コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2009年01月 ] 記事一覧

熊耳山正観寺

お隣、正観寺さんの紹介を。菊池一族の菩提寺で1340年~1345年に菊池15代菊池武光によって創建されました。78代住職日比野さんによれば、一時は全国十刹のひとつに数えられ、寺領は六十六町歩(198000坪)、僧侶は2000人からいた大寺院であったといわれ、現在も付近一帯は「正観寺」という地名で当時を物語っています。のちに加藤清正や細川重賢も再建しましたがいずれも焼失したそうです。境内には以前の面影はな...

冬枯れの庭に深紅の千両

雨が続きますね。庭の千両が深紅に染まり、雨に濡れて冬枯れの景色に色を添えていました。先日、熊本県農業公園カントリーパークで開催中の「第34回JA植木祭り」に行ってきました。平日なのに天気も良かったせいか多くの人で賑わっていました。平均年齢は多分68歳くらいでしょうか、植木や花などを眺めて歩き回ったらお腹もすいてくるころ、今年は昼食処も充実して、うどんやそば、おこわ、饅頭、石焼き芋、天ぷら、焼き鳥、カ...

春からの初夏の宿泊プランができました!

春から初夏にむけての宿泊プランができました。その名は「若葉物語」♪♪春といえば桜や菜の花をイメージしますが、当館では木々の若葉がとっても綺麗なんです!特に庭先にある正観寺の大樟の若葉といったら眩しいほどの新緑、玄関前のクヌギやコナラなど雑木の若葉も目にも鮮やかな色彩を放ちますし、竹林を覆う孟宗竹もこれもまた綺麗です。もちろん裏山が菊池公園で満開の桜も目前です。そんな景色を楽しみながら菊池の美味しい料...

エコスクール日本一!

昨年、創立百周年を迎えた県立菊池高等学校が全面改築し、環境を考慮した学校施設『エコスクール』に生まれ変わりました。 環境を考慮した学校施設(エコスクール)とは、環境への負荷の低減を目指して設計・建設がなされる施設(施設面)、環境への負荷の低減の目的に沿った運営がなされる施設(運営面)、環境教育にも活用されることが可能な施設(教育面)という三つの視点から捉えられ、施設自体の建築的要素と運営・教育とい...

山女魚の炭火焼、部屋に到着

昨日の続きですが、このような形でお部屋へ到着しました。焼き台に乗って、しばらくこのままの状態で焼き上げると、必ず、「いい香りがしてきたね」 と言われ、「食べごろですよ」 と返事し、いよいよ、このまま、ガブリ食べても美味しいですが、タテ酢もまたよろし。菊池川源流山女魚の炭火焼の紹介でした。...

只今、焼いています!

ひとつの焼き台で14匹、今日は満室にてこれだけの山女魚を一気に炭火で焼いています。このまんま、客室や宴会場に運び、部屋で香ばしい匂いを楽しんだら、いよいよアツアツの焼きたてを食べて頂きます。これが、『菊池川源流山女魚の炭火焼』です、食事時間に合わせて焼き上げますのでとても神経を使う一品です。炭の香りと、芳ばしい焼き魚の香り、そして一口食べたら旨みがあふれ出すジューシーで上品な味は皆様に喜ばれていま...

露天風呂の写真撮影

写真撮影のため、久しぶりに露天風呂に入りました。内湯で温まったら、寒さをこらえ、冷たい岩を小走り、「ドボン」と露天風呂へ。「んあっ・・・・・」と、雄叫びを上げて、首まで座して浸れば、体中に温泉が染み渡り、やっぱいいなぁーといつもの感動、いつもそんなんです。小雨が降ってきました。冷たい雨です、でもここはナンの問題もありせん。「これもイイな」、風情が増して、いい感じ、そこで、明るくなった一瞬をパチリと...

技能検定の試験に向けて

仕事が終わり、黙々と調理技能検定試験の練習に励む調理担当の佐藤君、課題1 小鯛の姿造り及び網大根に掛ける作業1. 頭尾を残し、活き造りの要領で3枚におろし、小骨を抜くこと。2. 湯霜をふり、冷水で冷やし、皮面に縦に2本包丁目を入れること。3. 小鯛の頭の部分と尾の部分に敷く台座を作り、頭を左に、腹を手前にして竹串を使用して、頭部を はねた如くの姿盛りの形をつくること。4. 背びれは、竹串で形よく張らせること。...

日本VSイエメン戦、本日熊本で開催!

サッカー日本代表公式戦、アジアカップ最終予選の日本-イエメン戦が本日、熊本市のKKウィングで19時20分キックオフされます。今朝、開戦前の会場の雰囲気を見に行ってみると、放送設備や中継車、テントブースの準備の真っ只中、周辺の道路にもすでに警備が、何せ32000人収容ですぐにチケットは完売とか、ここは2002年ワールドカップの時にはベルギー代表もキャンプをはり、2005年にはU-20、U-18の日本代表戦も行われていますが、今...

菊池風すき焼きのレシピ

熊本では正月の御屠蘇はこの赤酒をいただきます。赤酒は料理の調味料として、煮物やうなぎのタレなどに使われ、当館では「とろろで食す 菊池風すき焼き」のベースの味となり、独特な風味とこくのある甘味が特徴で隠れた調味料の主役です。一度試されたらいかがでしょうか。そこで緒方料理長よりレシピをこっそり聞きましたのでご紹介しましょう。◆酒/1800cc◆肥後の赤酒/360cc◆濃い口醤油/360cc◆きざら/160g材...

熊本の早春の風物誌♪ 『農協植木祭り』まもなく開催!

400年以上前から続く熊本の早春の大イベント、第34回JA植木祭りが1月24日(土)から2月23日(月)まで31日間、熊本県農業公園カントリーパークで開催されます。当館から20分の会場には広大な敷地に170業者が出店、120万点の植木や花鉢苗物、県内各地の物産が勢ぞろい、庭園のサンプルまであり、ガーデニングや樹木の相談など毎年多くの人が訪れ賑わっています。庭木や花の大規模市場のこのイベントは、県内各...

庭のメジロと中田語録

年末よりメジロが毎日来ています。山にはいよいよ餌が無くなり里へ降りてきたのでしょう。一番好きな餌は熟し柿、でも大きなヒヨ鳥が来ると逃げてしまい、近くの林でしばらく待機、ヒヨ鳥が食べ終わったあとまたメジロの食事が始まります。自然のなかでもいつも同じことなのでしょう。そんな風景をロビーから観察しながらコーヒー飲むのもいいですね。先日、サッカーの中田英寿さんとテニスの杉山愛さんが、霧島の旅館で対談してい...

居酒屋紀行~菊池編

菊池の居酒屋さんや食事処を紹介しましょう。(吉田類さんも参考に)ご予算やお好みよって馬料理専門店・お刺身が得意・焼鳥・うなぎ専門など近くに専門店があります。他県からお越しでしたら馬料理が得意なお店が人気のようです。馬専門店でしたら《うどう》さん、肥後弁丸出しのおちゃめな女将と娘さんの店、カウンター5名、テーブル5名の小さなお店です。オーナーが肉屋さんをされており上質の馬料理を食べに常連さんが通いま...

水田ごぼうハウス

『菊池水田ごぼう』というブランド名にもなっている田んぼで作るゴボウのビニールハウスです。今の時期、菊池のいたるところで見かけ、一面に広がる背が低いビニールハウスは菊池の風物詩です。水田ごぼうは、その名前の通り田んぼ作り秋の収穫が終ったらすぐに植え付け、3月から7月まで市場に出回ります。11月から市場に出ているのは、減反のため米を作らなかった田んぼで作ったものです。菊池の農家の人は大変です。米の収穫...

龍王神社、宝くじが当たるとか!

今年3回目ブログ更新、新酒・ご神木ときましたので、幸運をテーマに考えたところ菊池だったら絶対に龍王神社!幸運のスポットを紹介ましょう!さて、龍王神社は菊池市竜門地区(旧名は龍門)の竜門ダム堰下、静かな田畑の先にあります。数年前、テレビでこの神社の御札が幸運を呼ぶと多くの体験談が放送されるや、日頃静かなこの地区に県外からの車が溢れました。番組では宝くじの当選や店が繁盛した、病気が治ったと様々な幸運を...

ご神木も新年の装い

正月2日目、縁起良く、新酒の次はご神木のこと。この巨木は樹齢700年余、菊池の歴史のすべてを知る、菊池15代菊池武光公の墓印と伝えられる熊本県指定天然記念物です。場所は当館のお隣り正観寺の境内にあり、ちょうど本館客室7階がこの木のてっぺん、風格ある姿は訪れる人々に安らぎを与える重要な役目を担い、私達従業員も毎月1日と15日にお参りに行きます。ここには、庭から通じる門から館内の履物で気軽に出入りでき、この木の...

新年には新酒で一献

新年明けましておめでとうございます。昨年中は皆様にたいへんお世話になりました。多方面に渡りご意見やご指導を頂戴し、ひと回り大きな菊池観光ホテルになることができました。今年も皆様の《故郷の家》と感じて頂けるような館になりますよう頑張りたいと存じます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。さて、菊池の銘酒「菊池川」が昨年誕生しましたが、その優雅な味から11月には売切れていました。昨日、待望の新酒が届き...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム