コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

阿蘇ジオ・ライドの象徴、中岳火口見学は3月上旬

2018222koIMG_6012.jpg
今年のミルクロード一帯の野焼きは3月4日(日曜)の予定、雨天の場合(当日晴れていても以前に降った雨で草が乾いていない場合も)は、3月11日(日曜)、18日(日曜)、21日(水曜・祝日)25日(日曜)に順次延期される。例年、3月中旬もしくは下旬に実施される場合が多いようだ。野焼きが始まると燃えた煤が雨のように降って、洗濯物はおろか家中の窓を閉めていないととんでもないことになる。直線距離で15kmから20km離れている菊池の我が家にも風向き次第では舞い降りてくるから洗濯物は要注意だ。

阿蘇の野焼きは、草原を焼くことによってダニなど人畜に有害な虫を駆除し、牛馬の飼料となる新しい草を育てるためである。独特な草原の美しさも地域住民が危険をともないながら千年の歴史ある野焼きによって保たれている。このように阿蘇に住む人々にとっての野焼きは春を告げる風物詩でもあり、宿の活花にもこの時期には「草原の野焼き」が凝縮されている。







22akiasoIMG_4115[1].jpg
同じ3月に嬉しいニュースがある。阿蘇中岳の火口見学が3月上旬に再開される予定だ。火口見学は中岳の火山活動が活発になった2014年8月30日から中止されており再開されると約3年半ぶりとなる。遊歩道の一部は復旧が遅れるらしいが規制前と同様に火口広場や展望所などは利用できるという。 阿蘇ロープウェーは、再開のめどが立っておらず、代行バス(阿蘇山西駅 ⇔ 火口西駅)の運行が予定されている。

写真(以下の写真も)は2012年撮影、この道は阿蘇山西駅(阿蘇ロープウェイ乗り場)から1.3kmの山頂を結ぶ阿蘇山公園道路で車は有料だが自転車は無料だった。道が見えなくなっている当たりから勾配がキツくなり、確か16%、18%はあったと記憶する。






22las10IMG_0012[1].jpg
中岳の噴火警戒レベルは昨年2月に1(平常)に引き下げられ、火口 1 km 圏規制は解除されるはずだったが、この火山ガス警報機システムの故障(光ケーブルの断線と聞いていた)や、噴火の際の避難壕などが被災しているため半径1キロ以内の入山規制のままだった。






22las10IMG_0014[1].jpg
この「火の国橋」は噴火により大きく壊れて、すぐには復旧が難しいため仮橋で対応されるという。









2018222koIMG_3142.jpg
この景色が噴火によりどのようになっているのか自転車で上って確かめたい。







2018222koIMG_3143.jpg
爆発から観光客を保護する退避壕も修復されこのようになっているのか。






22aso333IMG_3156[1].jpg
柵の真下が中岳火口






2018222koIMG_3147.jpg
『砂千里ヶ浜』の散策ができるようになり、砂千里ヶ浜を経由する登山道も立入り可能になるため、阿蘇高岳・中岳の登山が3年半ぶりに実現することになる。このルートを歩くのが欧州の観光客の目玉で、「世界中でこんなに簡単に火口直前まで立ち入れて、異星のような岩や砂の荒涼とした中を歩き回れるところはない」と口をそろえて言われいた。みなさんは宿を訪れると荷物を置き、リュックを背負いトレッキングシューズに履き替えて、さっそうと行くスイスやフランスの方の後ろ姿が懐かしい。







221025kakouIMG_4345[1].jpg
2012年だったか、沖縄の安田さんと沖縄から福岡に転勤したばかりのカメちゃん、山頂の寒さを知らずに半袖だったのでウィンドブレーカーを貸してあげた。





2018222koIMG_0196.jpg
2010年、鹿児島の和田さん
わたしの職場が菊池だった最後の月にサルトさんと三人で上った





2018222koIMG_0197.jpg
和田さんが撮っているのはこんな風景
白い蒸気や色の付いた火山ガスが風でなびくと、沸々と煮えたぎる火口の中も見ることができた。
3年半振りとなる阿蘇火口ライドは、ラピュタが絶望的になった今、「阿蘇ジオ・ライド」の象徴のように映る。何万年という時間軸の火山活動による1000m規模の地殻のギャップにより形作られたカルデラ大地。その上に1000年に渡る人の営みが合わさって出来上がった阿蘇平野。地球からすれば、ほんの小さな手のひら上の皺のような僅か数メートルの断層に驚かされる人間。点を線に、更に面に、そして視線とズームを変えると、全く違った景色とパラダイムを見ることが出来る「阿蘇ジオ・ライド」。熊本震災後2年近くなり、風化した震災の跡と蘇った阿蘇山、それに千年の歴史をもつ野焼きの跡をやがて目にすることができる。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---<



スポンサーサイト
  1. 2018/02/22(木) 18:21:11|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿蘇へのアクセス状況

2017324lpDSC05659.jpg
阿蘇へのアクセスについて。
車の場合は熊本市内方面からは従来と変わらず国道57号から迂回路となるミルクロードを大津から上り二重の峠で赤水へ抜けるルートになる。熊本駅(熊本市内)・熊本空港から公共の交通機関の場合は、熊本~大分を結ぶバスになり、、特急バスやまびこ号が7本と、九州横断バスが2本の計9本のみになり、まだ公共の交通機関による阿蘇方面へのアクセスは不便だが渋滞は緩和され大幅な遅れはほとんど無くなった。

豊肥線は現在も肥後大津駅から阿蘇駅まで不通のままだが、4月から肥後大津駅~立野駅(南阿蘇村)間の工事が始まる。土砂崩れ箇所の復旧が2017年度中に完了し、その後線路の工事となり1年程度かかる見通し。よって運転再開は2019年頃だろうか。国道57号においては熊本市内方面から立野までは通行でき、長陽大橋(立野-栃の木)の復旧工事が7月をめどに完了予定なので、大津からのミルクロードを含めて国道57号の迂回路が2本開通することになる。崩壊した阿蘇大橋の600m下流に代わりとなる新たな橋が2020年9月末までに完成の予定。

植木ICから20分の菊池から阿蘇へ通じる菊池阿蘇スカイラインは6月1日に全面開通する予定だが、現在は以下の時間指定で片側交互通行となっている。

現在通行可能時間(4月29日~5月7日は午前7時~午後7時通行可)
午前7時~8時
午後0時~1時
午後5時~7時
(※午後7時~午前7時は全面通行止め)

写真は国道57号の迂回路となる大津から二重の峠へ上るミルクロード中腹。杉山で視界がなかったところが開かれて新たな国道57号線の工事現場が垣間見えた。この当たりからトンネルとなり赤水に抜けるのだろうか、壮大な復旧計画であり光が少し見えてきた。開通したら何するではなく、今から準備しないと周りの観光地に置いていかれる。自転車もオフの過ごし方が大事と言われるではないか。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/03/24(金) 17:24:28|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イイところもあるし、ワルイところもある

22017211DSC05602.jpg
この数日の寒波で快適な菊池阿蘇スカイラインの通勤は諦めた。代わって9ヶ月間渋滞の中、悶々と通った国道57号線唯一の迂回路、ミルクロードから二重の峠で57号線の赤水に出るコースにしばらくはなりそうだ。国道の迂回路だから国交省は冬期でも安全に走行できるよう凍結防止剤や除雪車・重機も途中に待機させている。よって雪の多い日でもこの通り。






2017211DSC05606.jpg
車帰り交差点(信号はないけど)もこの通り。
ここを右折して二重の峠を下ると赤水だが小国方面へ続くミルクロードはここでゲートが閉ざされている。






8888puDSC04259.jpg
迂回路になる前の冬はいつもこんな感じ






888puDSC04264.jpg
二重の峠も例年この状態






2017211DSC05611.jpg
しかし今は全く凍結降雪は無い。ノーマルタイヤでも大丈夫。







2017211ykIMG_2577.jpg
ただし、内牧温泉へは赤水から国道57号を通り阿蘇駅先の国道212号で来れば大丈夫だが、阿蘇平野を横断する一直線の農免道路はこの状態なのでノーマルタイヤは避けたがいい。







2017211ykDSC_1452.jpg
とは言っても雪はマイナス要因ばかりではなく雪化粧の阿蘇五岳や外輪山は美しい。ルーフトップバーから屋上に出るとほぼ100%撮影会となる。そして夜になると今は月が美しい。温泉も夏より冬がいい。寒に打たれた野菜は美味しい。などなどいろんな考え方があるが、何事もイイところもあるし、ワルイところもある。選択するのはあなただが視点を変えると思わぬ徳が見えてくるのは間違いない。受け入れ側はそこが弱い。だからと言ってわたしは嘘や過剰な表現や写真で誘っている訳じゃなくて真実を言っているだけ。「思い切り自由に、深々と謙虚に、淡々と強靭に、命のまんなかは真実でいよう」。青山繁晴さんの言葉を目標にしている。









FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/02/12(日) 17:44:15|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿蘇リバイバルのために

2017123pDSC05534.jpg
寒い日が続くが放牧のあか牛は終日この寒空で過ごす

マイナス10度までは大丈夫と聞いたことがある

寒さより暑さのほうが苦手らしいが

明日の阿蘇地方の最低気温はマイナス7度・・・






2017123pDSC05506.jpg
ここは菊池渓谷経由で上ってミルクロードに合流する北山展望所交差点

行きの上りはこのくらいの積雪でも大丈夫だが

帰りの急な下りの連続が怖いので

13日以降は大津から二重の峠経由の国道57号線の迂回路で通勤している








20161218puDSC04264.jpg
熊本震災前の冬の二重の峠(県道菊池赤水線)はこんなものだが







2017123pDSC05514.jpg
震災後は国道57号線の迂回路となったため国道並の維持管理がされている

厳冬期でも凍らせないという国交省の宣言通りである

山間部の迂回路には街灯が点灯し、10台のライブカメラで監視及び利用者で状況確認ができ

2箇所の大型トラックを想定した安全地帯ではチェーンの装着や

除雪用に重機も数台待機している

粉雪かと思うほど巻かれた凍結防止剤により下りも安心して通行できる






2017123pIMG_2395.jpg
今朝の阿蘇西小学校前の断層






2017123pIMG_2398.jpg
気温はマイナス2度

池のように水が溜まったところはスケートが出来そう







2017123pIMG_2401.jpg
8mの広域農道はスタッドレスタイヤなど装着していないと怖いので

ノーマルタイヤのクルマは国道57号に出たらそのまま走って

国道212号で内牧温泉へ








2017123pDSC05522.jpg
県道175号の断層はまだそのまま







2017123pDSC05519.jpg
がんばってください、工事関係者のみなさん!







2017123pDSC05518.jpg
道路か豊肥本線の橋脚の工事現場

復旧ルートは大津方面からトンネルを掘って、二重の峠の麓に出て、赤水へ抜けるという壮大な工事らしいが規模が規模だけに完成はまだまだ先の話。これから先のときを考えて、凍結防止剤の塩カリまみれになるクルマのためにはガソリン補給の際に必ず洗車機で洗うようにしなくては。

カルロス・ゴーン氏の言葉
「ブランド力の強化は持続的な成長のために最も有効な取り組みだ。私はよくターンアラウンド(再生)とリバイバル(復活)は違うと言っている。ターンアラウンドは一時的に良くなることだ。それに対しリバイバルは企業が常に向上し続けることである」 
震災以前の阿蘇は個人旅行の外国人が多かった。それもオフシーズンの冬期にも訪れる貴重なお客さんだった。阿蘇への足はレンタカーや九州横断バスもあったが、やはり厳しい気候に強くて周遊プランなどがあるR豊肥本線が基本だった。高齢ドライバーによる特異な事故が増えてきたような報道を目にするが、運転免許の年齢制限等が実施されると日常の足は公的交通機関、阿蘇ではJR豊肥本線による熊本市内方面への買い物や病院通いが主役になるはずだ。そのような外国人旅行者や高齢者のためにも快適な車両を是非阿蘇リバイバルのために考えていただきたいと思っている。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---





  1. 2017/01/23(月) 18:18:45|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネガティブからポジティブ

22016616shiDSC_0561.jpg
ミルクロード沿いの展望所で食事ができる施設があってパブリックトイレと自販機を備えているのは大観峰とかぶと岩展望所。そのうち自転車乗りに使いやすいのがラピュタの4キロ先にあるかぶと岩展望所で年間と通してミルクロードのエイドポイントとして貴重なところだ。気象条件や機材トラブルで走れなくなくなった時にも避難場所やピックアップ場所としてベースキャンプ的存在でもある。コンクリート造りの展望所は宿の玄関から見上げると目視することができていい目印となっていた。先日、ふと見上げると、どうも見つけることが出来ない。あるべきところにその構造物がない。そう言えば被害が酷いと聞いたこともあって早速行ってみると、カフェは通常通りオープンしていたが展望所へは立ち入り禁止のロープが張られていた。







2016616shiDSC_0557.jpg
ロープぎりぎりのところから遊歩道を見ると途中で無くなっている。





2016616shiDSC_0556.jpg
その先には遊歩道も無い、

コンクリート製の塀も、

木製のベンチも、

展望所も、

何も無い。

盛土で覆われたただの丘になっていた。

地震によりすべてが崖下に落ちたのだろう。

またひとつ景勝スポットが消えた・・・

熊本震災は4年前の水害と比べると桁外れのダメージであり観光への影響も長期化する。

崩壊した国道57号は復旧の目途が立たず立野付近からトンネルを掘るという。

合わせてJRの復旧も白紙で外国人観光客の足は遠のく。

営業再開しても国道と鉄道が長期間断たれると、全く具体性を伴わない「頑張る」という言葉だけでは

とりあえず同じことをしながら長い時間何かするという不毛な結論に溺れてしまう。

加えて世界情勢、日本各地予想される地震、少子化社会など、予想される危機といつ来るか判らない危機に対して、

朽ちつつある自分の頭でさえ努力して変化しないと対応できないと思っている。

だから1ミリでも変化する成長をしようと思っている。

とてもじゃないが今までのやり方ではだめだ。

日経に大西熊本市長の復興についての記事があった。
「熊本城は傷ついているが入れるようにするのが第一弾。ビューポイントをだんだん増やしていく。安全確認さえできればヘルメットをかぶって一般の興味ある人に視察してもらえる工夫をしたい。観光資源として復活していく過程をみていただく。」ネガティブよりポジティブな情報に向かっていきたいおっしゃる大西市長さんは48歳、自転車乗りだと聞いている。







2016616shiDSC_0563.jpg
茶のこさんからお見舞いの品物が届いた。





2016616shiDSC_0566.jpg
CHANOKOジャージ Black ver.と、キャップにサコッシュまで入っていた。

お互い営業上は被災者なのに恐縮・・・

サプライズなこころ使いに嬉しく、気分も新たに思わず着てみた。







2016615tearoomDSC_0570.jpg
着心地上質、デザイン格別。

セットでレーサーパンツもあるが

履きなれたものに合わせたいサイクリストのニーズにも対応すべく

ラファやアソスのパンツに合わせて作られたのだろう。

背中には涅槃像に喩えられる阿蘇五岳のシルエット

腕には「ASO KUMAMOTO」の文字

戦闘服にもインバウンド営業用にも最適で

そのうちココロ動かす阿蘇の商品になるかも、

阿蘇の懐に入るデザインの間合いがとても自然。






2016616shiIMG_1048.jpg
モサモサしだしたので店と客の間合いの絶妙な土橋さんでサッパリ

鏡に映るのはポジティブな二人、観光資源として復活していく過程を見ていただきたい。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2016/06/17(金) 16:19:35|
  2. 観光情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: