コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

宿泊記念樹のプレゼント

記念樹のプレゼント

宿泊記念として、お泊りなられた方にクヌギの木の幼木をプレゼントします。(60本限定)
この幼木は、玄関前のクヌギから昨年落ちたどんぐりを拾って育てたものです

地球温暖化など多様な自然問題が山積しているなか、木には保水力や二酸化炭素の削減など自然に優しい役目を担い、1本でも多く木を植えることは大切なことだと思います。空いた少しの場所がある方は是非1本の木を植えたらいかがでしょう。
ただし、この木は大きくなる木ですから場所はよく考えてくださいね。

まだ1年満たない20~30cmの可愛い木を旅の思い出としてどうぞ、写真背景の大きな木はお隣、正観寺の樹齢700年余の大楠、熊本県指定天然記念物です。
700年前はこの大楠もクヌギの幼木くらいだったんですね。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/30(金) 10:19:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

専門誌に紹介されました。

サイスポ

只今発売中の「サイクルスポーツ6月号」に私し中尾ことコルナゴ部長のおすすめコースが紹介されました。(P75です。)

これは、熊本城と阿蘇カルデラを周回するバリバリの熊本らしいコース、サイクルスポーツ誌の特集上、熊本城が基点となっています。出発してすぐは熊本一の繁華街「通り町」、健軍までは市電と平行して走ります、それから俵山を登り日本名水100選の白川水源や、熊本一の景勝地の高森月廻り温泉、大観峰、菊池渓谷、そして菊池温泉、植木から熊本城までは「ゆうかファミリーロード」というサイクリング専用道で行きます。

以前阿蘇カルデラ一周コースを実際走ったことをこちらに紹介しましたが、今回のコースは菊池から植木経由熊本城が追加されたコースです。みなさんも一度挑戦してみてくださいね。


  1. 2008/05/29(木) 20:03:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話題のBBセブンクリームがアメニティに追加

BBセブン

ハリウッドスターのお気入り!今話題のBBセブンクリームが女性浴場のアメニティに加わりました。

このクリームは、1本で7つの役割があり、ファンデーション・化粧下地・保湿効果・お肌への栄養補給・ナチュラルな透明肌・シミ、シワなどトラブルカバー・紫外線カット(SPF15UV)の役割あります。
社員が試したところ、なかなかの評判、本館と東館浴場の脱衣室にアメニティとして置いてありますので、ぜひたっぷりとお試しくださいね。
お気に召したらラウンジで販売もしています。

■女性脱衣所アメニティ
 かかとつるつるクリーム・ドライヤーの前にヘヤトリートメント・スパウォーターゲル美水泉・BBセブンクリーム

■女性浴場アメニティ
 ピーリングジェル・炭洗顔クリーム・備長炭軽石・かかときれい・馬油シャンプー・馬油ボデイソープ・馬油トリートメント・つぶ塩ボディソープ・米ぬかボディソープ・炭アロエボディソープ

■男性脱衣所アメニティ
 ヘヤーリキッド・ヘヤートニック・アフターシェーブローション

■男性浴場アメニティ
 炭洗顔クリーム・備長炭軽石・かかときれい・馬油シャンプー・馬油ボデイソープ・馬油トリートメント
  1. 2008/05/24(土) 19:13:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツール・ド・コリア-ジャパンのコース試走

ツールチラシ

以前紹介したツールド・コリア・ジャパンのコースを走ってきました。6月22日開催のこの大会は、アジア最大のロードレースを合言葉に、韓国政府及び大韓民国国民体育振興財団が企画したロードレースです。韓国と日本の初の共同開催で来年以降は中国へコースを延長し東アジアを結ぶ「ツール・ド・アジア」を計画してとのことです。

場所は、お隣の山鹿市の鞠智城(きくちじょう)をパレード走行、あんずの丘をスタートし13.4kmの周回コースを13周するというもの。山鹿市といっても当館から鞠智城まで5km、メンバー3人で観戦場所の確認も兼ねて走って来ました。

あんずの丘をスタートするとまずは眺めの良い下りが続き、集落の中を抜け五郎丸から少しの登り、この付近も観戦するにはいいか知れません。また集落に入り一気に道が細くなり下りの急カーブ、ここは難所、広い道に出ると多分ダンシングでグイグイと加速する長い直線コース、若宮付近から登り地点、ここが一番の見所か、観戦場所に決定。登りきると下りから今度は180度の急カーブを通過、直線コースから左折し、あんずの丘へ戻るというコースです。

極端な登りはなくやや平坦なコース、コースMAPが欲しい方は連絡頂くとメールにて送ります。
こちらまでどうぞ → info@kkhotel.com
6月6日UP
大会案内の詳細はこちらhttp://www.cyclingtime.com/modules/ctspecial/view.php?p=8398
  1. 2008/05/23(金) 13:18:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サイクルレース、チャレンジ阿蘇

じゃんべ

18日、阿蘇や九重の絶景が楽しめるサイクルマラソン「チャレンジ阿蘇」に参加、心地よい天気のなか一緒に参加した菊池の食事処「自遊亭」夫妻と居酒屋「菊乃家」さんの4人で走りました。

今回話題になるのは、自遊亭の息子さんが一番の難所の二重の峠で、ジャンベを演奏してみんなを励ますというもの。ジャンベとは、 西アフリカの伝統打楽器で、木をくりぬいた胴に山羊の皮を張ったシンプルなもので儀式や祭りなどで見かける打楽器です。本人は学校のクラブで習っておりかなりの腕前。

とてもリズミカルでテンポがよく、峠に響き渡る音色はきっと参加選手に元気を与えてくれるだろうという作戦です。峠の中腹あたりでヨタヨタともがいていると、早速乾いた音色が聞こえ始め、登り上がるにつれ段々音が大きくなり、通過する選手から「ありがとう」の声や手を振ってこたえてくれたりと大成功でした。

その後、かぶと岩展望所や菊池阿蘇スカイラインなど絶景を楽しみ、小国からやまなみハイウェイを一気に下りスタートした阿蘇神社へゴールしました。走行距離は85km、3時間45分、阿蘇の大自然を満喫した一日となりました。

沿道では田植えの真っ盛りでしたがたくさんの応援を頂きました、また交差点ごとに係りの方が的確に案内して参加者全員怪我無く走ることができました、心より感謝申し上げます。
さて、6月8日はいよいよ壱岐のレース、昨年より少しでもいいタイムでゴールしたいものです!

  1. 2008/05/20(火) 16:04:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

菊池のお土産はコレでしょう。

ゆべし

菊池の銘菓「ゆべし本舗 泉屋のゆべし」を紹介します。
泉屋さんのゆべしは、細川藩の御用菓子司であった店主の曽祖父が、1878年(明治11年)に創業、当時と全く変わらない130年間代々受け継がれた材料・製法を守り続けていらっしゃいます。

菊池の地に古くから伝わる郷土食ゆべしは、子供のおやつや野良仕事の大人のおやつとして親しまれ、古くは南北朝時代の菊池一族の戦の携行食として使われえたとも言われています。

こちらのゆべしは、菊池産の山採れの無農薬の柚子と菊池米の粉と麦味噌でできており、もち米の素朴な甘みが広がる菓子、無添加と即日販売にこだわり、毎朝4時半から仕込みされています。
四代目店主の泉雄一さんは、モノトーンの水彩画家としても有名、菊池の懐かしい風景を描かれ当館でもパンフレットや献立表で紹介させて頂いてます。

一日に100個前後手作りのゆべしは、こちらお店だけの販売で売り切れ御免の商品、1個150円で5個や10個と購入数に応じて包装、竹の皮に包まれた平たいお餅のゆべしは、味噌と柚子の香りが上品な逸品、酒飲みの私も大丈夫な甘さ、とにかく美味しいです、土産というより自分で食べます

住所 菊池市隈府313-3 電話 0968-25-2778
営業 8時~21時(売り切れ次第) 店休不定 駐車場3台
  1. 2008/05/16(金) 19:03:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山椒の実を採りに行きました。

山椒の実


山椒の実が採り頃となり、菊池市旭志の堤のほとりの当館の山へ採りに行きました。
膨らんだばかりの若々しい実でないとだめで、この時期を逃すと芳ばしい香りが無くなります。トゲに注意しながら青い実を手で摘んでいきます、初心者の私はこれがたいへんな作業でトゲに刺さりながら何とか三人で2kgの収穫を得ました。

当館ではこの山椒の実を朝食バイキングの「ちりめん山椒おにぎり」や、マーボ茄子の調味料、きゅうりの糠漬の床にも使います。先月に収穫した山椒の葉と花と、今回の実の収穫で宿泊のお客様の一年間分となります。
地元産が一番美味しいと思いますので大事に少しづつ皆様にご提供したいと思います。
  1. 2008/05/14(水) 17:33:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

料理の講師として小学校へ行きました。

小学校へ掘田君


調理や食材の生産など《食》に携わる菊池の若者のグループの会「菊池一膳会」が先月発足し、初の対外的事業に参加しました。当館の緒方調理長を発起人として、ホテルの調理人や菊池市内の居酒屋、焼き鳥屋、割烹、農産物の生産者など若い世代が菊池が誇れる逸品を作ろうと集まった会で、今日は菊池北小学校の5年生の家庭科の授業の講師として参加しました。

小学校の体験授業の一環として竹の子掘りに行った際、校長先生と緒方調理長の話から実現し、菊池一膳会からは、当館の緒方調理長や佐藤君、外村君、居酒屋 夢路の神田祐樹君、焼き鳥三連勝の堀田陽平君が講師とて腕を振るいました。

料理内容は、竹の子のいなりや竹の子茶碗蒸しの他、菊池一族に伝わる菊池武光公鍋やサラダ巻きを、なれない生徒さんと教えるのは苦手の若き料理人と和やかな雰囲気のなかで進みました。

料理ができたらみんなで試食、かなり扁平したおいなりさんやサラダ巻きなどもありましたが、どれも味がよく皆さん美味しいとの評判、なかでも武光公鍋は人気で地元の歴史の勉強も兼ねるものなったようでした。
これからもお招き頂いたら、どこでも行きますとの菊池一膳会の皆さんの頼もしい挨拶で授業が終わりました。 (写真は三連勝の堀田君) 《市役所の広報でも紹介されました。》
  1. 2008/05/09(金) 16:38:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の宿泊プランができました。

夏のプランができました。


お待たせしました。2008年夏の宿泊プランができました。
名付けて《夏の美味しい宿泊プラン ふくさと浪漫物語》です。今回のポイントは、春のプランで大好評の味彩牛のすき焼きをバージョンアップした「自然薯で食す とろろすき焼き」です。

菊池市下河原の松島さんが作られた自然薯(じねんじょ)とコッコファームの赤玉子混ぜたタレに、味彩牛や牛蒡など菊池産の野菜をつけて食べて頂きます。

自然薯は昔からパワーのでる食材として有名で、暑い夏を元気に乗り切るには最適な逸品、これを皮がついたまま擂り卸すため、味と香りが強くどんどん食が進みます。またヘルシーで栄養価も高く、特に女性におすすめです。試食会をした際に年代を問わず女性に好評でした。

夏のお子様料理は、味の肥えたちびっ子モニターに、試食をしてもらい100点をもらった調理長執念の品です。うどんの氷鉢は調理担当者の手彫りでもちろんこの器で提供します。

グレードアップはお座敷串揚げと馬の炙り、どちらも大好評のためさらにバージョンアップしてお出しします。

朝食バイキングはもう限界、これ以上は無理ではないかというレベルまで到達したような感もありますが、さらにオリジナル料理が増えました。売ってほしい!と大人気の激辛一升漬の改良版「チョイ辛一升漬」と「金山寺味噌」既成品にない手作りの無添加の品、よって販売も致しません。
チョイ辛一升漬は辛さを控えただけではありません、韓国製特上の唐辛子ではなく、昨年自家農園で収穫した生の青唐辛子を冷凍していたものを使いました。 抜群に旨いです!

12日にはホームページ内にアップしますのでご覧くださいませ。ご予約はこちらからどうぞ
  1. 2008/05/07(水) 19:54:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハレーの皆さんが来られました。

ハレー


昨日は遠く関西からハレーダビッドソンのみなさんがお泊りに来られました。
お腹の底まで響き渡る「ドッ、ドッ、ドッ」という爆裂音が一斉に17台、すごいのなんのって!
爆裂音を聞きつけたバイク好きの調理場の佐藤君と外村君と吸い込まれるように眺めながら見送りしました。

よくバイクの方が宿泊に来られますがハレーだけがこんなに揃うのは初めてですね。
大事なバイクですから屋根付駐車場があるのが旅館を決める必須条件でしょう。
これから季節、菊池から大観望やかぶと岩展望所など、菊池阿蘇スカイライン(通称ミルクロード)やまなみハイウェイは、何にも無い一本道、360度のパノラマを眺める最高のドライブシーズン到来ですね。
  1. 2008/05/05(月) 10:07:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賢い菊池の遊び方-ファミリー編

ひいこ、コッコfファーム


ガソリンも値上がりし、何でも値上げ、出費もかさむなか、ご家族連れの休日の過ごし方も一考の余地がありますね。そこで、菊池方面へお越し際にお安くできる観光ルートをご案内しましょう。

スタイルは、菊池渓谷に行きますのでスニーカー、バッグ、両手が自由になる小さなリュックやメッセンジャバッグがおすすめです、それにお土産用にクーラーボックスに保冷材。

まずは、当館より10分のコッコファームさんです。ここは以前にも紹介しましたので詳しくはそちらをご覧下さいね。
ここの特徴その① 入場無料で広い園内はとっても開放的、シンボルタワーの横の芝生広場で草スキーは楽しいですよ、滑るダンボールは無料貸し出し。
その② たまご拾い、産みたての玉子を拾ってお土産に、1個50円、明日の朝食用に。
その③ 可愛いヒヨコが観察できます、チョコチョコと走り回る姿はとっても愛らしいです。
その④ ふれあい館には、鶏に関する加工品がいっぱい、それに近くの農家の方々の新鮮野菜も、おすすめはタマゴアイス、汗をかいたらコレを食べてちょっと休憩、ここからが大事です。

お昼のランチは、テイクアウトして菊池渓谷で食べたらすごく経済的、自然のなかで食べますからちょっとしたものでも満足感たっぷり何でも美味しい。
こちらで、お弁当や美味しい玉子焼き、鶏の炭火焼、旨い!まあお好みに応じてランチをゲット。以前紹介した、毎朝4時からパンを焼き添加物無し、とっても美味しくて、普通のパン屋さんより2~3割は安い「じろう坊」のパンも超おすすめ!午後から売り切れ続出

準備完了したら菊池渓谷を目指そう、菊池市内で混雑してたら竜門ダム方面へ、こちらは、「菊池の美味しいシリーズ3」の水の道をご覧下さい。菊池渓谷では清掃料として100円徴収されます、これだけはご協力よろしくです、お金を払ったら橋を渡り左岸を進み森林浴や渓流を眺めながら20分~30分で広河原へ到着、ここでお弁当です、冷たい水に足をつけてたら気持ちいいですよ。トイレもありますのでゆっくり休憩して帰りは川を渡り遊歩道を下ります。 菊池渓谷は連休になると渋滞が、そんなのいやな人は静かなゆっくりっできる竜門ダムがおすすめ、飲食する施設はありませんが、5月3日から無料のレンタサイクルがあるとの情報!!

お帰りの際のお土産は、コッコファームの朝取りタマゴと、菊池市旭志の道の駅で味彩牛や熊本りんどうポークのお肉をどうぞ。新鮮で安い。生活必需品の土産というか、休日を利用して家族旅行と「買出し」という考えた方ですね、安く買えた分、家計簿にも二重丸では。こちらへ来られたら必ず、クーラーボックスに保冷材は必需品ですよ、保冷材は格安のペットボトルを凍らせていけば、融けたら飲めて便利ですね。これが菊池の観光です。
  1. 2008/05/03(土) 09:54:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

囲炉裏鍋登場!

朝食バイキングに新メニュ登場!
名づけて「菊池囲炉裏鍋」です、一番新鮮で旬な野菜と合鴨の鍋、旨みがたっぷり溶け込みんだスープは朝にもバッチリ、評判もいいですよ。

菊池いろり鍋


こちらのコーナーの場所は、板前さんが会場内で出し巻き玉子とプレーンオムレツを焼いている隣の囲炉裏のところです。グツグツと炭火の上で旨そうに煮えて食欲をそそります。
朝食バイキングは7時からオープンしていますが、終了の9時には売り切れる場合もあり、その際には申し訳ありませんがご了承くださいませ。

美味しい朝食をたっぷり食べて元気に一日をスタートしてくださいね。
それから最新情報です!、竜門ダムのロンロン館が閉鎖していましたが、明日から開店するようです。貸自転車があり、ダム湖畔のサイクリングコースを走れるそうですよ。しばらくは無料らしいです。
何でも値上がりして、ここみたいにお金もかからないところは大歓迎ですね。
1周7.8km、ロードバイクで走りましたが景色もよく楽しいコースですよ。
  1. 2008/05/02(金) 11:16:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柿渋うちわ、レトロで今にぴったり!

うちわ店内


暑くなってきましたね、これからのシーズン風流な「うちわ」はいかがですか、それも田舎のおばあちゃんが使っていたような柿渋のうちわ・・・
うちわの生産地として全国に3箇所あり、京都と四国の丸亀、それと熊本の山鹿市にある来民(くたみ)、なかでも柿渋うちわの生産はいまや全国でも来民だけだとか。
そこでご紹介するのが、栗川うちわ工房さんです、この地区でも柿渋されるのはここだけの希少なお店、熊本県伝統工芸認証品され職人さんが一本一本しっかりと手作りされています
工房見学も可能で、店内にはレトロな明治・大正時代のうちわも展示、職人さんの息を呑むような細やかな手さばきは必見です!

また、300円から販売されており、お土産やこれからの季節のグッズとしてもとってもおしゃれですよ。日本伝統の柿渋うちわは、丈夫で長持ち、プラステック製とは全くの別物です。

場所は菊水インターから20分、当館からも20分の325号の裏にある来民地区の商店街通りです、詳しくは検索エンジンで 栗川商店 検索してね。 電話 0968-46-2051
  1. 2008/05/01(木) 19:33:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: