願し2009年の菊池渓谷がオープン、テープカットのあと菊池市音楽協会のメンバーにより合唱組曲「菊池」の中の「水源」などを披露し、美しい歌声が野鳥の声と共に渓谷に響き渡りました。現在の菊池渓谷は、モミジやケヤキ、カエデの大木の若葉が一斉に芽生えていましたが、まだまだ山全体が新緑するのはもう少ししてからに...

山登りのシーズンとなりました。

4年前、山登りに懲りまして、阿蘇や久住の山々を初めて登りました。というのも、菊池は1時間内で九州を代表する火の山、阿蘇と久住の登山口まで行くことができ、日本百名山の二つの山を登る拠点としてたいへん便利な位置、ですから少しでも参考になればと思い登山記録を残しました。そこで判ったこと、山登り楽しみは雄大な景色もさることながら、途中で出会う新緑や紅葉、草花や高山植物など山でしか見れない自然が体験できる、...

阿蘇カルデラ観光列車「あそ1962」の旅

4月30日、阿蘇カルデラ観光列車あそ1962号で自転車仲間5人と阿蘇を走ってきます。昨年秋に一度挑戦しましたがあいにくの雨で自転車無しの旅となり、今回のリベンジは当館がスポンサーをしているチームのメンバーと走ることになりました。前日はオートポリス3時間耐久レースに全員が出場しており、ゆっくりと阿蘇の景色を楽しみながら走る予定です。あそ1962号は1962年製のキハ58形とキハ28形を観光列車にしたもの...

ダイコンの花と八千代座サイクリング

菊池川沿いを山鹿まで走ってきました。泗水付近の河川敷きでは菜の花がまだ咲いており、植木からダイコンの花がちらほら、鹿本の分田橋付近では見事にダイコンの花で一面真っ白、菜の花もまだ咲いており黄色と白、青空が写る紺碧の菊池川、鮮やかなコントランスに思わず立ち止まりました。あとで調べたら、白い花はハマダイコン(浜大根)と言って大根の野生化したもの、アブラナ科の多年草でダイコンの名はついているものの根は大...

こりのぼりと阿蘇山

この時期、もっとも阿蘇地区の象徴的な景色です。なだらかな平野が阿蘇山を囲み、この美しい山以外景色をさえぎるものは何もありません。広いがゆえにとてつもなく高い杉の木に鯉のぼりが悠々と泳ぎ矢旗が男子誕生を阿蘇の神々に伝え農村の宝を守り願うのでしょうか。阿蘇の観光と言えば、阿蘇五岳の北側からの景勝地、かぶと岩展望所や大観望など有名ですが、ここはその裏側の南阿蘇で熊本市内・熊本空港方面からは西原村に行く2...

収穫祭、今日もタケノコを堀り。

洗い場のおばちゃん二人と今日もタケノコを掘りに行きました。いろいろな場所のタケノコを料理しましたがおばちゃん達いわく、湯舟の堤のが一番美味しいとのこと、日当たり・土壌などの条件で味が違うらしい、それに朝採りがタケノコの収穫の秘訣で水分を多く含んでいるとのこと、そして採ったらすぐに処理すること、以上の条件でさっそく山へ。タケノコの掘り方を何も知らないときは、むやみに回りを掘り続け全体像が見えるまで掘...

自家製ヤーコン塩作りました。

ヤーコンとは、中南米アンデス高地原産のキク科の根菜で、腸内を健康にするフラクトオリゴ糖を食物のなかで一番多く含む菊池名産の健康食材です。フラクトオリゴ糖は特定保健用食品の中で「おなかの調子を整えたい方に適する食品」として許可を受けた食品の成分で、善玉菌であるビフィズス菌には作用しますが、悪玉菌であるウェルシュ菌には作用しない性質があります。そのため整腸作用を補助する働きがあり便秘やダイエットに効果...

タケノコ掘りました。

タケノコ堀りに行きました。今が旬のタケノコ、旬とは10日間を意味するとか、竹の旬で漢字では「筍」と書きます。一年間で10日間だけの貴重な食べ物ですね。大量に採ってきたので洗い場のおばちゃん達に朝食バイキングに出してもらいました。アク抜きして茹で、薄く切って辛子味噌に山椒をきかした簡単料理、試食したらこれがまた旨いんですね。おばちゃん達の話ではタケノコにも採れる場所によって味が違うとのこと、どうも採って...

春の阿蘇をロードバイクで一周

前日から宿泊していた北九州の友人と春の阿蘇をロードバイクで一周してきました。前日は竜門ダムのサイクリングコースを走りウォーミングアップ、夕食は同じ自転車仲間の自遊亭さんで馬レバー刺しと馬刺しでエネルギー充填、友人も地酒菊池川が気に入ったようで枡酒でお代わりの連続、したたかに堪能しました。9時に菊池観光ホテルをフロントの皆さんに見送られて出発、県道23号(菊池赤水線)で車帰の3基の風力発電へ、最後の3...

一心行の大桜が満開

一心行の大桜をに行ってきました。場所はミルクロードや大観望から見る阿蘇山の裏側にある南阿蘇、近くには白川水源や久木野のそば道場、南阿蘇鉄道のトロッコ列車など最近注目の地域です。一心行の大桜は樹齢400余年のヤマザクラで、樹高14m、幹囲7.35mの巨木で、開花の時期には20万人を超す花見客が訪れます。なぜ、こんなに多くの人々が1本のヤマザクラを見に集まるのでしょうか。樹齢400余年という人の寿命をはるかに超...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム