FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

Trip Tips in ASO Big Sky

2020釜山の旅

bb20200216IMG_4910.jpg
韓国に旅行に行く不安もそろそろいいんじゃないかと4年振りに釜山に行ってきた。
いつもはごった返す福岡港のビートルの乗客は以前の1割の20人くらいで、新型コロナウィルスの影響もだろうが、韓国の一部政治家や韓国メディアの報道によって釜山旅行を控える人の多さを感じた。特にこのメッセージの影響を一番受けたのか、以前よく見かけていた中年の女性グループと若いカップルは消えていた。実際に韓国に行くというだけで、「大丈夫か」と、心配する人さえいる今の状況だから仕方ないかも知れないが、私の滞在中の感想はみなさんが想像されるような「嫌な事」は一度もなかった。不快に思うことも全くなく、会った人はみんな優しく、いつも通りの散策と食べ歩きを楽しむことができた。

新型コロナウィルスについては、中国に次ぐ日本の患者数の多さは検疫の甘さにあると先月末行った台湾の親しい人は言っていた。そして「君だけに言うけど日本にはしばらく行きたくないという人が多いのではないかと思う」と、優しく言っていた。その言葉の裏には日本人が中国人旅行者と会いたくない人がいるように、視点を変えると諸外国からは日本人も同じように見られているのではないだろうか、それが現実であることを考えなければならないと思う。

日本に帰るとホッとするのが税関の人の優しい印象が伝わる対応だと思う。確かに韓国に限らず外国の税関はそこまで無愛想な態度を取らなくてもと感じるが、前職に中国人の若い女性スタッフがいてその話をしたら、福岡の税関の人はそうじゃなかった寂しく言ったのを思い出す。自国の人と外国の人との対応に差があるのか、それは判らないが、何事も両方の意見を聞いて判断することも習慣付けないと今の時代、愚かなミスとなりかねないのかも知れない。

釜山港国際旅客ターミルナルに着くと下関や大阪からのフェリーが停泊し賑やかな印象だった。下船し税関までのアクセスが実に綺麗に整備されており、帰りの福岡港の施設が古くてちっぽけに感じた。入国検査の最初は赤外線カメラによる体温測定だった。そこで呼び止められ両耳に柔らかいスポンジに包まれた体温計みたいなものを入れられもう一度測定されたが無事通過することができた。入国審査も終えドアが空いた瞬間、広いターミナルには数人しか人がいなくて、びっくりというか何事かという印象だった。

ウォンへの両替レートは1.020W、10,000円で102,000ウォンとなりお得感は過去のもの、以前の円の恩恵は少なくなるばかりに感じた。タクシー乗り場に行くと待機しているのはたった3台でワゴン車もバスも見当たらずまさに閑古鳥状態だった。お陰でここまで混みあうことも急いで歩くこともなく快適過ぎる釜山への第一歩となった。8時30分に出港し両替を終えてクシーに乗ったのが11時40分だった。




bb20200216IMG_4928.jpg
タクシーでホテルに荷物を置き最初に食事するところと決めているチャガルチのコムジャンオ専門店に歩いて行った。




bb20200216IMG_4916.jpg
コムジャンオとはヌタウナギのことで、見かけは気色悪いが味は特別、栄養も豊富で決して安くはないけれど地元の人も大好物だ。まずは淡白な炭火焼きを注文、30,000ウォン。




bb20200216kokoiiij14.jpg
続いて注文するのはアルミホイルの上でヤンニョムというタレにつけて焼くコムジャンオ料理の定番。最後は韓国海苔とご飯を混ぜて締める。タコ刺しを食べたかったのでもう一軒立ち寄りいい気分でホテルに帰った。





bb20200216IMG_4954.jpg
バブルの時はロッテホテル、以降はチャガルチに近いホテル、常宿そしてとしていたのが釜山観光ホテルだった。ただここは古くて改装されたが街中に次々に新しいホテルが建ち今回はGnB HOTELを選んだ。静かで快適だったがチャガルチを散策していて見つけたのがこのスタンフォードイン釜山、場所も良く次回はここにしよと思った。
友子さんがアカスリしようとホテルの女性スタッフに、「あなた自身がよく行く店を」と、教えてもらった。歩いて行けるところは多くて断れたが、次におすすめのタクシーで10分のところが大正解で日本語は通じないものの安くて最高に気持ち良かった。地元の人にまぎれてロシア人がけっこういてどの人も体がシャープなので兵隊かと思った。




bb20200216IMG_4944.jpg
夕食はホテルの近くでカキとエビのチヂミが専門のいい雰囲気の店を見つけた。サウナで汗をかいたのでビールと粉系がベストマツチして実に旨かった。




bbIMG_4949.jpg
翌日は地下鉄に乗って釜田駅に行き新しく開通した電車で機帳へ、30分で着き2600ウォンと安くて便利だった。
今回はいつものオンドル式のカニ専門店ではなく、水槽のカニを選んで2階の食堂で食べる地元の人御用達のスタイルに挑戦。当然言葉は通じないが20数回目だから無問題である。




bb20200216IMG_4953.jpg
水槽のカニ(今ならタラバよりズワイ)を2杯で2.5kgと赤カニを選び値段交渉。成立したら蒸して店員がパーツごとにバラし大皿で運ばれてくる。爪や足はそのまんま、甲羅の味噌は半分啜って残りはご飯いれて焼きめしにしてもらう。腹側はカニ酢の入った皿にカニフォークでひたすら身を落とし、ある程度たまったら口をあんぐりと空けて一息に頬張る開高健方式。合わせた酒は百歳酒、完璧だった。たらふく飲んで食べて140,000ウォン、私たちの想定では安い。

市場でクワッメギやホヤとカキのキムチを買って電車で帰る。
釜田駅から地下鉄で帰ってチャガルチで下車の際に友子さんのハナロカード(こちらの交通カード)が追加チャージしても使えなくて、切符を買って一旦出て駅員に交渉しても追加チャージして消えた1000ウォンは戻らなかった。たった100円程度の問題だが最初に話を聞いてくれた若い駅員は日本語が話せて何とかしてあげようという態度だった。でもその後に出てきたおじさん駅員が若い駅員の代わりに対応したものだから言葉が通じず諦めた。




bb20200216IMG_4955.jpg
ホテルで休憩後、富平市場を散策中にエビの大きな水槽がある数軒の店を見つけた。カニとイカの水槽もあるがエビ専用の水槽は初めてなので夕食はここにした。メニュを見たらエビは2種類あって、あの独島エビと表記されたのはとても高価で、半値のエビを、塩焼き・天ぷら・蒸し焼きのなかから蒸しで注文、これが実に旨くて30,000ウォンと安く今回の新たな発見だった。




bb20200216IMG_4957.jpg
エビ屋を出て散策していると小さな店に赤貝の看板があり、まだ腹には余裕があったので2軒目はここにした。
中に入ると上品なお母さんが一人の店で中はキチンと整理整頓されこのような店にはずれない。大皿に盛られてきたのは赤貝を蒸して身を外し、味付けして殻に入れたもので韓国らしくとても美味しかった。これを肴に延々話続けるOLの二人や若いカップル、それに静かな老夫婦など店内もいい感じでディープな店をまた一軒探すことができた夜だった。





bb20200216IMG_4963.jpg
翌朝は毎回通う安定の朝食をドルゴレで。
味噌チゲとスンドゥブチゲ、それにナクチポックン(タコ炒め)、それとここのキムチは絶品で、持ち帰り用もあり1㎏15000ウォンでいつも買うようにしているが、今回は材料を買って家でキムチを漬けようとチャガルチの農協へ行き唐辛子やらタレやら買うことにした。いつもの定番と新たなものへの追求、このバランスが飽きずに毎回面白いのだ。




bb20200216IMG_4965.jpg
帰りのビートルもこの少なさ、免税店の向かいのテナントは2軒とも撤退されていた。大きな食堂は港のスタッフや近くのビル工事の人、それに数名の一般客がまばらにいるだけ。そのようななか今年7月には同じ航路に新型高速船「クィーンビートル」が就航する。座席は2クラス502席で免税店のほかキッズルームに授乳室、サンデッキに自転車スペースも設けられる豪華船。しかし、このままの状況が続けば就航はおろか航路自体危機にもなるかも知れない。昔ながらの釜山だったがこれほどまでとは思わなかった。




FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2020/02/16(日) 18:41:06|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長崎の離島、青島へ

20171220miyaIMG_4834.jpg
親戚というより、ほとんど実家のように毎年通う長崎の小さな島、青島の民宿へ行ってきた。
両親を連れて行くのが当初の目的だったが、寒くて家を出たくないということで、一転してカルキさんと二人で封印していた釣り熱を押さえつつ前回のような鯛の大物か青物を狙いに行ってきた。

それと大切なミッションがあって、実は来年の夏に孫が出来ることになった。そこで青島に安産祈願の伊勢神宮の分宮である姫神社南市御前宮から御札を授かってくることにある。また、偶然にも数日前、全国放送で一枚の大きな観音像が映った写真から、どこにあるものなのかSNSに呼びかけて探し出すことが出来たという番組があっていた。それが青島の昭和9年に建立された「青島子安観音」という子供の成長と安全を願う観音像だった。しかし、高さ16mの大きな観音像は昭和60年の台風で倒壊し、現在は島民のみなさんなどの寄付により小さくはなったが島を見渡す同じところに建立されている。






220171220miyaaosima.jpg
これが昭和9年に建立された子供の成長と船の安全を守る青島子安観音。
テレビの番組には民宿の女将さんや娘さん、フェリーの切符売りのおばちゃん、それに貢のお母さんなど知り合いがインタビューに出ていた。不思議だったのは撮影された場所、観音像から急斜面になっているので、このアングルだったら10m以上の櫓を組んで撮るしかないように思う。





20171221miyaIMG_0523.jpg
現在の青島子安観音、このような港の高台の山の斜面に建つ。







20171220miyaIMG_0532.jpg
そう言えば娘が高校受験の時には島の北側にある七郎神社で合格祈願した。今回は西側にある青島子安観音に安産祈願をし、南側にあるここ南市御前宮(南市神社)で安産の札を授かった。






20171220miyaIMG_0530.jpg
南市御前宮は無人で山のひっそりしたところにあり、島の女性が維持管理をされている。年に何度かここに集まって、作業が終わると海岸から採ってきた小さなニナ貝を食べる風習があると民宿の女将さんに聞いた。お宮の横の空いたところに案内してもらうと貝塚のようになっており、言い伝えでは元寇襲来の際、ここに隠れて簡単に取れるとニナ貝を食べて飢えを凌いでいたという。







20171220miyaIMG_4840.jpg
社殿には奉納された人形があり、それを持ち帰って安産祈願をし、無事生まれたあとに新しく人形を納める慣習と習い女将さんから人形を選んでもらった。






20171220miyaIMG_4825.jpg
さて、釣りのこと。
寒くて水温が下がり食い渋る中、カルキさんは筏竿に3号の通しで鯛やチヌを掛けていた。わたしは青物狙いの太仕掛けで粘ったが、当たりは数度あったものの一瞬で糸を切られ型の良いアジ一匹に終わった。

青島での舟釣りは、島の生活体験のために民泊する修学旅行生のためのアクテビティのひとつで、養魚場がある島に近い穏やかな湾で体験することができる。なので餌も撒き餌も要らず気軽に日帰りで釣りという遊びができる、という訳ではなく、あくまでも青島での宿泊を兼ねた漁業学習の一環であることが前提である。

この日は島民あげて湾の養魚池のブリを年末に向けての出荷と、島の収入源のために禁漁区となっている漁場で素潜り漁の人たちがアワビやサザエを採りに続々と船が出ていた。そのような慌ただしい中にも関わらず、多くの島のの皆さんとお会いすることができ夜の会食も大いに楽しむことができた。

それに民宿の女将さん(通称母ちゃん)から、帯祝いの時にアワビを食べさせると目が綺麗な子どもが生まれると教えてもらった。隣でお茶を飲んでいた70歳をとうに過ぎながら、昨年まで現役の素潜り漁をしていたおばちゃんも口を揃えてそう断言していた。ということで御礼参りに春には来なくてはならないわけで、春と言えば鯛の乗っ込みの時期と重なり釣りも大いに愉しめそうである。

追記:文藝春秋11月号を読み返していたら、日本現存最古の医学書「医心方」(国宝・東京国立博物館所蔵)について書かれていた記事があり、そのなかで 『海女による鮑の素潜り漁が行われている伊勢志摩地方では、「妊婦さんが鮑を食べると目の綺麗な子どもが生まれる」といい、妊婦に鮑を食べさせているそうです。』と青島で言われたことと同じことが書かれていた。他にも近視や白内障などの効能も紹介され、鮑の目に対する効能が呪いではなく語り継がれているまさに医食同源であるようだ。






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---




  1. 2017/12/22(金) 10:44:30|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年夏の思い出

201697saIMG_1505.jpg
8月の盆過ぎに父の94歳のお祝いと

我が家を卒業する娘の祝いを兼ねて

家族旅行に行ってきた

場所は毎年訪れる伊万里湾に浮かぶ小さな島

青島

宿は島に一軒だけの食堂を兼ねる「民宿川上」

すでに13年も毎年欠かさず通い自分でさえ驚く

理由は

女将さんたちとは親戚のようなお付き合いとなって

島の人達も昔からの友人のように迎えてくれること

それと食べ物

ほとんどの食材が島で捕れた魚介類や海藻と

その加工品や島で僅かながら収穫された農産物

誰が獲ったのか、誰が作ったのかまで教えてくれ

当然ながら抜群に美味しいこと

島に滞在中は釣りや散歩や島の人とのおしゃべりや

何もしないで港でボーッとしたり昼寝したり

抜け殻のようになれる過ごし方が

とっても気に入っていること

それと、いつも笑えることかな。








2016907saIMG_1509.jpg
娘の祝いに出してくれた大きな伊勢海老は刺し身と

もう一匹は翌朝の味噌汁になった







2016907saIMG_1510.jpg
半端無く大きなシッタカ貝






2016907saIMG_1511.jpg
失礼ながら島の海人さんは高齢者ばかり

でもウェットスーツを着ると40歳は若く見える






2016907saIMG_1512.jpg
夕食には

マサカツさんと

女将さんの弟のマサルさんが来てくれた

どれを食べても驚くほど美味しかったが

それ以上にマサルさんもマサカツさんも

父の元気さに感動されていた









2016907phIMG_1524.jpg
大正12年生まれの父

昭和18年2月に入隊し

8月に動員令で山砲二等兵として南方へ

昭和21年5月に復員し

我が家が始まることになった

すべては父から。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2016/09/07(水) 17:02:35|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カニ食べに愉しい釜山へ

20151223tpDSC04106.jpg
2泊3日で釜山に行ってきた。
例年12月の中旬過ぎに家内と釜山に行くのはすでに10年以上続く。目的は釜山からバスや列車で1時間ほどのところにある機張(キジャン)市場の専門店でカニを食べること。以前に比べたらカニの値上がりと円安の影響で価格は倍くらいになったが、それでも甲羅の径が15cmはあろうかというタラバカニや、それよりやや小ぶりであるが大きなズワイカニ、それに赤色のカニの計三匹で165000W、日本円で約16000円だった。

まずは呼び込みの店員と生簀のカニを選んで価格交渉し値段が決まったらカニは生きたまま蒸し器へ、わたしたちは店内に案内され、テーブルいっぱいに並べられる小皿のつまみを肴にビールを飲みながらカニが蒸しあがるまで待つ。やがて湯気を立てたカニが運ばれ、真ん中にあるカニ解体用のテーブルで店員が食べやすいように取り分けて我々のテーブルに厳かに運ばれてくる。

賽は振られた。試合開始。
まずはソジュ、韓国焼酎で口を洗ってタラバの足から始める。ウィンナソーセージのような身を口に押し込むと、蒸しただけに旨味が凝縮したフルパワーのタラバに覆われる。ミソや蒸した汁が入った甲羅はご飯と混ぜて炒めてくれるが、今回はそのまま出してもらい時々スプーンですくい凝縮したカニミソを堪能した。ズワイの爪は割った殻を外すと餃子くらいの真っ白な身が現れ迷いもなく一気に口に頬張る。試合開始早々ではあるが、カニの中で肉の部位で何が一番美味しいかというと、海底で育まれた上品な甘さ、自然が持つ力を感じた「ズワイの爪」と、家内と意見が一致した。

カニを選んだ時、店員は「そんなに食べれないだろう」と言っていたが、わたしが韓国でカニを食べるということは、ただ蒸しただけの大振りなタラバとズワイカニを、タレなど何もつけずにそのままで食べ、満腹になることだ。帰りの際の支払いは、結構飲んなので家内と二人で195000Wだった。それが高いか・・・






20151223tpDSC04099.jpg
この後、バスで帰りチャガルチの屋台で刺し身を食べ酔った勢いでホテルのサウナに行った。わたしはアカスリとマッサージ、家内はプラス何やらのエステの合計はカニ専門店の合計を上回った。わたしのアカスリがなかなか来なかったので、サウナなだけ利用しアカスリとマッサージをキャンセルしたら84000W、カニ代一人分戻ってきた。







20151223tpIMG_2688.jpg
カニ屋のおばちゃんも兄ちゃんも、コムジャンオー屋のおばちゃんも、刺し身屋の夫婦も、朝食でいつも行くテジャンチゲ屋のおっちゃんも、両替のおばちゃんもいつものように笑顔で迎えてくれた。いつもと違ったのは、ターミナルや常宿のホテルで日本人観光客が明らかに少なかったこと。新しくなった釜山ターミナルにタクシーが待機していなかったこと。いつもパンフレットに紹介されていた機張のことが一切消えていたこと。寒くなかったこと。郊外でロードバイクに乗る人を数人見かけたこと。若い人で太り気味の人をよく見たこと。カフェが増えていたこと。本屋で日本のアニメコーナーが格段に広くなっていたこと。

この街の動向は時代の流れだが、通う店はいつも同じで新しい店を探そうなんて思わない。居心地のいい店で自分の味覚を満足させてくれたらそれでいい。「よく来たね!元気そうだね、お父さんも元気かい」そんな言葉を掛けてくれるか、そんな雰囲気の店で十分なのがわたしの釜山、多様な情報に迷わされることなく、自分のアンテナを信じて良かった。愉しかったなあ。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/12/23(水) 17:29:22|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ社員旅行 其の三

2015710bbbDSC03365.jpg
気温34度だが沖縄の太陽は大きくてパワーがある。

それにものすごく近いところから照らしてかのよう

日陰じゃないととてもじゃないのに

灼熱の島を縦断する国道58号を走るサイクリストは、10キロ置きに、見かける。






2015710bbbDSC03355.jpg
沖縄でも人気の観光地、万座毛

日本人はわたしたち9人であとは個人旅行の外国人

たぶん、中国、香港、台湾の方たちで、貸切バスではなく、わたしたちと同じようにレンタカーで来られている。

空港も、レンタカー会社も、ホテルも、国際通りも、美ら海水族館も

ここと同じような光景を目にした。








2015710bbbDSC03357.jpg
恩納村から名護へ続く海辺に並ぶ高級リゾートホテルは圧巻だ。

これは古株のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートだが

日本のリゾートホテルベスト10に選ばれる、プセナ、オリエンタルヒルズ、アッタテラス、テラスクラブなど

豪華リゾートホテル群をドライブがてら眺めるのもいいものだ。

眺めるだけじゃなく、どこに泊まろうかと考えるのもいい。






2015710bbbDSC03362.jpg
ランチは国道沿いにある「なかむらそば」

そば屋には関係ないけど、ハワイと同じで沖縄に来たらGパンにスニーカーはおかしい

見てるだけで暑いし、うっとうしい

クーラーがきついところもあるのでこんな格好が理想

本土では夏以外揃えていないなら、いっそ沖縄に着いたら空港から15分のところに「アウトレットモールあしびな」があるので

直行してこちらで揃えるのもいい。






2015710bbbDSC03369.jpg
なかむらそばの前は紺碧の東シナ海が広がる。






2015710bbbDSC03370.jpg

ここにももレンタカーで乗り付けた外国人の長い行列ができていた。

外の席が空いていたので係りの人に言うとすんなりOK

混み合う店内より、9名でワイワイと、いっそ熱いそばとクーラー無しの屋外こそ沖縄らしいのでは

待つことなくそのまま券売機で食券を買う

だが、限定5食の豚足が鎮座するてびちそばは当然ながら売り切れ、スペアリブのソーキそばも売り切れ

アーサーそばは昨年食べたので、定番のなかむらそばを注文、そばができるまでオリオンの瓶ビールで乾杯した。







2015710bbbDSC03372.jpg
なかむらそば

しっかりとコシがある自家製麺でスープはあっさり鰹ダシと甘塩っさがこの暑さに似合う

細かく切られた柔らかい三枚肉はやや甘く煮込んでありそば全体の美味しさにからむ。

途中からしまとうがらしを垂らすと味の変化が出て一味違う愉しみ方もいい。

汗びっしょりになって食べる「すば」こそ沖縄の歴史を感じる逸品だ。





2015710bbbDSC03382.jpg
美ら海水族館までは海沿いの道を走った。

ちょっと遠く感じたが徐々に建物がなくなり田舎の景色になってきた

USJが美ら海水族館ををはじめ、財団法人が管理している公園内の施設の運営も受託し

新テーマパークを国営海洋博公園に建設して一体で効率的な集客につなげるそうだが

来る途中に二つあった高校の就職先としてや、周辺一帯の住民の雇用を生むことにも明るい企業進出となるだろう。






2015710bbbDSC03378.jpg
三匹の大きなジンベイサメには感動した。

ここまで交通の便はけっして良くはないが帳消しに成り得る感動だ。

そして、多くの客はほとんどが外国人、中国、香港、台湾・・・

彼らは売店でショッピングカゴ満載にして行列

このエキサイティングの勢いの人達がいなかったらどうなるのだろう。






2015710bbbDSC03384.jpg
古宇利島大橋

周辺の海のきれいさは本島でトップクラス、ここは自転車で走りたいものだ。

橋を渡ると両側に白砂の海水浴場がありここにも外国人






2015710bbbIMG_1642.jpg
橋を沖縄のパイナップルはさすがに美味しい。

古宇利島の物産館には熱帯のフルーツを食べやすく切って100円~150円のパックで売っていた。

いくつか食べたが、ねっとりと、むっちりと

これは甘く、これは爽やかで、これはカボチャとマンゴーの掛け合わせかと不思議な味もあった。

パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、島バナナ、フルーツパパイヤ、スターフルーツ、アップルマンゴー・・・

土産に1000円のマンゴーを数日間の部屋の芳香用として買った。







512015710bbbr.jpg
インパクトある社員旅行だった。

午前中は自由行動、夜も夕食後はフリー

二台のレンタカーは若いスタッフと乗り分け、行き先はナビにセットするから無理に一緒に着かなくてもいい。

ある程度フリータイムをもうけることによって好きなことができたのは良かった。

最後の日は11時半にホテルを発ち「アウトレットモールあしびな」にショッピングに行った。

わたしは迷わずアディダスのショップに行ってランニング用のTシャツを買った。

ほかにもいろいろ見渡したがとりあえずこれだけにしてレジに並んだ。

そしてここにも外国人・・・いやはや沖縄は凄いことになっていた。

ユニクロは中国の店舗数は現在362店と1年前から72店増やした。

良品計画の急成長の牽引役は中国事業で128店と前年から積極出店を進め27店舗増加した。

「もしも」というリスクはあるが安全な挑戦はない。

わたしたちは日本国内で想定内の仕事をしているが、この勢いを逃す手はないとしみじみと感じた。

そのような収穫大きい研修旅行だった。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず


  1. 2015/07/11(土) 18:31:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
菊池温泉と2012年から阿蘇内牧温泉で旅館業の傍ら、2007年からロードバイクとブログを同時に始めて多くの自転車乗りの方と接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツの魅力を発信しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: