コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

ツール・ド・沖縄 2017 其のニ レース編

tdo20171117IMG_4658.jpg
4時40分起床
5時00分朝食
5時45分自走にて出発、オクマリゾートにてシャトルバス乗車
奥到着、3時間以上の待機
共同販売所にて1本から計り売りのバナナを買う、1本購入36円也

レース補給食
水ボトル2本(750ml + 500ml)
メイタンとカフェインプラス各2本をフラスコへ
2Run2袋
スポーツようかん1本
キッズ店おすすめのVESPA SPORTS 1袋
エンライテン4カセット






tda20171117IMG_4661.jpg
210kmが通過したあと100キロレースの3つのカテゴリーがスタートする
国際女子 9時46分スタート
アンダー39 10時11分スタート
そしてオーバー40が10時18分スタート
足切りの関門時間は同じだがこれがルールだから仕方ない






tdo20171117IMG_4678.jpg
奥の登りをクリアし海岸線は20名くらいの集団で走った。与那の登りの手前の緩やかなカーブで前に出ろうとしたら、沖縄のチームジャージの方から静止され、「???」と、思った先に集団落車があっており難を逃れることができた。登りは大城店長に言わた通り軽いギアで回して後半の連続するアップダウンに備えた。下りは得意じゃないし危ないので追い越され、上りは追い越すパターンで関門を過ぎていった。安部の足切り関門13時35分は、24分残した13時11分に通過、いい感じの集団だったので絶対千切れないよう走った。

危険な走りをする人があり、「ヒヤッ!」とした場面で、「あの人さっきから割り込んで来るので近寄らないがいいですよ」と集団のひとりにアドバイスを受けた。あと、何度か「この坂あとどのくらいありますか?」とか、そう言えば国際女子のスタートの時は「キッズさん、これ処分してください」とラップに包まれた食べかけのおにぎりを差し出された。キッズジャージを着ているとそれだけ地元として信頼されているところがわかった。あと応援も熱かったが、その前を通り過ぎると、知らない顔を見て「あれ誰?」みたいな雰囲気も面白かった。






tdo20171117IMG_4663.jpg
もちろんこれには鳥肌モノの最大のパワーをいただいた。
UCIのチャンピンロードレース210kmがライブストリーミングされたが開始から2時間10分あたりに写されていた。

https://freshlive.tv/cycling/166078






tdo20171117IMG_4681.jpg
ツール・ド沖縄の魅力は、公道を封鎖して走れるレースであり、なかでも100km、140km、210kmのカテゴリーの最後の関門川上から沖縄本島を縦断する国道58号に出てゴールするまでの区間は、海岸線や森の中の景色から一変し、3車線の堂々たる道を走ることができる。ただし、ここに来るまでにはバイクトラブルや落車事故、体調不良などで制限時間内に関門を突破できない人も多い。わたしも集団内で何度か落車を目の当たりにした。ちょっとしたはずみに斜行し、それが原因でバランスを失い身体をアスファルトに叩きつけられ、自転車は宙に舞い、後続が次々に将棋倒しのように崩れてゆく。下りのコーナーでは落車して座り込む選手やエマージェンシーシートで身を包む人も多く見た。途中一緒だったキッズの吉田君はコーナを曲がりきれず藪に突っ込んだが大事に至らなかったものの川上の関門で終わった。

そのような事故にも遭わず、幸運に足攣りも予兆だけで終わり、自分の力を最大限に発揮することが出来た。キッズメンバーの沿道の応援や走りながら選手の方の声掛け、それに伊佐さんの熱い元気付け、最後の難関の羽地ダムでの大城店長ほかみなさんの熱い声援も挫けずに挑むことが出来た大きな要因でもあった。

最後の川上関門を拍手で送ってもらい国道58号、ゴールまでのレッドカーペットに踏み込み、完走した。







tdo20171117IMG_4667.jpg
3時間42分
昨年より1分54秒短縮
完走率69.1%
平均時速26.98km

サイクルスポーツをやっている時は
「自分」以外の「もう一人の自分」になれる
その複眼的な視線により
二人の自分が天秤のように揺れ動くところがいい
来年、いつのまにか還暦を迎える自分だが
もう一人の自分は少年のままだと思う

沖縄から帰ってきて今日で4日目
自転車はまだ輪行袋に入ったままだ
そろそろ、もう一人の自分が退屈してきたのか
明日は竜門ダムの朝練に行こうかと思っている

自分の心安らぐ場所は・・・
自宅の居間と
会社のデスクと
サドルの上
これに間違いない





FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


スポンサーサイト
  1. 2017/11/18(土) 11:28:46|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツール・ド・沖縄 2017 其の一

20171115tdaIMG_4615.jpg
5回目の挑戦となるツール・ド・沖縄市民レース100kmに行ってきた。
那覇空港に着くとレンタカー会社の送迎バスでフジレンタカーへ行った。この店の隣がいつもお世話になっているバイスクルキッズさんなのでとても便利だ。今回はガソリン満タン返しが不要のプランで3日間9000円と安くて時間も節約できた。輪行袋から自転車を出すと左のブランケットが内側に曲がっており他にも異常が無いか大城店長に点検してもらった。






20171115tdaIMG_4616.jpg
取り置きしてもらっていた店のカレンダーをいただき、阿蘇遠征に来られたキッズメンバーの忘れ物を預けた。輪行袋を店に置かせてもらって今日から2泊する国頭村のやんばるくいな荘を目指した。途中、道の駅おおぎみで島の果物を自宅と友人宅に送り、
自分用には食べ頃のドラゴンフルーツがあったの買ってみた。

宿に着くと荷物の仕分けをした。明日は名護で受付したあとレンタカーは駐車したままになるので、2日間の身の回りの品と明日朝走るジャージや本番に必要な物以外は車に載せたままが荷物が少なくていい。いつもはこのあと名護から国頭村の宿まで35キロ自走するのだが今回は沖縄の自転車仲間が送ってくれる。

レースは沖縄本島の真ん中あたりにある名護がゴールでスタートは北端の奥。宿から2キロ自走し、オクマリゾートホテルのシャトル発着場で名護で受取る荷物と、奥まで運んでもらう自転車をトラックに預ける。スタートまでの補給食や防寒着等持参しシャトルバスに乗り込み27キロ先の奥へ、着いたら3時間以上の待機時間をやり過ごす。スタート直前に不要な物を預けてゴールしたらそれぞれ預けた荷物を受け取り、名護の港に置いているレンタカーに乗るというかなり面倒なスケジュールとなる。






20171115tdaIMG_4618.jpg
夕食のうな丼は美味かった
豚肉と冬瓜のソーキ汁も滲みた
カンパチの刺し身とオリオンビールの組み合わせも絶品
夕方は蝉の鳴き声、少し暗くなると虫の音
国頭村の静かな星が見える夜
やんばるくいな荘はタイムスリップしたような沖縄が愉しめる






20171115tdaIMG_4621.jpg
部屋に戻って夜風に涼みながら
たっぷり絞ったシークワーサーの残波で一杯
肴は女将さんから頂いたパパイヤイリチー
共同販売所で買ったチラガーなんぞもわるくはない
ドラゴンフルーツはこの日は眺めるだけにした






20171116koIMG_4630.jpg
翌朝5時30分、真っ暗な中、奥まで往復50キロのサイクリング
沖縄本島を縦断する国道58号線はちょっと行くと街灯もない
ここで失敗したのは、ライトをいつも使っているVOLT800ではなく
まだ自転車に慣れないとき買ったVOLT100を持ってきてしまった
これでは薄暗くてほとんど道路状況が判らず
明るくなるまでゆっくりと走った
本番前に危ないことはしたくなかったが・・・

磯のにおいがしない海岸線
鳥が住みついて鳴き声がする明々としたトンネル
仕事の準備をはじめたお年寄り
徐々に明るくなって海が見えてきた
雲は黒くて赤くて黄色くて、なんか不気味な感じだった
海の遠くを見ながらスピードを上げた
叫びたくなるほど気持ちがよかった
阿蘇だったら早朝のミルクロードか坊中線のダウンヒルのよう






20171115tdaIMG_4625.jpg
海岸線から畑の平地になり、やんばるの森へ入る
車も通らず野鳥の声が森にこだまするだけ
ヤンバルクイナかノグチゲラに遭遇するのか
そんな期待をしながら濡れた路面に注意し下り続ける





20171115tdaIMG_0471.jpg
奥のスタート地点に到着
明日になると700名以上の選手で賑わうこの地に
今朝は誰もいない
写真を一枚撮って宿の朝食に間に合うよう帰った






20171115tdaIMG_0473.jpg
今年は見やすいよう関門の足切り時間と距離をフレームに貼り付けた

与 那  22.0km 11時30分
普久川 33.7km 12時00分
宮 城  61.0km 12時50分
安 部  83.3km 13時35分
川 上 100.6km 14時00分

スタート時間は210kmの選手通過後の10時15分頃
名護のゴールまで107.7km
給水ポイントの慶佐次まで65km
平均時速の目標は27km





20171115tdaIMG_0478.jpg
7時30分過ぎに宿へ到着
ジャージ類を洗濯機に放り込んで
シャワーを浴びたら国頭村のお母さんの朝食
待ってましたと湯気が立ち昇るご飯と味噌汁がたまらない
ご飯はけっして新米のような味ではないが、美味しい
2杯めは卵ご飯にしてかき込んでご馳走さま





45622IMG_3604.jpg
名護で仲間たち落ち合い安田さんの案内でオリオンビール工場へ




20171115tdaIMG_3588.jpg
歴史と製法を学びオリオンビール格上げ
工場見学の最後は出来たて生ビールとクラフトビールの試飲
クラフトビールが印象的な飲み心地だった




20171115tdaIMG_0485.jpg
名護市屋内運動場で受付を済まして




20171115tdaIMG_4646.jpg
ひがし食堂で昼食






20171115tdaIMG_4647.jpg
上段が食事のメニュで
下段がかき氷(ぜんざい=かき氷)





20171115tdaIMG_4649.jpg
ラーメン丼で盛られたのは
沖縄風ちゃんぽんで具材の下はご飯




20171115tdaIMG_4650.jpg
安田さんは別メニュ表にあった「たまごやき」を注文





20171115tdaIMG_4652.jpg
わたしは沖縄に来て初めてのそば
出汁が旨い!
人気店らしくみるみる行列ができていた

安田さんに国頭村まで送ってもらって
わたしと高巣さんはやんばるくいな荘へ
井上くんはすぐ近くのホテル国頭へ
岩本くんはここから自走で奥の民宿へ
それぞれ別れて明日のスタートの準備に取り掛かった





20171115tdaIMG_4656.jpg
大城店長も来られて8名の夕食
明日のこともあるので
やや静かに、穏やかに過ごした

其のニへ続く




FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/11/16(木) 12:18:18|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完走を目標に沖縄へ

20171109komDSC_2662.jpg
地元ラジオの生放送に出演したが
立ちごけの落車のようだった
誰も見ていない(聞いていない)感じで安心

明日からいよいよ沖縄入りとなる
本番の12日走るのは市民レース100キロ
完走が目標だがここでは落車しないよう
無事に帰ってくるのが第一

沖縄のみなさんや自転車仲間との再会も楽しみのひとつ
あとは有機栽培の大宜味産の島バナナ
これも楽しみだな。






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/11/09(木) 15:50:21|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本番でなくて不幸中の幸い

20171106yDSC_2623.jpg
福岡から自走で来られた宮田くん
大観峰への早朝ライドでは感動的な風景に満足されたようだ
それとひとりで過ごす温泉旅にも開眼されたよう
帰りは来た時と同じルートの予定だったが
ふたつのコースを提案
阿蘇山に上って南阿蘇から長陽大橋を通って肥後大津駅に行き
JRで熊本駅から帰る列車旅
それと阿蘇山から南阿蘇をサイクリングして
箱石峠を上って阿蘇駅に着き九州横断バスで熊本駅に行くコースだ
いずれも帰りの日も阿蘇山周辺を十分走って楽しみ
あとは悠々と電車で帰るというひとり旅だ






20171106yDSC_2627.jpg
2泊で東京からお越しのSさまご夫妻も雲海ライドを楽しまれた
昼間は阿蘇神社など平坦なルートや
車載して産山や波野周辺を走られたようだった
奥様の自転車はディスクブレーキだが
軽く引けてよく効き快適だと言われていた
女性など握力がない人にはディスクは必須だろう
友子さんもステルビオ峠の20キロ以上続く下りでも
問題なくダウンヒルを楽しんでいた








20171106yIMG_0457.jpg
今朝のスカイライン展望所
最近、雲海が連続して出ている
9時前でもこのくらいだから
日の出の時はさぞや見事だったろう





20171106yIMG_4586.jpg
昨日、家を出て14キロくらいの菊池人吉林道に入る8%の坂を上っていたら、ペダルに軽いショックがありそのあと空転した。偶然だが昨年の沖縄でチェーンが切れて呆然と立ちすくむトリウさんのことを思い出していた。なので即チェーン切れと連想した。自転車を降りて確かめるとチェーンに異常はなくちゃんとループのまま、そこでペダルを回すとチェーンに掛かったリアのギアが空転していた。よく見ると上から4枚目だけがスプロケット本体から脱落したようになっており、他のギアには異常はないようなのでそのまま自宅に戻ることにした。イワイのコイデ君に電話してみたら、そのようなことは初めてとのこと、一応今から行く旨を伝えCS9000の11S11-28Tの在庫を確認してもらった。ついでにFacebookにあげると多くの方から貴重な情報を得ることもできた。ずっと下りなのでゆっくり走ることしたが、脱落したギアが空転する音がちょうどカウベルのようだった。






20171106yIMG_4593.jpg
イワイさん到着、さっそくコイデ君に見てもらう







20171106yIMG_4591.jpg
右が正常なスパイダーアームで一体化されたギア、左が今回破損したスパイダーアームで21Tだったかな、アームから外れて宙ぶらりんとなり空転状態になっていた







20171106yIMG_4589.jpg
イワイさんでも初めての事例のようだった
本番でなかったことが不幸中の幸い
スプロケットとついでにチェーンを新調
ホイールも見てもらって
タイヤとチューブも新しいものに交換したので
完璧な足回りで沖縄を迎えることとなった
ただエンジンは走り込み不足と経年劣化で
出たとこ勝負となる






20171106yIMG_4595.jpg
夜は居酒屋菊乃家へ



20171106yIMG_4598.jpg
美味そうな白子が入っていた
ポン酢と天ぷらの二品を熱燗でいただく
この日はほとんど走っていないのでビールは美味しくない
カロリーも消費していなくて馬刺しは別として肉料理は控えた
このようなことは習慣となっているので辛いと思ったことはない
食べ放題飲み放題したいのなら
4時間で100キロを全力で走ればいいだけのことだから






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/11/06(月) 16:57:47|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地元高校生が作ったサドルラック

2220171102IMG_0352.jpg
先週末から雨が続いて
やっと草原の牧草が乾いてきたのか
ミルクロード沿いの牧草刈りが再開した
巨大なトラクターが走ったあとは
みるみる坊主頭になって山肌が露わになっていく
見ていてスッキリして気持ちがいい






2220171102IMG_4539.jpg
草原の草だけでは塩分が無いので
農家さんはたまに特製の味噌などをこのようにやりに来られる
そのとき「ヨ~オィ、ホ~イ」と呼声をあげると
待っていたとばかりに、あっちの山、こっちの山に
散り散りになっていた牛たちが一斉に集まってくる
その時の雰囲気は殺気だっているような感じさえし
おとなしい牛たちが野生化したようにさえ見える






2220171102IMG_0451.jpg
最近毎日のように出る雲海
通勤で9時前に見るときは
だいたいこんな感じでほとんど消えかけている





gogo20171102_072249801_iOS.jpg
道の駅阿蘇を運営する「NPO法人ASO田園空間博物館」の阿蘇周遊推進支援事業の一環として、阿蘇中央高校グリーン環境科の生徒さんが作られた木製のサドルラックを、阿蘇市の観光施設や商店19箇所に配布され、当館にも設置していただきその贈呈式があった。





2220171102lpDSC_2620.jpg
木製なので宿にも似合って玄関前がすっきりした
この日ちょうど2組の自転車の方がいらして
さっそく利用していただいた






p1935702324361_e49b59aa23_k.jpg
道の駅阿蘇で販売しているあそ兵衛さんの「あか牛丼弁当」
お値段は1000円を越えるが絶対食べて損はない
温玉付きで肉の部位は2種類で量も立派
店内にはレンジ付きの畳席や
店の前にはテーブル席があるのでその場で食べることもできる
それに家人の土産にも喜ばれるんじゃないだろうか





20171102lpIMG_0132.jpg
同じくあそ兵衛の「あか牛ローストビーフ丼」
盛り付けに負けずこれも絶品

また、道の駅阿蘇と
阿蘇中央高校の生徒さんとコラボした弁当もあって
まだ食べたことがないので次回試してみようと思う

雲海をまだ見たことがない自転車の方にはこんなチャンスもあり
「阿蘇サイクルツーリズム2017 Vol.雲海と遭遇」





FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---




  1. 2017/11/02(木) 17:56:47|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: