コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園の中央に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクを通じて阿蘇の魅力を紹介します。

Category [こだわりの逸品 ] 記事一覧

コントルノ食堂

Phone by Aso nature land今が旬の阿蘇のアクティビティと言えば阿蘇ネイチャーランドの熱気球内牧温泉入口から4キロのアピカ運動公園で早朝上がっている。ロープで係留した熱気球はバーナーを焚いて高さ約40mまで上昇し、幻想的な朝焼けと360度のパノラマを鑑賞することができる。また、地上からもこのような写真が何のテクニックもなく撮影することもできる。眺めてよし、撮ってよし、早朝ライドのメニュに是非。20年前、...

かくも重き使命

阿蘇内牧温泉は短い秋が終わり冬の季節となった。宿の命である温泉はこの季節適温に保つのがたいへん難しい。どのすべての浴場はどんなにお客が少なくても毎日お湯を完全に抜き清掃している。源泉49度の温泉はお湯の量と浴場の換気によって終日適温にしなくてはならない。それにはこまめな調整が必要であり、42度から42.8度の範囲に古希の二代目に代わって私が湯守りをしている。十八銀行女子陸上部さんの合宿が終わった。...

黄金色の誘惑

「登山は、非日常の世界とプレイグランドにした遊びで、言うまでもなく危険を孕んでいる。天候の急変・悪化は ”想定外の出来事” ではなく、当然起りうることとして常に心構えが必要だ。」(登山家 岩崎元郎)阿蘇をロードバイクで走る場合、7年走ってきたがけっして大げさではなく、このような心構えが必要だ。今朝8時30分の狩尾峠の環境指数は7気温14度宿で聞いたが内牧温泉の早朝は10度だったらしい。ということは、外...

1129KARUKI

福岡からの自転車仲間との夜の部は1129(いい肉)カルキさん宅のバンケットホール屋根付駐車場で焼肉。焼肉といっても軽木さんは阿蘇登山道の登口近くにある肉屋さん、平日でも行列が目印の「いまきん食堂のあか牛」はこちらから厳選したものを提供されている。よって、ただの焼肉にはあらず「今夜は腹いっぱいあか牛を喰わんですか」とはカルキ弁部位の説明に早くもヨダレを流す面々は無邪気な子供のようだ。新聞によると、「...

庶務の日常の必須

伝説のノートと言われるMOLESKINE、実はカルキさんからこのメーカーのリポータープレーンという縦めくりの携帯型の手帳を貰ったのがきっかけだが実に使い勝手が良く、はまった。MOLESKINEとはフランスで200年以上の歴史があるノートで1997年に伝統的な製本とデザインをそのままにイタリアのMoleskine社によって復刻されたものが現在のモレスキンノートだ。製本された上質の本のようなオイルクロ...

左サイドMenu

プロフィール

コルナゴ部長

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム