コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

2016年夏の思い出

201697saIMG_1505.jpg
8月の盆過ぎに父の94歳のお祝いと

我が家を卒業する娘の祝いを兼ねて

家族旅行に行ってきた

場所は毎年訪れる伊万里湾に浮かぶ小さな島

青島

宿は島に一軒だけの食堂を兼ねる「民宿川上」

すでに13年も毎年欠かさず通い自分でさえ驚く

理由は

女将さんたちとは親戚のようなお付き合いとなって

島の人達も昔からの友人のように迎えてくれること

それと食べ物

ほとんどの食材が島で捕れた魚介類や海藻と

その加工品や島で僅かながら収穫された農産物

誰が獲ったのか、誰が作ったのかまで教えてくれ

当然ながら抜群に美味しいこと

島に滞在中は釣りや散歩や島の人とのおしゃべりや

何もしないで港でボーッとしたり昼寝したり

抜け殻のようになれる過ごし方が

とっても気に入っていること

それと、いつも笑えることかな。








2016907saIMG_1509.jpg
娘の祝いに出してくれた大きな伊勢海老は刺し身と

もう一匹は翌朝の味噌汁になった







2016907saIMG_1510.jpg
半端無く大きなシッタカ貝






2016907saIMG_1511.jpg
失礼ながら島の海人さんは高齢者ばかり

でもウェットスーツを着ると40歳は若く見える






2016907saIMG_1512.jpg
夕食には

マサカツさんと

女将さんの弟のマサルさんが来てくれた

どれを食べても驚くほど美味しかったが

それ以上にマサルさんもマサカツさんも

父の元気さに感動されていた









2016907phIMG_1524.jpg
大正12年生まれの父

昭和18年2月に入隊し

8月に動員令で山砲二等兵として南方へ

昭和21年5月に復員し

我が家が始まることになった

すべては父から。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2016/09/07(水) 17:02:35|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カニ食べに愉しい釜山へ

20151223tpDSC04106.jpg
2泊3日で釜山に行ってきた。
例年12月の中旬過ぎに家内と釜山に行くのはすでに10年以上続く。目的は釜山からバスや列車で1時間ほどのところにある機張(キジャン)市場の専門店でカニを食べること。以前に比べたらカニの値上がりと円安の影響で価格は倍くらいになったが、それでも甲羅の径が15cmはあろうかというタラバカニや、それよりやや小ぶりであるが大きなズワイカニ、それに赤色のカニの計三匹で165000W、日本円で約16000円だった。

まずは呼び込みの店員と生簀のカニを選んで価格交渉し値段が決まったらカニは生きたまま蒸し器へ、わたしたちは店内に案内され、テーブルいっぱいに並べられる小皿のつまみを肴にビールを飲みながらカニが蒸しあがるまで待つ。やがて湯気を立てたカニが運ばれ、真ん中にあるカニ解体用のテーブルで店員が食べやすいように取り分けて我々のテーブルに厳かに運ばれてくる。

賽は振られた。試合開始。
まずはソジュ、韓国焼酎で口を洗ってタラバの足から始める。ウィンナソーセージのような身を口に押し込むと、蒸しただけに旨味が凝縮したフルパワーのタラバに覆われる。ミソや蒸した汁が入った甲羅はご飯と混ぜて炒めてくれるが、今回はそのまま出してもらい時々スプーンですくい凝縮したカニミソを堪能した。ズワイの爪は割った殻を外すと餃子くらいの真っ白な身が現れ迷いもなく一気に口に頬張る。試合開始早々ではあるが、カニの中で肉の部位で何が一番美味しいかというと、海底で育まれた上品な甘さ、自然が持つ力を感じた「ズワイの爪」と、家内と意見が一致した。

カニを選んだ時、店員は「そんなに食べれないだろう」と言っていたが、わたしが韓国でカニを食べるということは、ただ蒸しただけの大振りなタラバとズワイカニを、タレなど何もつけずにそのままで食べ、満腹になることだ。帰りの際の支払いは、結構飲んなので家内と二人で195000Wだった。それが高いか・・・






20151223tpDSC04099.jpg
この後、バスで帰りチャガルチの屋台で刺し身を食べ酔った勢いでホテルのサウナに行った。わたしはアカスリとマッサージ、家内はプラス何やらのエステの合計はカニ専門店の合計を上回った。わたしのアカスリがなかなか来なかったので、サウナなだけ利用しアカスリとマッサージをキャンセルしたら84000W、カニ代一人分戻ってきた。







20151223tpIMG_2688.jpg
カニ屋のおばちゃんも兄ちゃんも、コムジャンオー屋のおばちゃんも、刺し身屋の夫婦も、朝食でいつも行くテジャンチゲ屋のおっちゃんも、両替のおばちゃんもいつものように笑顔で迎えてくれた。いつもと違ったのは、ターミナルや常宿のホテルで日本人観光客が明らかに少なかったこと。新しくなった釜山ターミナルにタクシーが待機していなかったこと。いつもパンフレットに紹介されていた機張のことが一切消えていたこと。寒くなかったこと。郊外でロードバイクに乗る人を数人見かけたこと。若い人で太り気味の人をよく見たこと。カフェが増えていたこと。本屋で日本のアニメコーナーが格段に広くなっていたこと。

この街の動向は時代の流れだが、通う店はいつも同じで新しい店を探そうなんて思わない。居心地のいい店で自分の味覚を満足させてくれたらそれでいい。「よく来たね!元気そうだね、お父さんも元気かい」そんな言葉を掛けてくれるか、そんな雰囲気の店で十分なのがわたしの釜山、多様な情報に迷わされることなく、自分のアンテナを信じて良かった。愉しかったなあ。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2015/12/23(水) 17:29:22|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ社員旅行 其の三

2015710bbbDSC03365.jpg
気温34度だが沖縄の太陽は大きくてパワーがある。

それにものすごく近いところから照らしてかのよう

日陰じゃないととてもじゃないのに

灼熱の島を縦断する国道58号を走るサイクリストは、10キロ置きに、見かける。






2015710bbbDSC03355.jpg
沖縄でも人気の観光地、万座毛

日本人はわたしたち9人であとは個人旅行の外国人

たぶん、中国、香港、台湾の方たちで、貸切バスではなく、わたしたちと同じようにレンタカーで来られている。

空港も、レンタカー会社も、ホテルも、国際通りも、美ら海水族館も

ここと同じような光景を目にした。








2015710bbbDSC03357.jpg
恩納村から名護へ続く海辺に並ぶ高級リゾートホテルは圧巻だ。

これは古株のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートだが

日本のリゾートホテルベスト10に選ばれる、プセナ、オリエンタルヒルズ、アッタテラス、テラスクラブなど

豪華リゾートホテル群をドライブがてら眺めるのもいいものだ。

眺めるだけじゃなく、どこに泊まろうかと考えるのもいい。






2015710bbbDSC03362.jpg
ランチは国道沿いにある「なかむらそば」

そば屋には関係ないけど、ハワイと同じで沖縄に来たらGパンにスニーカーはおかしい

見てるだけで暑いし、うっとうしい

クーラーがきついところもあるのでこんな格好が理想

本土では夏以外揃えていないなら、いっそ沖縄に着いたら空港から15分のところに「アウトレットモールあしびな」があるので

直行してこちらで揃えるのもいい。






2015710bbbDSC03369.jpg
なかむらそばの前は紺碧の東シナ海が広がる。






2015710bbbDSC03370.jpg

ここにももレンタカーで乗り付けた外国人の長い行列ができていた。

外の席が空いていたので係りの人に言うとすんなりOK

混み合う店内より、9名でワイワイと、いっそ熱いそばとクーラー無しの屋外こそ沖縄らしいのでは

待つことなくそのまま券売機で食券を買う

だが、限定5食の豚足が鎮座するてびちそばは当然ながら売り切れ、スペアリブのソーキそばも売り切れ

アーサーそばは昨年食べたので、定番のなかむらそばを注文、そばができるまでオリオンの瓶ビールで乾杯した。







2015710bbbDSC03372.jpg
なかむらそば

しっかりとコシがある自家製麺でスープはあっさり鰹ダシと甘塩っさがこの暑さに似合う

細かく切られた柔らかい三枚肉はやや甘く煮込んでありそば全体の美味しさにからむ。

途中からしまとうがらしを垂らすと味の変化が出て一味違う愉しみ方もいい。

汗びっしょりになって食べる「すば」こそ沖縄の歴史を感じる逸品だ。





2015710bbbDSC03382.jpg
美ら海水族館までは海沿いの道を走った。

ちょっと遠く感じたが徐々に建物がなくなり田舎の景色になってきた

USJが美ら海水族館ををはじめ、財団法人が管理している公園内の施設の運営も受託し

新テーマパークを国営海洋博公園に建設して一体で効率的な集客につなげるそうだが

来る途中に二つあった高校の就職先としてや、周辺一帯の住民の雇用を生むことにも明るい企業進出となるだろう。






2015710bbbDSC03378.jpg
三匹の大きなジンベイサメには感動した。

ここまで交通の便はけっして良くはないが帳消しに成り得る感動だ。

そして、多くの客はほとんどが外国人、中国、香港、台湾・・・

彼らは売店でショッピングカゴ満載にして行列

このエキサイティングの勢いの人達がいなかったらどうなるのだろう。






2015710bbbDSC03384.jpg
古宇利島大橋

周辺の海のきれいさは本島でトップクラス、ここは自転車で走りたいものだ。

橋を渡ると両側に白砂の海水浴場がありここにも外国人






2015710bbbIMG_1642.jpg
橋を沖縄のパイナップルはさすがに美味しい。

古宇利島の物産館には熱帯のフルーツを食べやすく切って100円~150円のパックで売っていた。

いくつか食べたが、ねっとりと、むっちりと

これは甘く、これは爽やかで、これはカボチャとマンゴーの掛け合わせかと不思議な味もあった。

パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、島バナナ、フルーツパパイヤ、スターフルーツ、アップルマンゴー・・・

土産に1000円のマンゴーを数日間の部屋の芳香用として買った。







512015710bbbr.jpg
インパクトある社員旅行だった。

午前中は自由行動、夜も夕食後はフリー

二台のレンタカーは若いスタッフと乗り分け、行き先はナビにセットするから無理に一緒に着かなくてもいい。

ある程度フリータイムをもうけることによって好きなことができたのは良かった。

最後の日は11時半にホテルを発ち「アウトレットモールあしびな」にショッピングに行った。

わたしは迷わずアディダスのショップに行ってランニング用のTシャツを買った。

ほかにもいろいろ見渡したがとりあえずこれだけにしてレジに並んだ。

そしてここにも外国人・・・いやはや沖縄は凄いことになっていた。

ユニクロは中国の店舗数は現在362店と1年前から72店増やした。

良品計画の急成長の牽引役は中国事業で128店と前年から積極出店を進め27店舗増加した。

「もしも」というリスクはあるが安全な挑戦はない。

わたしたちは日本国内で想定内の仕事をしているが、この勢いを逃す手はないとしみじみと感じた。

そのような収穫大きい研修旅行だった。








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず


  1. 2015/07/11(土) 18:31:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄へ社員旅行 其の二

2015710bbbDSC03322.jpg
ホテルは宜野湾にあるラグナガーデンホテル

那覇市内に近く北谷の美浜アメリカンビレッジにも10分ちょっと

万座毛がある恩納村にも程近い今回の旅にはベストな位置にある。






2015710bbbIMG_1541.jpg
プールがあってビーチもすぐ

何よりサウナ付きの大浴場があるのがいい。

それと洋食レストランの朝食バイキングの評判がいいと聞いていたが確かにどの料理もはずれはない。

特に野菜料理が豊富で大満足だった。

スタッフの接客も素晴らしくハードとソフトの両面で高ポイントのホテルと感じた。






2014710bbbIMG_1520.jpg
沖縄がはじめてのメンバーもいて一応、国際通りは軽く抑えた。






2015710bbbIMG_1547.jpg
今回一番のメインとなるのは嘉手納基地内のレストランでステーキを食べること。

と、簡単そうだが基地内はアメリカ、それも世界でも有数の米軍基地だから早々に民間人が入れるものではない。

基地に住んでいる人、もしくは勤務する人のエスコートが必要でその人数も一人に対して4人までとなっている。

レストランの支払いは現金の場合はドル、もしくはカード払いだが、チップはドルになるので相当分を準備。






2015710bbbpapa.jpg
いつも沖縄ではお世話になる安田さんと昨年ツールのあとにサイクリングにお付き合いしていただいたモリさんも一緒







222015710bbbDSC03323.jpg
これももらうのに1時間

すごく緊張してKadena Air Baseへ







2015710bbbDSC03326.jpg
基地内は左側通行で道は高速道路のように広い

ネットで調べると、総面積は約19.95km²、3,700mの滑走路2本あり、200機近くの軍用機が常駐する極東最大の空軍基地

ちょっと古いが2008年1月31日の統計によると、米国軍人数は8000人,軍属数は1800人,家族数は1万200人

基地従業員数は2792人







2015710bbbDSC03333.jpg
テキサス発祥のレストラン「Chili's」






2015710bbbDSC03344.jpg
店内はいい感じでスタッフはものすごく明るい







2015710bbbIMG_1553.jpg
注文したのは10オンスステーキ

脂身がないから283グラム完食できた。

しかし、茶碗一杯分もあろうかというポテトと、フワフワのガーリックトースト、半株ほどのブロッコリーは無理だった。

ジョッキの生ビールは巨大で片手でズシリとくるサイズ。






2015710bbbDSC03346.jpg
貴重な経験だった。

伊佐さんとお友達二人、それにHANAYOさんのエスコートで実現

ありがとうございました。





2015710bbbDSC03349.jpg
帰りは安田さんと森さんにアメリカンビレッジに連れて行ってもらう。





2015710bbbDSC03350.jpg
昨年はサイクリングでちょっと寄っただけだったが、ここは夜がお似合いのアメリカ村




2015710bbbIMG_1566.jpg
爽やかな翌朝







2222015710bbbIMG_1652.jpg
海へ







bbb222IMG_1653.jpg
海辺をRUN

なんて、そんな習慣というか趣味はないが、こんなところに来たら走ってみたくなる。

ホテル宿泊の外国人も走っていたが地元のおじさんも元気よく走っていた。

このおじさんはスイムやって、海から上がったら大声で発声練習のようなものをやって、

それから両手にそれぞれ海水を入れた2リットルのペットボトルを持って全力で何本か走っていた。

もちろん浅黒く日焼けした筋肉は隆々、これが毎日の習慣のよう

シャワーのあとは誰もいないビーチのデッキにサンドイッチや飲み物を持ち込んで奥さんと仲良く朝食。

ぎのわんトロピカルビーチで見た理想的沖縄流シニアライフ。

明日へ続く。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず

  1. 2015/07/10(金) 18:55:01|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

両親連れて青島旅行

2014ao2DSC01673.jpg
長崎県東松浦の青島へ行ってきた

毎年に2回は訪れ、それが10年以上だがら、すでに親戚の家に行くようなもので島の人たちに会うことが何よりの愉しみだ

今回は両親と長男と家内の5人、父の92歳の誕生日と母の米寿の前祝いも兼ねての旅行だ




2014ao2DSC01619.jpg
11時前にフェリーで島に着いたら、わたしと長男は釣りの仕掛け作り、家内と母は民宿の女将さんと世間話

父は港付近を散策と、それぞれに過ごして12時になったら民宿の食堂に集合し昼食、

13時にわたしと家内と長男の三人は近場の船釣りにシンゴさんに案内してもらう

ここまでは予定を立てるが、その後は翌日13時発のフェリーまで思い思い気ままに過ごす。




2014aao2DSC01623.jpg
風が強くて波が高くシンゴさんおすすめのポイントには行けなかったが

それでもいいサイズのがらかぶが釣れた





2014ao2DSC01625.jpg
釣りから帰ったらシャワー浴びてさっぱりしたところで

昼寝。



2014ao2DSC01630.jpg
夕食前になると港を散策

日か暮れると雰囲気も一段とよくなり海風も気持ちいい




2014ao2DSC01642.jpg
青島宴会スタート

食材は島の幸がずらりと並ぶ

これは女将さんが磯から採ってきた亀の手



2014ao2DSC01641.jpg
これも



2014ao2DSC01646.jpg
シンゴさんが養殖している夏牡蠣

まさに「ミルクたっぷり」の喩えのように白いエキスが溢れ出る



2014aso2DSC01647.jpg
女将さんの同級生の海女さんが獲ってきたウニ



2014ao2DSC01644.jpg
潜り漁師のサザエとアワビ

底引き網漁師のイカに釣り漁師の鯛や鯵

養殖の谷川さんの鯖など青島の幸が並ぶ



2014ao2DSC01649.jpg
天ぷらは底引き網で獲れたエビとカニ、青島女性部が作った蒲鉾

それにアジのフライと思いきや、身がホクホクで分厚い、名前は聞き損ねたが絶品だった

ウスターソースでいただいた



2014ao2DSC01661.jpg
遊びに来てくれたのは、女将さん、釣り好きが高じて青島に家を借りているママ、それにシンゴさん

「10歳は若く見える」 「元気だね」 「いい孫だ」 なんて両親を気遣ってもらって

最高の想い出になったと思う

親父のカラオケ、はじめて聞いたな。



2014ao2DSC01682.jpg
翌朝、正しい島の朝食のあとはのんびりと過ごした

誰もいない宝ヶ浜に行って木陰でウトウト、波の音が心地よい

トンビがピーヒョロローの効果音付き

何もしない贅沢さ、これが最高の過ごし方




2014ao2DSC01693.jpg
帰り際、ママさんが港に帰ってきた船に駆け寄り漁師のおじさんに何やら交渉




2014ao2DSC01697.jpg
土産にと釣れたてのアジを頂いた




2014ao2DSC01689.jpg
今回の主役は両親

来年もまた来れるよう元気に過ごすことを目標に島旅は終わった

美味しい島の幸を食べること、女将さんたちに会うこと、カラオケで十八番を歌うこと、島の風景を目にすること

そんな目標に向かってずっと長生きして欲しい。




FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---

  1. 2014/09/09(火) 18:51:40|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: