コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

金運強し、八大龍王神社

koreap918b
5年前、福岡のテレビで竜門ダムの麓にある龍王神社の御札が幸運を呼ぶと多くの体験談とともに放送されました。宝くじの高額当選や店が急に繁盛したとか、病気が治ったなど様々な幸運の声が紹介されると、日頃はのどかな田園の村に県外ナンバーの車が押しかけ、標識もない農道ゆえ道に迷う車が溢れ一時はちょっとしたパニックになりました。


この付近は竜門ダムへロードバイクで行くときに通りますが、現在は平日で1時間に1台くらい参拝に来られているようですが、迷いもせずまっしぐらに行かれて様子から通い慣れた云わば常連さんでしょう。













iri3789918b
菊池市内から133号で竜門ダム方面に、ダムが見えたら竜門小学校の標識があり左に、その道をまっすぐ突き当たりになります。当館からの距離は7.77キロと縁起がいい、冗談でも何でもなくロードバイクのサイクルコンピュターなので正確な数字です。












fka2951918b
龍王神社の御札で幸運をつかむルールを紹介します。

1. まず竜門ダムへ行って龍龍館(ろんろんかん)という売店があり御札「福蛇の袴」を買います。1枚1000円。

2. 龍王神社へ行き、参拝。宝くじ等であれば御札と重ねて祈願。

3. 参拝して心を清めたら、神社裏にある御神木の夫婦杉に手を当て精気を授かります。

以上、龍龍館の担当者より。どのようなものが当たるのか私は聞きましたが、ここには書きません、直接お聞きになり自分なりに解釈して挑戦してみては。















tor3795918b
龍龍館で御札を買ったらダムの下にある龍王神社へ、この鳥居が目印、車は左側の広くなったところへ停めましょう。
階段を降りて竹林の中を通り薄暗くなりとすぐに神社が見えます。















zen3799918b
中央が神龍と書かれた龍王神社、ここに参拝。小さなお屋敷でもちろん宮司さんも巫女さんも誰もいらしゃませんが、いつも境内はきれいに掃除が行き届いています。次の人のためにもわきまえてお参りしましょう。












rsu3827918b
神社すぐ裏にあるご神木、夫婦杉。

二股に別れた見事な老杉、竜門ダムから流れた迫間川の川渕にあり、崖っぷちで神社を守るよう、樹勢ある御神木はまさしくパワースポット、タッチして精気を授かりましょう。













fdoo918b
御札には本物の蛇の抜け殻がパウチされ、当然ながらひとつと同じものはありません。

神龍八大龍王神社
招福財運子孫繁栄祈願、金運強かれし福蛇の袴、合唱。



龍龍館(ろんろんかん) 
菊池市龍門916 
電話 0963-27-0873

スポンサーサイト
  1. 2010/09/18(土) 17:37:35|
  2. スピリチュアルスポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国際禅道場 聖護寺

iri240779
菊池市内から車で20分、国道133号線(菊池鯛生線)を上り竜門ダムを越えさらに奥に行くと谷あいに広がる鳳来(ほうぎ)集落があり、そこの案内看板に従い細い山道を1.3キロ上ると、ここが標高700mにある鳳儀山聖護寺(ほうぎざんしょうごじ)です。













ka243179
階段を登ると、目の前に本堂があり、今日は梅雨の晴れ間のせいか修行僧の皆さんが布団を干されていました。
よく見るとその修行僧は外国人の方で、オーストラリア、ブラジル、ドイツなどから禅の修業に来られているとのことでした。


聖護寺は道元禅師の六代の嫡嗣、大智(だいち)禅師が延元元年(1338)に菊池氏13代武重公より寄進せられて20年山居されたお寺です。その後菊池一族の衰退とともに500年もの間、廃寺と化していましたが、昭和17年に村上素道老師、昭和39年鈴木素田老師に意志が継がれ、宝篋印や奈良薬師寺の仏足蹟など建立されました。


大智禅師は熊本県宇土郡の生れ、初め川尻の大慈寺で修行されましたが、頓智の利いた逸話も多く、皇族であった師の寒巌義伊(かんがいきん)禅師が亡くなられたので、後に永平寺に移り道元禅師を祖とする曹洞宗六代目を継ぎ、中国に渡って八年間修業した名僧でした。











dou241779
さらに楢崎一光老師が平成5年に、道元禅師の座禅を求めて、世界中から修行を行う場として国際禅道場(写真)を完成され、現在も先程の外国の方のように長期に渡り修行に来られています。
















do241279
また、この道場は地域住民のための研修禅堂という一面も持ち、座禅会や各種研修施設としても活用されています。ここが座禅をするところで、壁向きに座り座禅を組みます。手前の板の部分は座禅の際の机に当たるところで、足を掛けたりすることはできません。

外から入ったらこのようなスペースが4箇所、20名の座禅修行ができます。座禅だけもでもできますが、修行僧と同じ体験もでき、ここの奥の本尊がある隅にそれぞれ畳1枚の寝るところがあり、その下の引き出しに寝具も用意されています。

修行の体験は、ここでの日常の生活パターンと同じ日課になり、起床は4時、経を唱え、座禅を組み、作務(掃除・洗濯・食事の準備等)食事を共にし、就寝は9時。













za241179
座禅のときの座布団、これをお尻に敷くので足が痺れることはないです。















rou242279
庫院と本堂を結ぶ廊下、勾配のあるところはこのように滑り止めになっています。これが慣れないとなかなか歩き辛いです。














kan243879
鐘楼堂、一度鳴らしてみたいです。













bu245079
奈良薬師寺の仏足を形どった仏足石













244909ha
石楠花(しゃくなげ)の花

この地には、お茶、しゃくなげ、蘭が自生し、菊池市でも特に貴重な聖地と言われる由縁でしょう。













man242579
文教大学名誉教授 青木利夫氏の一説より抜粋

・・・・・
道元禅師の説かれた「世俗に背くべし」という教えを、常に肝に銘じながら生活する。
それさえ崩れているお寺も決して少なくない。
そう思えば聖護寺はやはり手本とするに足りる。こういうお寺が熊本県に存在すること自体が、むしろ奇跡と讃えるべきなのだろう。


奇跡というなら、いったん滅びたも同然だった寺を、昭和十年になって、独力で再建しようと発願し、成し遂げた村上素道老師の奮闘こそ、その名に値しよう。
そしてもうひとつ、聖護寺護持会がこの寺を支え続けている事実も、奇跡と呼ばせていただきたいのである。


聖護寺はお墓を持たない。
檀家がない。
お葬式もない。
今日本では九割以上の寺がこの三つで生活している。
聖護寺では托鉢に励んでおられるが、親元というべき瑞応寺の物心両面での支援は欠かせまい。
そして護持会である。
多くの会員は浄土真宗の門徒さんらしい。
それが自身の菩提寺だけでなく、宗派のちがう聖護寺を支え、炊き出しなどで春秋祭を祝う。
宗派は別でも、菊池の寺、地域の誇るべき寺だという熱い思いなのだろう。
寺壇関係さえ怪しい今、これは奇跡に違いないのだ。

















241809pp
なぜ、この寺に国際禅道場ができたのでしょう。
それは、大智禅師の漢詩から読み取れます。師が約670年前に宗(中国)に7年間留学に行かれ体験をもとにこのような詩文を読まれました。

僧の大元に之(ゆ)くを送る  
冷暖分明 只自ら知る         【冷たい熱いは明らかに自ら知るところ】
男児豈に人に欺かるべけんや      【男児たる者こんなことで人に欺かれてはならない】
日本の貴き真金を将(も)って     【日本の貴い純金をもって】
大唐の鍮子に博易して帰ること莫かれ  【中国の安物の真鍮と交換して帰ってはならない】


「中華広しといえども師とすべきものなし。衣を巻いて還帰するに如かず」

中国への留学僧の出発に際し、中国かぶれになって帰るのを戒められました。すなわち、日本の貴い純金を、中国の安物の真鍮と替えてくるような愚かな事をしてはならない、と。



今に通ずる教えであるかも知れませんね。

奇跡の寺、聖護寺、スピリチュアルスポットである由縁は一度足を運ばれると誰しもが感じるはず、しかし、残念ながらやがて修復工事が始まり、年内は座禅会等はできませんが、11月上旬の秋季法要はありますので是非おすすめしたいですね。


鳳儀山 聖護寺
熊本県菊池市斑蛇口字鳳来2034
  1. 2010/07/09(金) 14:19:03|
  2. スピリチュアルスポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

幣立神宮

am1656
熊本県上益城郡山都町(旧名 阿蘇郡蘇陽町)にある【幣立神宮】(へいたてじんぐう)に行きました。ここは写真にもあるように、通称「高天原・日の宮」と呼ばれ、「日の宮」とは天照大御神(あまてらすのおおみかみ)が住む宮殿のこと、高天原(たかまがはら・たかまのはら)とは日本神話の天上界のことで、天照大御神と須佐之男命(すさのおのみこと)をめぐる神々の物語の舞台という・・・。

調理場の佐藤君の実家に巨大な囲炉裏があり、地鶏や山菜を昔ながらの田楽で食べないかとお誘いを受け、佐藤君と会社のメンバー4人でお邪魔しました。そのレポートは次回でも紹介しますが、帰りに佐藤君が子供の頃よく遊びに行っていたところがここ幣立神宮、今やパワースポットの聖地として人気とのこと、そんなこと何も知らなくて、ただ囲炉裏料理をお腹いっぱい食べ過ぎたので、ちょっと運動も兼ねて散策がてらに偶然立ち寄りました。

県道から田舎道に入ると昼間でも薄暗い杉林になり、車一台がやっと通れる細い道に、すると暗い道を歩く若いカップルを発見、どう考えてもこんな田舎に不似合いでどこから来て、どこに行くのか不思議に思っていると車は鳥居前に到着、平日なのにけっこうな人で賑わっていました。











am1650
この神宮の由緒。(詳しくはネット等でお調べくださいね)














am1655
佐藤君が子供の頃からよく行っていたところなので、次から次に要所を案内してもらい、説明付きでまるでガイドさんのよう、境内から裏の杉林を降りると東水神宮と東御手洗に、湧き水があり小さな池となり太古から八大龍王の鎮まる所で北辰妙見の大神が祀られているという神秘なところ。この湧き水が万能にいいらしく、わずかに流れる水を熱心に汲まれる方もいらっしゃいました。













am1654
ここの鳥居に彫られた龍。















am1658
神宮横の【五百枝杉】(いおえすぎ)ひんやりとした巨大な杉林は、当館の前にある樹齢700年の菊池武光公の墓印とされる正観寺の大樟と同じように、特別なエネルギーというかパワースポットのように感じました。












am1659
幣立神宮、境内から東水神宮に降り一周して戻ると、タクシー3台で来られている方や、カップル、家族連れ、それに黒塗りのVIP車などいろいろな方々が祈願に来られていました。

着いて早々参拝しようとしていたら、巫女さん?から鈴でお祓していただき何かとても元気をもらったような気分になりました。交通は至って不便で、わかりづらいところですが、多くの参拝者からして特別なパワースポットではないかと思いました。







  1. 2010/04/19(月) 18:00:14|
  2. スピリチュアルスポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書の秋、本で楽しむ菊池

1022
これは内田康夫著【菊池伝説殺人事件】、あの浅見光彦シリーズの菊池一族の末裔が舞台となった推
理小説、昨年こちらでテレビの撮影がありすでに放送されました。

「清少納言と西郷隆盛と菊池寛が親戚」-----と冒頭から、西郷家は菊池初代則隆公の一子で政隆氏
を祖とし、菊池寛は菊池十代武房公の弟、赤星有隆が祖、清少納言はこの本で始めて知りました。

この初版は1989年、もう何度も読みましたが本に登場する菊池神社や、夫人(愛子)が菊池出身でそ
の話を聞いて菊池の景色が見えてくるように描かれた徳富蘆花の【思出の記】の一節の紹介や菊池一
族の話しなど読んでいて厭きることはありません。


また、熊本の名の由来の記述には、「菊池氏の本拠は隈部城(くまべ)と菊池城があり、菊池氏が肥後
国の守護職となり、ここに城府を置いたことから「隈府(くまふ)」と呼ばれました。
現在の菊池市の中心地の隈府(わいふ)は、もともと加藤清正が隈本(くまもと)に城を構え、その地を
「隈府(くまふ)」と称したことから、混同を避けるため「わいふ」と言うようになりましたが、それまで
は名実ともに、れっきとした肥後国の中心でした。」

昭和59年発刊の菊池秀之著「因縁の菊池氏」の紹介もあり、そのなかで菊池一族の末裔の菊池(地)
姓の全国の分布では当時およそ9万戸、総人口は27万~28万だろうと、最も多いのが岩手県の11652戸、
2位が東京都の9,777戸、以下、北海道9430、神奈川6870、宮城6326、茨城6136、埼玉4779の順、

熊本は少なく348戸、菊池ではたったの10戸、損得を考えず常に天皇方につき戦った忠節は24代武包
のときついに大敗し菊池城を捨て当地から離散、463年続いた肥後菊池家の正統は絶えてしまいました。

その後、菊池一族は名前を変えて潜伏したり、遠くの地へ逃れたりし北国に多い菊池氏が多いのも当
時の迫害を物語るのではないでしょうか。
そして、一旦姓を変えた者も時代の流れとともに、名門藤原家である菊池姓にもどして祖先の栄光を偲
び安住の地として生活を始めたのでしょう。

さて、殺人事件のほうは「埋蔵金」と絡んで意外な展開に・・・・。

菊池に縁がある方、菊池にこれからお越しになる方、おすすめの一冊です。






1023
詳しい専門書もロビーの本棚にありますのでお気軽にどうぞ。

明日から「ツール・ド・しものせき」に行ってきます。
海峡と歴史を秘めた街並みを体全体で感じてきます。
もちろん、前泊し海の幸を堪能して下関観光の発展に寄与してきます。
26日報告しますのでお楽しみに♪
  1. 2009/10/22(木) 21:08:55|
  2. スピリチュアルスポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本列島で46年ぶり皆既日食

kaiki

皆既日食、菊池でも曇り空の隙間からこんな感じで見えました。




かいき1
と、それを見るスタッフ。
  1. 2009/07/22(水) 11:55:01|
  2. スピリチュアルスポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: