FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

枯野の草原を走ってきた

22019214lpIMG_0289.jpg
サイクルスポーツ誌の牧野ライドの取材と、道の駅阿蘇(ASO田園空間博物館)が主催する牧野ライドの動画撮影を兼ねて、阿蘇市一の宮坂梨地区内阿蘇北外輪山の東部滝室坂と、箱石峠の間に位置する町古閑牧野を走ってきた。





2019214koIMG_0233.jpg
枯野の草原を走る牧野ライドは、専門の講習を受講したガイドのもと、トレッキングや自転車により参加できるアクティビティだ。今回はMTBツアーを主催し、牧野ライドも商品化しているトリムカンパニーの橋本君のツアーに参加する形での取材となった。橋本君の牧野ライドには、単に延々と広い牧野を走るだけではなく、このようなテントを張って、そこをベースに走ったり、休憩したり、予備の荷物を置いたりできるツアーもあってピクニック気分でも楽しめた。







2019214lpIMG_0237.jpg
ツアーにはいろんなものもあるそうだが、この日は淹れたてのコーヒも楽しめるもので、地元ひばり工房のサンドイッチと豆の木さんのパンやパネトーネは道の駅阿蘇さんから手配してもらっていた。単に走るだけではなく、大自然の中でこのような休憩するスポットに飲み物や食べ物があると、より充実して牧野を満喫することが出来る。ただし、飲食物等のゴミの持ち帰りは当然ながら、ラップやレジ袋等は放牧の牛馬が牧草と一緒に誤食する場合があるので風に飛ばされないよう注意が必要。そのようなことから牧野内は研修を受けたガイド付きでないと立ち入ることは出来ない。また、立ち入る際にはガイドが石灰を持参しているので、家畜伝染病の予防のため靴と自転車のタイヤを念入りに消毒しなくてはならない。





2019214koIMG_0244.jpg
では、牧野ライドスタート。
最初は広々とした丘陵地で放し飼いの気分を味わう。サイスポの栗山さんとカメラマンさんは、トリムカンパニーのレンタルMTBで参加。わたしも枯野の時期の牧野は初体験だったので、無心に50年前にタイムスリップして悪ガキになりきり走り回った。

ここは農耕車で草を刈って、そのまま白いビニールに丸めて飼料として保存するための360度視界を妨げるものがない採草地と言われるところだ。なのでフラットだったり緩やかな斜面があったりと自転車で愉しむにはちょうどいい。機械が入れないや急な斜面には茅(カヤ)が生い茂り立ち入りは困難だ。






2019214lpIMG_0248.jpg
続いて尾根沿いの野焼きの延焼を防ぐための
「輪地切り」と言って、茅を刈られたところを走る
アップダウンのスリル感がたまらない





2019214lplpIMG_0276.jpg
一旦、テントを張ったところに集合して
補給後次のエリアへ






2019lpIMG_0246.jpg
途中、橋本君が茅(カヤ)を刈っている人を発見、事前に京都から茅を取りに来ている人がいると聞いていたのでその旨尋ねるとまさにその方だった。茅は主にススキを指し、茎の部分に油分があるので耐水性が高く屋根材に使われる。茅葺屋根と言えばピンとくるが、上質な茅は毎年火を入れたところのものでないと使えず全国でも阿蘇の茅が有名とのこと。それでわざわざ京都から来られていた。




2019214lpIMG_0251.jpg
こちらは町古閑牧野の農家さんが茅を収穫されていた。





2019214lpIMG_0255.jpg
太さと、長さの、規定サイズのススキのみを束にされるのはたいへんな重労働、加えて乾燥した状態の時しか収穫が出来ず、3月には野焼きがあるのでそれまでの期間が勝負とのこと。





2019215koIMG_0272.jpg
続いて上級者向けエリアへ
見本は橋本君
斜面を勢いよく下って






2019214lpIMG_0266.jpg
最後の難関を向かえ






2019214koG_0267.jpg
クリアするか・・・







2019214lpIMG_0275.jpg
大回転で爆笑!

草原は柔らかい地面なので
めったに怪我することもないが
ヘルメットとグローブは必須





2019214lpIMG_0294.jpg
いろんなコースを案内してもらい
日没の時間が近づいてきたので
夕陽が見れるスポットに移動







2019214lpIMG_0305.jpg
色が抜けた草原が夕陽を浴びて黄金色に輝く







2019214lpIMG_0299.jpg
ファットバイクとノーマルのMTBの
いいところ取りのセミファットバイクバイクは
タイヤの太さを生かしたグリップ力で
大いに牧野ライドを楽しめた





2019214koG_0302.jpg
最後のステージは根子岳に向かってのダウンヒル
人影の先にはコブのようなジャンプ台があり
夕陽に浮かぶ絶妙なジャンプが
奇跡のような写真を生み出したよう
近日発売のサイスポをお楽しみに





20190214lpIMG_0310.jpg
打ち上げBBQはカルキバー
そう言えば今年始めて






2019214lpIMG_0307.jpg
お肉屋さんのブッチャーKことカルキさんの自宅には、屋根付きのスペースや離れのバーもあって、BBQをしたり、カルキさんのプロさながらのギター演奏を楽しめのがカルキバーだ。しかし、これは営業しているわけではなく、自転車仲間だけの隠れ家であり、そこでは上質なこだわりの肉とカルキさんの魅力に浸ることができる。





2019214lpIMG_0309.jpg
BBQのほかに開催の度にプログラムがあって





2019214lpIMG_0311.jpg
今回は中抜きの丸鶏







2019214koIMG_0312.jpg
丸鶏のさばき方講習
二種類の包丁で巧みに部位別に分けられる
一匹からは手羽は2本だけ
ささ身もたったこれだけというくらい小さく
せせりにいたっては串一本か二本だけ
ぼんじりも希少品
そんな食育の場でもあり
部位ごとに丸ごと一羽堪能した






2019214lpIMG_0301.jpg
夕方のゴールデンタイムまで、見て、走って、笑って、ころげて、阿蘇の大自然と遊んだ。コースは力量に応じて楽しめるので初心者でも安心であり、現在ではここ以外にもう一箇所走れるようになっており、エリアを拡大される予定だ。
何度も言うが牧野ライドはガイドの同行が必須で、MTBガイドは地元のトリムカンパニーさんや大藪サイクルさん、福岡では正屋さん、大分はオールウェイズバイシクルズさんがされている。トレイルウォーキングもガイドさんがいらして、詳しくはこちらをどうぞ







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/02/14(木) 17:52:57|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RIDE AID in ASO

20190201MX-2630FN_20190201_.jpg
Papicrossさんがサイクリストによる復興支援 『RIDE AID project』 を始動され、その第1弾として熊本地震をテーマに 『RIDE AID in ASO』 を企画された。熊本地震以降、熊本と大分を結ぶ豊肥本線は、肥後大津~阿蘇間は不通のままであり、国道57号線もまだ迂回路利用で観光への影響、特に外国人集客についてのダメージは依然として続いている。このような状況のなか、一人でも多くの方が阿蘇にお越し頂くことはとてもありがたいことで、自分に出来ることだったら可能な限りお手伝するつもりだ。またイベントの内容はとても濃厚なので下記のサイトを参照の程。

RIDE AID in ASOの総合案内
https://www.facebook.com/papicross55/posts/356227848294885

Papicross
https://ja-jp.facebook.com/papicross55/

RIDE AID in ASOのエントリーサイト
https://goo.gl/forms/HwXIl5FuiBnonTb22

ライドコース案内
https://www.facebook.com/papicross55/posts/363277667589903

ゲストライダー
神楽坂 つむり さん
国内外問わず自転車で訪れ、ロードバイク、グラベルロード、マウンテンバイクなど、多様なジャンルでの自転車旅を楽しむ方。
つむりの悠々自適ライフ
http://tsumuri5.com

ゲストライダー
おおや ようこ さん
ヨガインストラクター。サイクリストの特徴やニーズに合わせた『サイクリストヨガ』を考案。東京都内を中心に各地で定期開催中。イベント登壇や自転車情報誌掲載、プロ自転車選手へのヨガ指導も行なっている。また、『チャリダー★ 』内で結成されたユニット「坂バカ女子部」のリーダーとして、日本各地のヒルクライム大会に参戦。現在はライターとしてサイクルスポーツなどで連載をもちながら、Youtubeにて動画を通して自転車の魅力を発信している。
おおや ようこの自転車×ヨガ
http://www.oyayoko.com

蘇山郷 4月14日宿泊プランのご案内
https://www.facebook.com/papicross55/posts/362760064308330
  





2019207koMG_2605.jpg
アルプスの続編
児童向けの童話シリーズということだが
普通に北イタリアの森ににトリップできる大人の一冊






2019204lpIMG_2606.jpg
猟犬を使ったウサギ猟の場面は
昔、自分も父に連れて行ってもらっていたので
ページをめくる度にハラハラドキドキで
吠えながら追う犬の迫力と賢さと
可愛さが懐かしく伝わってきた

コジュケイや山鳩、雉猟もよく連れていってもらった
銃は水平2連のウィンチェスターの散弾銃で
彫刻が鮮やかで惚れぼれしていた






20190204koIMG_2600.jpg
山に入ると野鳥の鳴き声も愉しみだった
人と同じように上手下手があって
たまに流暢さが欠ける父とよく笑った
獲物次第では崖を登り降りするので
「ここで待っていなさい」と一人になると
急に寂しく物音に敏感になって怖かった






2019204koMX-2630FN_20190204.jpg
まったく理解できない文字
海外旅行に来てもドリルを持って
子供さんに勉強させるのは
もしくは
子供さんが勉強したがるのは
日本もそうだけど旅先までというのは
アジアや欧州のお客さんでは
見たことがなかった
たまたまかも知れないが
どこの国かと言うと







20190206koIMG_0196.jpg
タイ
成長してる国だから
子供の教育にも熱心なんだろう
ところで足し算引き算を習う時期に
大なり小なりの「<」 「>」不等号も
この頃習ったかな
もう少し先だったような記憶だが
これもお国柄の違いなんだろうか






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/02/06(水) 17:46:33|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乗らない冬眠謳歌中

2019118lpDSC_3179.jpg
『帰れない山』 パオロ・コニェッティ著
ミラノ生まれの著者は、幼い頃から父親と登山に親しみ、現在は1年の半分をアルプス山麓で、残りをミラノで過ごしながら執筆活動を続けている。イタリア文学界の最高峰ストレーガ賞受賞、メディシス賞外国小説部門、英国PEN翻訳小説賞を受賞した国際的ベストセラーとなったこの本の舞台は、北イタリア、モンテローザ山麓で二人の少年が山を通じて成長してゆく感動の物語だ。

モンテローザといえば、昨年ジロ第20ステージのゴールとなるチェルヴィニア(マッターホルン)まで自走したすぐ近くの山なので親近感が湧いたのも購入の理由。加えて文中には、「少年の両親が育ったヴェネト州、人生で最初の登山も初恋もすべてドロミーティ山群だった。二人の会話にはそんな峰々の名前が随所に織り込まれいた。カティナッチョ、サッソルンゴ、トファーネ、マルモラーダ・・・」と、一昨年ジロに行ってドロミテ山塊(ドロミーティ山群)を走り回って来た。ドロミテは世界遺産にも登録された北部イタリアの名所でスイスとオーストリアに近く標高3000m以上のアルプスの山が18峰もあり例年ジロの山岳コースとなっている。その勇壮な山々、爽やかな風、牧草の匂い、教会の鐘の音、川のせせらぎ、などなど小説に出てくる風景はとても親しみのあるもので、わたしの旅の記憶が活字となって呼び覚ましてくれるのだから買わないわけにはいかない。全部読んだら宿のライブラリーに加えることにしよう。





22019119lpIMG_5448.jpg
御存知マッターホルン、
イタリア語ではチェルヴィニア。
マッターホルンの右後方に位置するのがモンテローザ、
イタリア語で薔薇の山。
夕日で赤く染まることからこの名がついた。







2019119lpIMG_3493.jpg
コルヴァラの北にそびえるドロミテ山塊、サッソンガー山の壮大な景色。
ドロミテはアクセスのしやすく舗装された道はロードで、山を縫うように白い砂利が敷かれた幅50cmの道はマウンテンバイクで楽しめる。山歩きではヨーロッパならではのハイキングルートがいたるところに整備され緩やかな坂道を短時間で上ることができる。またドロミテ山塊の有名処にはロープウェイも運行しているため絶景ポイントまで楽に到達することができる。あとは何といってもスキーの本場であることだろう。






2019119lpG_3772.jpg
ジロのコースの常連、ジアウ峠は北側から上った。後ろの山はグセラ峰。ステルヴィオ峠、ガルデナ峠、そしてジアウ峠もe-bikeに乗った友子さんと初めて峠道を一緒に走ることができた。これがe-bikeの素晴らしいところである。年配の方や女性、それに脚を痛めた方にも20キロ・30キロ続く峠を上ることができる。これが一昨年と昨年ジロに行って、見て、体験したe-bikeというユニバーサルな乗り物である。






2019119MX-2630FN_20190115_0.jpg
今年2回目となるカルキさんのヒルクライムレース
なぜ16時スタートかと言うと
この時期は阿蘇山に登る車が多いため
少なくなる時間帯を選んだという地元ならではの選択
スタートは坊中線の民家が終わったところからで
ゴールは米塚から上ってきた298線と合流する地点
そこから先は見通しが悪くて
勾配がきつくカーブも多く危険なため
ゴールしたらカルキ亭まで下り
特製カレー食べながら表彰式






20191119lpIMG_0153.jpg
宿の使わなくなった大広間のステージに
3本ローラーとCLX
結婚してアパート住まいの息子の部屋に
固定ローラーにシートポストを上げた友子さんのArte
そして嫁いだ娘の部屋には
GT-ROLLER F3.2 にM10
いずれも鑑賞するだけで乗らない

どこかでメモったこと。
「トゥゲザー・アンド・アローン(Together and alone)、積極的に周りの人々付き合い(トゥゲザー)ながら孤独(アローン)でいること。人間関係と孤独は両立できる。コーラスをイメージするといいかもしれない。他者のメロディーに流されてしまうと合唱は成立しない。個々の旋律の総和が美しいメロディーを生んでいる。日本語で言えば「和して同せず」、他人と触れ合うなかで、自分が唯一の個性なのだと感じる。ここに真の「孤独」が生まれる。独りでいるのは「孤立」であり「孤独」ではない。日本人は本来、深く孤独を愛する民族だった。平安から鎌倉にかけて貴族階級では”隠遁」が流行し、将来を嘱望された逸材が世捨て人、風流人となって独りで気ままに生きていたのだ。「孤独な生き方をする人」は当時、人びとの憧れだった・・・」すでに嘱望の時期は過ぎ、誰からも憧れられはしないが真の孤独は性に合っている。ロードバイクも独りで走るのが好きだが、寒い時期は修行の域で身体にも悪そう、なので朝は5時半に起きてるけど乗らない冬眠をまだまだ謳歌中。







FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/01/19(土) 18:17:12|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草原の中を走る~2箇所目の牧野調査

20191011koIMG_0125.jpg
阿蘇北外輪山の東部の滝室坂と箱石峠の間に位置する町古閑牧野に続いて、牧野内の立ち入り許可(自転車・歩き)が検討されている下荻の草牧野の調査に同行してきた。場所は大津・菊池方面からのミルクロードをやまなみハイウェイに出て、九重方面に3キロ行った道沿いのうどん屋が境界が含まれ、交通の便と食事や休憩にとても便利なところだ。






lp101120190108_012857308_iO.jpg
牧野内の立ち入りには口蹄疫予防のため自転車のタイヤは石灰による消毒が必須である。







lp101120190108_013223002_iO.jpg
スタートしてしばらくは一切視界をさえぎるものがない。
フラットな未舗装路の牧野道は
心地良さが体の芯から湧き出て、
仲間と並走して走ったり、
左右構わず路肩を乗り上げたり、
思わず子供のようにふざけることが出来る。





lp101120190108_013704006_iO.jpg
しばらく走ると大根畑が広がり、ごく稀に通る農耕車の往来はここまでで、その先は野焼きされたまま草は刈られておらず牧野道は使われていない。ということは自転車遊び放題である。わたしたちは草をかき分けこのまま進んだが(これもまた楽しい)、許可が下りたら主催する道の駅阿蘇さんが整備される予定だ。






2019109koIMG_0124.jpg








lplplp2019109koIMG_0126.jpg







2019109koIMG_0128.jpg
阿蘇・くじゅうを拠点に、山道を得意としたサイクルツアーを提供するトリムカンパニーの橋本君にも手応え十分の牧野道だったようだ。専門家の視点でコースも検討された。







2019109koIMG_0129.jpg
牧野を下るとやまなみハイウェイと南小国を結ぶ県道40号沿いの下荻の草集落に出た。
ここはほとんど車も通らず、人も見受けられない寒村であり、何もないと言えば何もなく、見方を変えれば昭和の薫りがいたるところに残されている。







2019109koIMG_0130.jpg
鉄製のポールで作られたこの囲いみたいなものは牛や馬をつなぎ止めるもので、すぐ横にはお宮があることから、参拝したあとに草原で草を食べさせたり、もしかしたら牛馬を売りに行くためお参りしたのだろうか、想像は尽きない。
地元の高齢者の話によると、子供の頃に親や祖父母に連れられて、この道を歩いて先程走った牧野道を進むと現在の木落牧場に出て、国造神社や阿蘇神社へ参拝に行っていたと言われていた。となると南阿蘇と阿蘇神社を結ぶ日ノ尾峠と同じく、国道等ない頃の巡礼の道であり貴重な生活道だったのかも知れない。移動手段が徒歩だったことから地図上からはいずれも最短なルートでもある。







20191012lpIMG_0134.jpg
うどん屋で昼食のあとは橋本君のお客さんのツアーに参加させてもらい黒川温泉方面へMTBを車載し移動した。
ツアーには山までバイクを車で運んでもらうプランと、橋本君と一緒に自走で山に上ってダウンヒルを楽しむプランがある。この日は自走でいい運動になった。






2019109lpIMG_0136.jpg
山の中でのチェーン切れ、これも当然想定内、数分で修理完了のトリムカンパニーのツアー。







lp101120190108_020044586_iO.jpg
下荻の草牧野はフラットなコースだけでなく、こんなところもあって楽しめる。加えて年間通して立ち入りことが出来るが、町古閑牧野と同じくASO田園空間博物館よりこの地専用のガイド講習会を受講し、下荻の草牧野組合長より認定を受けたガイドの案内が条件だ。参加料の一部は牧野組合へ使用料として支払われ、野焼き等の費用となり草原再生の資金となる。年々縮小している草原のために牧野を走ってみてはどうだろうか。道の駅阿蘇からエントリー受付中で、草原ライドのほかに草原トレイルウォークもあるので自転車なしでも楽しむことが出来る。詳しくはこちらをどうぞ。https://www.aso-denku.jp/bokuyaguide/








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/01/12(土) 17:18:41|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年最後のブログ

20181226koDSC_3175.jpg
今年最後の宿の新刊はこの二冊。

「挑戦するフォトグラファー」は砂田弓弦さんの30年間のイタリアでの歩みをまとめられた自転車乗りにはおすすめの一冊。
大学1年の時に立川の「なるしまフレンド」の方から、『自転車競技の本場はヨーロッパ』の一言で1985年2月イタリアに行き、クラブチームに入るも体調を崩して秋に帰国。その体験談を自転車雑誌に寄稿し、以後イタリアで自転車レースの取材を職業とすることを決意。大学卒業の1989年、自転車の代わりにカメラとワープロ持参でイタリアへ渡り、日本人初のサイクルフォトグラファーとしての苦労と現在に至るまでの貴重な体験が書かれている。

2017年、ツール・ド・フランスには選手・スタッフ・メディア・広告など4500人が一団となって移動し、その車両は約2000台、このうちジャーナリストは1700人で、フォトグラファーは300人の登録があり所属するエージェントだけでも100社。オートバイに乗って撮影するフォトグラファーの制限数は12台で世界の有名通信社であるAFPやAP、ロイター、さらには新聞社ですぐにその枠は埋まってしまう。2018年現在、大手エージェントに所属しない個人フォトグラファーでオートバイに乗って撮影できいるのは砂田さんだけで、イタリアに渡り16年後に仕事が認められとうとう夢を達成された。

以前、J SPORTSで白戸太朗さんだったか、新人選手の呼び名については砂田さんに相談しているという話を聞いたことがある。ところがNHKでツール・ド・フランスの特集があった際には、「ファビアン・カンチェラーラ」を「ファビアン・カンセララ」、「ロビー・マキュアン」を「ロビー・マクユーイン」などなどすでに一般的になった呼称なのに独自に解釈されて笑ったことがある。この本に砂田さんは、ジョス(ジオス)、ヴィリエール(ウィリエール)、コルナーゴ(コルナゴ)、チネッリ(チネリ)と現地の発音をそのままカタカナ表記されており、外国の方と話す際にはこのように発音しないと伝わらないので要注意だ。



「Haruki Murakami を読んでいるときに我々が読んでいる者たち」はまだ読んでいないので裏表紙の内容紹介を抜粋。
『村上春樹は、いまや世界で最も広く読まれている日本人小説家である。その世界的な人気の背景には、英語圏---とりわけアメリカ---での成功がある。日本文学の英訳の多くが政府や文化機関の支援を受け、限られた読者(主に日本研究者など)を対象に刊行されてきたなか、村上作品はアメリカの文芸出版の権威であるクノップフや「ニューヨーカー」などの出版社・雑誌から世に送り出され、大勢の読者を獲得し、多くの同世代作家に影響を与えている・・・・・中略
「ねじまき島クロニカル」での世界へのブレイクスルーまでの道のりを後押しした、個性あふれる30余名の人々との対話、そして村上本人へのインタビューをもとに、世界作家Haruki Murakami が生まれるまでのストーリーを追う。』


日本で最初のノーベル賞作家の川端康成は「一人旅はあらゆる点で私の創作の家である」と言葉を残した。そして、「私の小説の大半は旅先で書いたものだ。風景は私に創作のヒントを与えるばかりでなく、気分の統一を与える。宿屋の一室に座ると一切忘れて、空想に新鮮な力が湧く」と、一人旅の良さを語っている。貴方の書斎は旅先にあり、物書きでなくとも気分一新できる温泉旅をこれからもお勧めすべく、宿の蔵書を増やしてみなさんをお迎えしたい。





20181226koDSC_2947.jpg
作家の下重暁子さんが文藝春秋12月号の「孤独のすすめ」という特集に「群れない時間を過ごすための十冊」のタイトルで寄稿されている。その中で「孤独の友」といえばなんといっても読書であり、孤独を楽しむための本は二種類あって、「ますます孤独のどん底につき落としてくれるような本」と、「和やかに孤独を慰めてくれる本」であり、この両方を読むことが大切と書かれている。

サイクリングも一人で走る場合は「孤独の友」であろう。一人で走ることが多いわたしの場合は、天気が荒れたりすると孤独のどん底につき落とされるときもある。しかし、大げさながらも無事生還したときの達成感は得難い感動でもある。また、孤独を慰めてくれるかのような穏やかな天気や、素晴らしい景色に遭遇したときは、幸福な気持ちにさせてくれるのも一人で走るサイクリングの魅力である。難度の高いコースや追い込めるようなイベント、それと走りやすくて楽しめるコースの両方を組み合わせると、末永くサイクリングを楽しめるのではないかと今年還暦(終焉の兆しの第一歩)を迎えて思った。







20181229lpIMG_0093.jpg
土橋さんで新しい年の準備完了。

来年の天草サイクルは息子の結婚式と重なり参加できず
今のところ初イベントは4月のオートポリスの予定。

今年は生まれて初めて入院(眼科)を経験した
担当医の院長さんが自転車乗りでとても良くしてもらった
その病院には合唱部があって
なんと顧問を福島雄二さんがされており
思わぬところでの面会となった。

今年も自転車を通じて
多くのみなさんとお会いすることができた
来年も準備を整えて新たな挑戦と
素晴らしい出会いを愉しみにしている

来年もみなさんに付いて行けるよう
練習しますのでどうぞよろしくお願い致します。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---




  1. 2018/12/31(月) 15:16:13|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: