コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Archive [2008年06月 ] 記事一覧

山女魚の棒寿司、始めました。

おすすめ別注料理の二品目は山女魚の棒寿司です。菊池川の源流で育った山女魚を一塩当てて酢をくぐらせ、大葉や山椒を混ぜた菊池米で寿司にしました。山女魚はサケ科に属する魚で、海に下らずに一生を河川で暮らします。(陸封魚)サケの幼魚と同じく体の側面に上下に長い「木の葉・小判状」の斑紋模様(パーマーク)があるのが特徴で、サケは成長するにつれ消えてしまいますが山女魚は幼魚の印であるそのパーマークは生涯残ったま...

走る豚の味噌焼き

おすすめ別注料理のご紹介をします、「走る豚の味噌焼き」です。菊池渓谷の麓、山を切り開いた広大な牧場で、放牧された馬のような環境で育ったその名の通り「走る豚」、テレビのどっちの料理ショーで紹介された極めて入荷が少ない貴重なブランド肉です。あっさりとしながらも旨みの濃い味は、ほど良い食感とともにほかでは体験できないものです。味噌焼きとの相性もよくその深い味わいは絶品、個性が強い鋭い旨さの純米吟醸酒菊池...

純米吟醸 菊池川 登場 !

ついに菊池に銘酒が誕生しました。名前は純米吟醸酒菊池川、昨年収穫されたこだわりの米と菊池川の源流の水を使い、菊池の有志の方々の努力により今年4月から販売されました。100年以上前に発見された「雄町」という米を、菊池環境保全型農業技術研究会のメンバーにより無農薬・無肥料で育て、仕込み水を菊池川源流のひとつ八方ヶ岳の麓を流れる椎場川の水で造った限定酒です。数ある銘酒には様々な特徴がありますが、この酒は...

ツール・ド・コリア-ジャパン観戦レポート

自転車の国際ロードレース「第1回ツール・ド・コリア-ジャパン」が、21日第1ステージが山鹿市のカルチャースポーツセンターで、第2ステージが山鹿市のあんずの丘で開催されました。第1ステージは大雨で観戦を断念しましたが、第2ステージは何とか小雨程度で観戦に行きました。鞠智城をパレード走行し、あんずの丘からローリングスタート、1周13.4kmを13週するレースで、12カ国104名の選手が参加、以後25日から...

甘酒のすごい効能!点滴と同じとは!

朝食バイキングに自家製の甘酒を出していますが、その甘酒がたいへんな健康効果があることが最近わかりましたのでご紹介しましょう。まず、当館の甘酒の作り方として1. こうじをほぐす(熊本県山鹿市の原田食品製造所の甘酒こうじ)2. もち米をお粥にする3. お粥になったもち米を60度に冷ましたらこうじと混ぜる4. 保温ジャーに入れて50度弱を1時間保ち、1時間後にスイッチを切りこれを4回繰り返し冷ましたら完成です。■甘酒の...

青空シリーズ・根子岳

どんよりとした雲、ジトジト降る雨、梅雨だから仕方ないですね。だから田植えができるわけですし・・・。気分を変えて青空シリーズといきましょう!以前登った阿蘇五岳のひとつ根子岳頂上からの景色です。遠く左に見えるのが高岳、右側が阿蘇平野の奥は阿蘇北外輪山、皆さんがいつも眺める大観望などです。阿蘇山のなかで根子岳だけギザギザした形になっています。これは他の山に比べて古くできたもので、風化や侵食によってそのよ...

南阿蘇の田植え

南阿蘇の田植えは、5月18日のサイクルマラソンのとき一斉にされていました。ですから菊池の稲よりだいぶ成長していますね。連なる山々は南から見た阿蘇山、西の方(右)から根子岳(1408m)、高岳(1592m)、中岳(1506m)、杵島岳(1270m)、烏帽子岳(1337m)、これを阿蘇の五岳といい、総して阿蘇山といいます。現在も噴煙あげて活動中なのが中岳ですが、こちら側からは噴煙は見えません、ちょうど大観峰から見る阿蘇の裏...

田植えが始まりました

さあ、いよいよ菊池にも田植えの時期が来ました。朝日に輝く田んぼ、日本らしい風景ですね。菊池では田んぼでゴボウを作ります。その名も「菊池水田ごぼう」というブランド名で全国に出荷されています。普通のゴボウとどこが違うかというと、軟らかい田んぼで育つため、1.柔らかい2.白っぽい3.風味が豊かこの3点が大きな特徴です。水田ごぼうは、きんぴらにしても酢ゴボウにしてもたいへん美味しくなります。この二品は朝食バイキ...

壱岐サイクルフェステバル2008

壱岐サイクルフェステバル2008に出場してきました。このレースは、昨年に続き2回目の出場ですが、完走を目指すサイクルマラソンと違い、公道を封鎖してのタイムレースであり毎年多くのサイクリストが参加されます。今年は510名の参加があり、ヤング・レディース・一般・シニア・グランドシニアのカテゴリー別に30kmと50kmのレースで開催されました。私し、コルナゴ部長は年齢的にシニア(40~49歳)に属し30kmに挑戦...

真竹の鍋登場!

真竹のシーズンとなりました。近所の方から真竹を頂きまして、早速おばちゃん達に田舎料理にしてもらいました。具材は本日採れ立ての真竹に人参、こんにゃく、どんこ椎茸、鶏もも肉、味付けは上品な醤油仕立て。鶏のダシがきいた竹が主役の鍋なんて名前が無いですが、とりあえず「真竹の鍋」で明日から朝食バイキング75番目のメニュとして出します。ちょっと二日酔いの方にはバツグンに旨いと思いますよ。...

雨の日は読書でも

梅雨ですね。しばらくはじっとりした日が続きますが、こんな日は本でも読みましょう。そこでおすすめなのが、羽田圭介著「走ル」と北方謙三著「武王の門」の二冊。「走ル」は今年出たばっかりの新刊、ロードバイクを愛するコルナゴ部長としては、おさえておきたい一冊です。ふとしたことをきっかけに、ちょっとそこまでが夢中に走ってしまい・・・授業をさぼった少年が、ビアンキで旅するというもの。私もつい思春期というかその頃...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム