FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

深まる秋を感じる枯れ尾花の名所

20181015koIMG_2302.jpg
年間目標にしているツール・ド・沖縄まで1ヶ月を切った。
毎年懲りずにエントリーするカテゴリーは市民レース100キロ(OV40)で、沖縄最北部のヤンバルクイナの生息地のジャングルをスタートし、5箇所の関門を制限時間内に通過し名護へゴールするというもの。完走するための準備は、雨や強風以外が対象となる朝練と、週一回の4時間走を3月くらいから大会直前までを目標にしている。だが、なかなか出来なくて、今年も完走は紙一重の可能性かと思っている。

最近の朝は冷え込んで、6度とかなるので起きるときに脳の制御が働く。「微熱っぽいのは風邪の予兆かも」とか、「疲労が残っているから止めたが無難」とか、マイナス思考の誘惑を発散させてやる気を失わさせるので苦労する。誘惑を振り切ったときは、5時前の真っ暗な中起きて、顔も洗わず歯も磨かず、速攻で家を出ることにしている。

走り終わった後に快感に浸れるのは、風呂に入って温まり、部屋で一息ついていると空が明るくなるときだ。皆が寝静まっている時に、夜道を1時間徘徊したことに得した気分になるという今度は卑しい満足感を脳が与えてくれる。「徘徊」と言っても練習だから、顔歪め、自分なりに、もがくわけだが、それを朝陽が照らす清々しい一日の始まりには出来ないし、暗闇こそ鬼の形相で走るチャンスでもある。

休みの日が週一4時間走の日だ。朝5時には家を出てそのまま4時間休まず走ることにしている。定番のコースは国産ワインで最高賞を受賞した菊鹿シャルドネのワイン畑を抜けて、古い家並みや石垣が残る全国棚田百選の番所に来ると明るくなって、昭和の懐かしい田舎の景色にいよいよ気分も良くなってくる。そこから竜門ダムを経由して鞍岳の麓当たりを走って10時くらいには自宅へ到着するようにしている。それからが休日だが、すでに身も心も空っぽの状態なので、だいたい家でダラダラと過ごして、それは宿で合宿する陸上の実業団の方と同じで選手の気持ちがよく解るようになった。





20181015lpIMG_6094.jpg
沖縄が終わったら3月までオフシーズンなので、厳冬期の阿蘇も魅力はあるが、ひと山越えて40キロ自走の阿蘇は帰りが辛いので、道の駅阿蘇まで車で行って(車載専用駐車場)そこから山を上ることが多くなる。また、寒い日には菊池川沿いの河川敷から釣り人を眺めながら自転車専用道で山鹿方面を走るサイクリングも日陰がなくてポカポカと気持ちがいい。山鹿市内では豊前街道や八千代座もホッとするし、そこから折り返して菊鹿方面はどこに行っても車が少なくて冬場にはおすすめのエリアだ。





20181015lpIMG_2315.jpg
NIKKEI プラス1の何でもランキング 「ススキの名所編」

日本一のススキは11月上旬まで

深まる秋を感じる枯れ尾花の名所へどうぞ。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/10/17(水) 17:42:48|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハムスタースピン in 阿蘇

hm2018IMG_2298.jpg
福田昌弘 著 「ロードバイクスキルアップトレーニング」、本のあとがきにはこう書かれている。

「本書には、自転車に乗って行うドリルはほとんど出てきません。この点にご不満をお持ちになった方もいるかと思います。自転車のエンジンは人間の体です。速くなるためにはエンジンをアップデートしなくてはいけません。そして、私の考えでは、エンジンをアップデートするためには、エンジンを自転車から下ろし、単体で鍛えたほうが効率的なのです。もちろん、自転車に乗ったままバージョンアップすることも可能です。しかし、エンジンだけをトレーニングするほうが、手軽で、近道なのではないでしょうか。そう思い、本書を書きました。」






hm2018IMG_2294.jpg
福田さんによる効率的な筋肉の使い方(早くなるためのエンジンのアップデート)を学ぶ合宿が阿蘇で開催され参加してきた。当日は台風上陸の予報もあってキャンセルが出たこともあり、超人気コーチが説くセミナーを少ない人数で贅沢かつ濃厚に学び、そして迷いを解消すべく日常で出来るエンジンのアップデートを身に付けることが出来た。

今回の事業も阿蘇サイクルツーリズムの一環であり主催を阿蘇の道駅、協賛をコギダス協議会にて開催していただいた。旅館に泊まって草原の野焼きの後を走ったり、キャンプ場に泊まり普段立ち入れない牧野道(最も阿蘇らしいサイクリングコース)を走ったり、そして今回は公民館を会場に効率良く走るセミナーなど、いろんなカタチで阿蘇に滞在して自転車で愉しむ企画に挑戦された。受け入れとしては、このようなイベントをやるには素人の地元の自転車乗りや、阿蘇が好きな方が手弁当で集まっての実施だったが、数はともかく内容において多少なりとも今後の阿蘇サイクルツーリズムの糧になるのではないかと一緒に参加して感じた。





hm2018IMG_2292.jpg
両日とも雨天で風も出ていたので自走はなくセミナーはすべて公民館内。最初のトレーニングは呼吸方法や筋肉関節の使い方、体を一直線にして保つ腹筋の体幹トレーニングであるプランクや、スクワットの正しいやり方を延々繰り返し学んだ。






2hm2018xlarge.jpg
プランクが苦手にて腹筋の弱さを痛感、これでは安定したポジションを維持出来ず、無駄な動きで消耗してしまうし、足攣りの根本的な原因も他の参加者に付いていけない体幹の弱さを露呈、対策はブランクとスクワットである。






3hm2018xlarge.jpg
エンジンをアップデートするためエンジンを自転車から下ろし単体で鍛えるドリル。
骨盤を上げ息を吐きながら胸の筋肉で腕を垂直に上げ、肩を畳から離すと首もそれにつられて上がると、自転車のフォームを逆さにした姿勢になり、腹筋と胸の筋肉が強く意識される。背骨を安定させ胸の力で腕を支える感覚を把握する練習。






4hm2018xlarge.jpg
ローラー練では足でチェーンを引っ掛けるようイメージでペダリング
体幹を板状(プランク)に保つ練習として、片手を片方の脇の上に付けてペダリング・・・などなど大汗かいて初日終了。





hm2018IMG_2267.jpg
「魂心BBQ」は地元で肉屋営むカルキさんのプライベートバーが会場で、外で食べ頃に焼いた肉を運んでもらう。肉や野菜は串に刺して全員に配られるので食べ損ないがない。今回のエントリーフィは2日間のセミナーとBBQと2日目の軽食まで含まれるが、宿泊とBBQ時の飲み物は個人手配となっている。泊まりは近くにあるゲストハウス(個室もありおすすめ)、もしくは会場の公民館(布団がないので寝袋だが格安、実は自転車合宿の地域に根ざす宿泊施設としての検証を視野にしてみた)。






hm2018IMG_2269.jpg
余興もドリル





2018hmIMG_2271.jpg
カルキさんのギター演奏を介したドリルは、

① ギターを弾くのではなく曲を聞かせる
※ ペダルを踏むのではなくチェーンを引っ掛ける

② 観客の顔を見ながら弾く
※ その日の環境や体調を見ながら走る

③ リズムをとるのはつま先ではなく踵で
※ 股関節の動きが大事

このあとはブルースの演奏で酔いしれた。  





1hm2018_xlarge.jpg
2日目のセミナーも濃厚
終わったあと特に疲労はなかったが、家に着いたら身体の芯がフラフラするような感じで疲労困憊。持病の首の痛みは、腹筋と胸骨の下にある筋肉を鍛えるようにと福田さんから教えていただいた。





hm2018IMG_6071.jpg
翌朝は井上夫妻の案内で福田さんとサルトさんは大観峰で日の出を鑑賞。
二人とも東京から自転車を持ってこられたものの雨で乗ることはなかったが、最終日に感動的な光景も目の当たりにされたようだった。







hm2018DSC_3086.jpg
福田さんとサルトさんはフライトが夕方だったので、山下君の店で土橋さんたちと会われ、その後浮島神社でお守りを授かり熊本を経たれた。阿蘇サイクルツーリズムの一環として行われた今回の企画は、天気には恵まれなかったものの少ない人数ゆえ参加者の学びも多かったのではないかと思っている。サイクルスポーツはやはり誰しも速く長く走るようになりたいもの、そのために自転車に乗ることなく自宅で出来るトレーニングは貴重な経験だった。より自転車に乗れるようになると、行けなかった峠や限られた時間内で長く景観を愉しむことも出来る。そのようなことから福田さんのドリルは、レース志向から初心者までスキルアップできるトレーニングなので是非著書をご覧になったらいかがだろうか。

個人的な感想として福田さんのスキルアップの目標は、風の抵抗を少なくするポジションとその維持にあり、そのために日常的に出来る簡単なトレーニングを継続することであると思った。体幹のしっかりしたぶれない姿勢を保つことによりペダリングも安定しエネルギーのロスが少なくなる。ローラや自走のトレーニングは少ないがキモはいくつかあって、そのうちのひとつを今朝、朝練で試してみた。チェーンを足先に引っ掛けるイメージでペダルを回すことだが、今は真下に向かっておそらく3時くらいから踏み込んでいるようでいかに効率の悪いものかと判った。チェーンを足先で引っ掛けて回すと12時くらいから始まり、3時・4時に踏むのではなく回すのが終了するので省エネで効率も抜群にいいことが判り、遅咲きだが未来は明るく、沖縄のゴールが少し見えてきた。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/10/02(火) 16:42:17|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫌になるほど仕事すれば遊びはもっと楽しくなる

2018924lpIMG_2252.jpg
ミルクロードや大観峰から見る雲海の季節となってきた。
現在の日の出は6時過ぎなので宿から大観峰まで10キロ、幻想的な日の出の雲海や朝霧なびく阿蘇平野を見たければ5時出発がおすすめだ。ただし、この時間はまだ真っ暗なので前後のライトは必須。加えて街灯がないのでより明るいものが必要となってくる。わたしの場合、朝練で竜門ダムやあんずの丘周辺を走るときは、CATEYEのVOLT400を固定式にして走る。人の気ない山間部に入るとハンドルにブラッケットで装着したVOLT800を追加点灯する。これは少し動くように付けているので、上り坂では固定のVOLT400は近くを照らすので遠方に、下りでは全体をカバーできるように照らす箇所を可動できるようにしている。

リアはシートステイにRAPIO X2を点滅で、シートポストにOMN5を点灯で付けている。(道交法上、点滅は補助灯としての使用に限定されるので夜間走行時は点灯することとなっている) このOMN5は三船雅彦さんもブルベなどで使用されており、防水性と視認性、そして電池寿命でベストという結論とされている尾灯だ。値段も2000円以下とコスパも優れている。

それと前後とも2本使用している重要な理由は、故障やバッテリー切れで使えなくなった時の予備であり、真っ暗の中で立ち往生を防ぐこともあるが、何より被視認性を高め自分の存在を示して命を守るためである。

宿を訪ねる方を参考にAPIDURAのトツプチューブバッグを買った。これはダンシングでも脚に当たらず、少し重めのわたしの POWER SHOT G7X MⅡでも自立し、防水対応でレース以外いつも付けようかと思っている。もちろん朝走るときも想像以上に寒かったり、急な雨対策に小さくたためるRaphaのBREVET FLYWEIGHT WIND JAKET(これも三船さんお墨付き)を忘れることがないよういつも入れている。






2018924lpIMG_2255.jpg
被視認性を高めるもうひとつが反射ベスト、これがあるとなしでは全然違う夜間走行必須のアイテムだ。それに雲海を見に行った帰りの下りでは防寒にもなり便利この上ない。






2018926lpIMG_2257.jpg
新潟のタネムラさんは2泊でお越しになった
九州は暑いと思ってボトル2本用意してきたら想定外の涼しさで、すぐに一本にして前輪横に装着のツールケースを外して付けられた。博多駅に朝着いて熊本駅から特急バスやまびこ号で阿蘇駅へ、小雨降るなかサイクリングは諦めて自走で12時過ぎに宿に着かれた。自転車はラックに掛け、歩いて内牧温泉の散策は定番いまきん食堂であか牛丼を食べ早々に宿に入られた。

阿蘇の後は長崎方面で2泊されるので、シートバッグはORTLIBの15Lサイズを選ばれたが、これが大き過ぎてもっと荷物を減らしてコンパクトなサイズにすべきと言われていた。フレームバッグはワールドサイクルのオリジナルだそうでペダリングにもあまり干渉しないとのことだった。






2018926lpDSC_3070.jpg
新潟から来られた初日は生憎の雨で、走られたのは阿蘇駅から宿までの7キロのみ。しかし、翌日は早朝ライドを愉しんで一旦宿に帰ると温泉と朝食と休息でエネルギーを充填し、昼前から阿蘇山周辺を走って阿蘇ライドを満喫されたようだった。帰りに日は阿蘇駅からやまびこ号で熊本駅へ、シャトルバスもしくは自走で熊本港へ行かれ、島原から自走で小浜温泉で一泊、その後は長崎市内でもう一泊され長崎空港から帰られたようだ。





2018926lpDSC_8880.jpg
阿蘇神社で25日、秋の収穫に感謝する「田実祭(たのみさい)」が始まり、流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。





2018926lpDSC_8883.jpg
田実祭は国指定の重要無形民俗文化財で、おんだ祭りや火焚き神事などの「阿蘇の農耕祭事」のひとつ。





2018926lpDSC_8898.jpg
神事の後、射手が烏帽子や直垂、行縢「むかばき」の狩衣姿で登場し






2018926lpDSC_8909.jpg
境内に立てられた三つの的を狙って140メートルを疾走




2018926lpDSC_8911.jpg
命中すると紙吹雪が舞う







2018926lpDSC_8953.jpg
写真は大女将さんのお兄さん撮影






pph2018926lpDSC_8989.jpg
140メートル馬に乗って疾走し

的をめがけて矢を放つ・・・

どこで練習されてるんだろう。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/09/27(木) 15:19:56|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨の日も愉しむ自転車乗りのために

2018921lpDSC_3035.jpg
終日雨の日が続いている。
千葉から2泊でお越しのヤマシタさんは、熊本空港から雨のなか自走で来られた。当然びしょ濡れで、そんな時はチェックインする前に浴衣とバスタオルを渡して、即、浴場へ行ってもらうことを定番にしている。濡れたレーパンのまま座って抹茶のサービスもいただけないし、館内の説明なんか頭に入らない、まずは冷えた身体を一刻も早く温めてもらうことが一番である。風呂から上がられたらジャージ類は洗濯機へ入れてもらう。もともと洗濯機は陸上の実業団専用で一般の方には不可だが、自転車の方のジャージ類のみ使ってもらっている。一般客室には浴室がなくジャージを洗うことが出来ないためである。身体は温泉や食事でリフレッシュできても、翌日着るものが濡れていては意気消沈、という理由である。

翌朝も予報通り雨。
しかし、11時にウィンドブレーカーを羽織って元気よく牧の戸峠へ行かれた。気温は22度、山なら20度を切っているだろう。上りはともかく、濡れたまま牧の戸峠からの下りは寒いだろうと思いつつ見送った。






2018921lpDSC_3039.jpg
雨の日は自転車乗りに限らず、観光するにも阿蘇山や大観峰は霧で何も見えず、行くところがなく早く着かれることがある。旅先での過ごし方は人それぞれだが、そんな時に文庫本一冊携えていると、豊かな時間を過ごすことが出来るのではないだろうか。特にひとり旅は新鮮な人との出会いとともに、本の中の新しい世界との出会いも期待できるかも知れない。






2018921lpDSC_3040.jpg
宿にはライブラリーな感じで本を置いている。好みの本や気になっていた本があったら部屋で読まれてもかまわないが、読み終わったら必ず元のところに戻していただきたい。





2018921lpDSC_3060.jpg
大好きな一冊。
最近の新刊以外の本は、宿にお世話になった6年前に自宅から持ってきたもので、以後読了後も全部ではないが持ってきている。以前紹介した「ハリーズ・バー」は、やはり身近なところに置きたかったので持って帰っていたが、みなさんに是非読んでいただきたいと宿で購入してもらった。1931年の創業以来、エリザベス女王やヘミングウェイをはじめ、王侯貴族や芸術家など、様々な有名人たちが通いつめるヴェニスの伝説的なレストランバーの物語で、サービス業において今でも通じる座右の銘がいくつも出てくる玉手箱のような本だ。






2018921lpDSC_3062.jpg
11時にスタートされたヤマシタさんが16時に帰って来られた。ミルクロードからやまなみハイウェイは霧と雨、三愛レストハウスで補給して牧の戸峠へ。登山口の店が開いていたので温かいものを補給し、折り返し凍えながらのダウンヒル。阿蘇神社・門前町を散策して道の駅阿蘇に寄り無事ご機嫌の生還。終日雨の走行の理由は、実はヤマシタさん弱虫ペダルのファンで今回の目的は聖地巡礼。なので達成感のオーラに包まれて、また浴衣とバスタオルを渡して湯舟に直行された。これがあるから雨の日、決断で迷ったときにも走ることが出来る。

翌日はチェックアウト後、阿蘇駅のロッカーに荷物を預けて阿蘇山火口を目指された。帰りは阿蘇駅から熊本~大分を結ぶ特急バスやまびこ号で熊本駅へ行かれ、次の目的地長崎県小浜温泉まで輪行された。







2018922koIMG_2238.jpg
横浜からお越しのタカハシさんは、別府から雨の中やまなみハイウェイを走って夕方遅く到着された。こちらもチェックイン前に温泉直行でジャージは洗濯機へ。それと、お二人とも秘蔵のサービスの濡れたシューズは乾燥機で乾かしてあげた。翌朝はチェックアウト後、荷物を預けてこちらも阿蘇山に行かれ、宿に帰って来られたら温泉で汗を流して阿蘇駅まで車で送ってあげる予定。このようなひとり旅は、ウィークデーのみ予約できるので、有給や長期休暇が取れる仕事をしてお出でになるといい。

また、せっかく自転車旅に行くのなら、休日やお金の算段に加えて、100キロくらい走れる練習をすると旅の範囲も広くなり、雄大な峠や山頂からの景色も楽しめるだろう。また、練習といっても我流でやると効率が悪かったり、身体の一部が痛くなったりすることので、自転車の調整やフォームを見てもらうことが大切ではないかと思う。

わたしの場合は脚が攣ることが多く沖縄市民100kで苦労していた。そこでキノフィットの木下智裕さんに見てもらって「攣りやすいペダリング」を修正してもらい、以後、攣りの苦しみ無しに完走することが出来ている。

さて、来週はハムスタースピン代表・福田昌弘コーチによるセミナーが開催される。効率的な筋肉・体の使い方は、誰にでも平等に実感できるはず、競技者向けというより、目くじら立てないライトな雰囲気の2日間のセミナーだが、1日だけでも受講できるので気軽に参加されたら目から鱗になるやも知れない。申し込み&詳しい情報は道の駅阿蘇のサイトへアクセス、わたしも参加します。

福田昌弘コーチより
「表彰式を目指すためだけのセミナーではありません。どう乗っても身体の一部が痛くなる(腰とか膝など)、筋肉痛が出やすい、というような人には是非参加してほしいです。トラブルがあるとフィティングに答えを求めがちですが、それだけでは解決に繋がりにくい場合が多いです。結局は人間の問題なので、人間の動きを変えないと持続可能な根治は望めません。」








FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/09/22(土) 12:55:22|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早朝の阿蘇山頂


2018917lpMG_2189.jpg
カルキさんのBBQ BAR 「BUTCHER-K」が
最近のサイクルイベント打ち上げの定番。
走った後はやっぱりガッツリと肉だし
それもとろけるような霜降肉よりも
噛みごたえがある赤身の肉が断然いい。
カルキさんがここで出してくれるのは
一定期間熟成された赤身肉の塊
なので贅沢な厚さにカットも出来て
噛めば熟成された旨味が炭火の香りとともに
口いっぱいに広がってくる。







2018917lpIMG_2188.jpg
この日はRapha womens100のみなさん
会場の手伝いを兼ねたつもりで行ったが
結局、久し振りにお会いする皆さんと
話しが盛り上がって、終わった




2018917lpIMG_2190.jpg
BBQ BAR 「BUTCHER-K」は
カルキさん宅の車庫を改装したもので
自作のバーカウンターをセットした秘密基地であり
店舗として営業しているわけではない





2018917lpIMG_2191.jpg
BBQ BAR 「BUTCHER-K」のソフトドリンク
やかんの麦茶






2018917lpIMG_2193.jpg
一次会終了





2018917lpIMG_2202.jpg
隣にカルキさんの本物のギター部屋を兼ねたバーがあり
残ったみなさんを案内したらギターに目がいって
急きょ、BBQ BAR で演奏してもらった





2018917lpIMG_2204.jpg
聞き惚れる演奏
スタインバーガータイプも似合うカルキさん
23時を回って二次会終了





2018917lpIMG_6002.jpg
翌朝は7時前に道の駅阿蘇をスタートし
坊中線で15.2キロ先の阿蘇山頂を目指した
この時間は観光客の車やバスも通らず快適
鳥の声を聴きながら平均勾配4.1%を登り
樹木を抜けると開けた朝陽に輝く草原になり
目の前に高岳、根子岳がそびえる
このポイントが一番阿蘇らしくて好きだ





2018917lpIMG_6024.jpg
草原で一夜を過ごした放牧の牛が
農家の方が作った特製の味噌など
草原では得られない塩分等を
やりに来られるの知って集まってくる




2018917lpIMG_6005.jpg
上るにつれ霧が出てきて
草千里では視界がなくそのまま通過し阿蘇山頂へ
8時に到着すると普段は外国人観光客で目立たない
登山スタイルの方が多かった
火口までの登山道路は濃霧のため閉鎖
まだ火口見学が解禁されて一度も見ていない

寒気がしてきたと思ったら気温は15度
体が冷えないうちに早々に下山する





2018917lpIMG_6016.jpg
8時を過ぎると下から登ってくる車やバイクが多くなった
逆に下る車両はないのでダウンヒルが気持ちいい





2018917lpIMG_6021.jpg
阿蘇山頂を自転車で楽しむなら
早朝を登って
8時過ぎには下るようにするのがベストだろう





2018917lpIMG_6022.jpg
農家の人の餌やりに集まっていた馬は
野性馬のように逞しく美しかった
たてがみには朝日が当たって
金色に輝いていた

霧があったり、小雨がぱらついたり
山だけに天候は七変化するが
準備を整えて山頂を目指せば
このいうな素晴らしい一瞬の光景を
目の当りにすることが出来る
次に阿蘇に泊まったときも
早朝もう一度挑戦してみよう




FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/09/17(月) 16:06:28|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: