FC2ブログ

コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

Trip Tips in ASO Big Sky

五郎丸と小伏野を走る。

b20200316kiku0001l.jpg
サイクリングの案内をしないかとカルキさんに誘わて大藪サイクルのメンバーさんと菊鹿ワインのブドウ畑を走ってきた。
ショップ主催のサイクリングが自粛ムードのなかカルキさんの呼び掛けで菊鹿方面を走って菊鹿ワイナリーでランチするライドに20名のメンバーが集まった。軽いコースはカルキさんが案内して一般を私が担当、最近菊鹿方面ではブドウ畑を探しながら走っているので、そのコースにしたらと菊鹿ワインの限定醸造銘柄になっている「セレクション五郎丸」と、「ナイト・ハーベスト小伏野」のブドウ畑を案内した。ワイン好きには興味あるコースかも知れないが、そうでない人はどうだろうと、まだここには人を案内したことがないので不安に思いつつ、「ゆうかファミリーロード」から「道の駅水辺プラザかもと」の前を通って菊池に入り城北地区から菊鹿らしい農作物の畑が続く道に入った。

熊本県の北部に位置する菊鹿町は、福岡と大分に隣接する八方ヶ岳の麓にあり、八方ヶ岳と国見岳に囲まれた矢谷渓谷から豊富な水と、昼夜の寒暖差が激しいため良質の米やあんず、栗の産地として有名だ。1999年に新たな町の産業としてワイン用のブドウの栽培が始まった。2008年の「菊鹿ナイト・ハーベストシャルドネ」が、JAPAN Wine Challege2009という世界的にも有名な大会でその年の最優秀白ワイン賞を受賞すると一気に有名になっていった。私が菊鹿ワインの存在を知ったのは、2009年に菊鹿町のあんず丘で開催されたUCI公認の「熊本国際ロード」を見に行ったときだ。当時梅丹の中島康晴選手が優勝して賞品として町長さんから渡されたのが菊鹿ワインだった。その時にはどうして菊鹿でワインなのかと実に不思議に思ったことを記憶している。





bmurasaki2020316003.jpg
山鹿市の大藪サイクルさんでカルキさんからブリーフィングのあとスタートする。





bmurasaki2020316005.jpg
私たちは近くにある「ゆうかファミリーロード」から菊池方面へ行った。




b20200316kiku0009l.jpg
菊鹿町は平野は丘陵地帯が多く見通しがいいにもかかわらず特徴的な建造物がないため神社や寺、地蔵堂を目印としないと迷走してしまう。阿蘇の波野ようだ。




b20200316kiku0013l.jpg
見事に整備された竹林もこの地ならでは。傘をさして余裕で竹林の中を歩けるのが理想と聞いた。
ちょうどタケノコのシーズンに入ったので忙しそうに農家の方が収穫されていた。




b20200316kiku0017l.jpg
目印が少ないこの地ではこの看板は貴重





b20200316kiku0016l.jpg
小高い丘の南斜面にある「セレクション五郎丸」の吉里さんの畑に到着。
菊鹿らしいブドウ畑の風景は、荒れた竹林、果樹や野菜のハウス、放棄された畑、時代を現す縮図のようだ。
この位置からは見えないが3枚並んでいる真ん中がカベルネソーヴィニヨンで両脇がシャルドネの畑。




bmursaki2020316001.jpg
最初に取り組まれた吉里徳義さんは亡くなられ奥さんは農業から引退されて現在は甥の方が栽培されている。




b0200316kiku0004ll.jpg
私を含めブドウの知識は全くなく畑を見るのも初めてなのでメンバーからの質問に親切に答えていただいた。





b20200316kiku0015l.jpg
甥御さんが作られた新しいぶどう畑





b20200316kiku0005l.jpg
樹齢20年のシャルドネ畑を背景に





b20200316kiku0011l.jpg
小伏野の地区名を表す看板等はまだ見つけいなくて今のところこの地蔵堂でここに来た証拠としている。





b20200316kiku0018l.jpg
小伏野のシャルドネの畑も小高い丘にあり15%くらいの坂を50mほど上る。




b20200316kiku0014l.jpg
平川さんの畑では1枚だけナイト・ハーベストをされている。




b20200316kiku0010l.jpg
五郎丸が粘土質のような土に対してこちらは花崗岩の小石や粒が目立つ





b20200316kiku0007l.jpg
ブドウ畑の次は菊鹿ワイナリーの近くにある相良寺、通称相良観音へ。
古授かりと安産のご利益がある「あいらかんのん」。多分、熊本県民にも身近な寺であり、私の母も友子さんも娘も参拝に行っている。この日は春季大祭があっているので訪ねてみた。




b20200316kiku0006l.jpg
7月には長男に子供ができるので安産祈願に手を合わせた。





b20200316kiku0012l.jpg





bphIMG_5304.jpg
菊鹿ワイナリーでカルキさんグループと合流してレストランでランチ。20名と多いが牛、ポーク、チキンのメイン料理を選んだら料理が来るまで60分のハーフビュッフェを楽しめる。カレー、パイ、ピザ、ラザニア、クスクス、ミートボール、小籠包、パスタ、魚料理、野菜炒め、6種類のサラダ、デザート、パン、ご飯、スープ、コーヒー等飲み物などなど、特にサラダは新鮮で珍しいものがあって美味しかった。




bphIMG_5302.jpg



bphIMG_5309.jpg
わたしはポークをチョイス、絶品だった。




bb89039567_926507607814286_1300571549551558656_n.jpg
集合写真を撮って解散。
このあと私たちは矢谷渓谷から八方ヶ岳林道へ行った。





bbmurasaki7694461952_n.jpg





bb208kiDSC04358.jpg
久し振りの八方ヶ岳林道は1台の車ともすれ違わなくて快適、アップダウンもいい練習になった。林道沿いの最後の民家から先は以前がけ崩れでで通行止になっていたが解除されていて終点の竜門ダムの上の穴川まで続いていそうだった。しかし、練習不足の現在ではここでお腹一杯、それにメンバーの方は大藪サイクルさんに車を置いているのでここから五郎丸方面に下って18号線で別れ私はそのまま自走で帰った。





brpoIMG_5315.jpg
アマチュア向けのサイクルイベント、「エロイカ(イタリア語で英雄)」はイタリアのワインの産地トスカーナ州にある人口2800人のガイオーレ・キャンティ市で1997年に始まった。キャンティワインの美しいブドウ畑やオリーブ畑を眺めながらストラーテ・デ・ビアンケ(イタリア語で「白い道」)すなわり砂利道を走ることを目的にした大会だ。

エロイカに出られる自転車は1987年以前に製造されたものかクロモリ製のもので、ウールのウェアや布製の帽子など昔の服装が推奨されている。参加者は91名で始まり今では7500人の参加枠に2倍の応募があるという人気の大会になっている。参加する人は若い人から高齢者までの男女と幅広く、イタリアだけではなく欧州各国や米国やアジアからも走りにきている。ルートの要所にはチェックポイントとともにエイドが置かれ、ハチミツなどが塗られたパンやパイ、フルーツや生ハム、チーズなどをワインとともに楽しめるのもエロイカの魅力でもある。

参加者の家族を含めると2万人を超すイベントになり、大会が地元にもたらす経済効果は大きく、砂利道を舗装にする整備から砂利道を消滅の危機から保護する整備に予算が充てられている。同市の観光客は直近の6年間で35%増えており、道路脇にはルートを示す看板が置かれいつでも自己流にエロイカを楽しめるようになっている。

小伏野の平川さんの畑の前はいかにも手作りの白いセメント道でその先は未舗装の畔道になっている。五郎丸の吉田さんの畑の周りも同じようになっていた。今回は走っていないが畑の道、農作業の道をつなぎ合わせると20~30人程度だったらちょっとしたコースが作れんじゃないかと思う。開発という名の保護も大切と7人で菊鹿町の昭和レトロな風景とブドウ畑を楽しみながら走ってつくづくそう感じた。

五郎丸の奥さんはワイン用のブドウ作りは高齢になっても続けられる農業と言われていた。体に負担をかけることが少ない作業が多く夫婦で年金をもらいながら楽しまれていたようだった。ご主人が亡くなってからは一人では難しくて、今は甥夫婦にまかせ、ときどき畑を見に行くのが楽しみだと笑顔で話された。大切に育てたブドウは出荷して終わりではなく、1年後にはふくよかで、滑らかな、いろんなフルーツの香りさえするワインになり、ラベルで化粧したボトルを見ながら、ゆっくりと焼酎を飲むのも老後の愉しみなのかも知れない。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2020/03/17(火) 13:16:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ASO絶景満喫ライドにボランティアで参加

Ppopkoooon
ASO絶景満喫ライドにボランティアとして参加してきた。
沖縄の友人の森さんと、博多に単身赴任中の安田さんもエントリーされていたので、前日に坊中の井上君宅で合流し、軽木さんの馬刺しや、ミユキさん手作りのホルモン煮込みを食べて懐かしい再会だった。



Hhhgkjhb999
当日朝は城山展望所で気配を感じてたらやはり雲海に遭遇し、ASO絶景を参加者と運営側という違う視線で堪能してきた。瀬の本高原で沖縄は南城市のなんじぃジャージと那覇のキッズジャージが見れるなんて、実は雲海以上に感動したんだな。




057E728D-ABF7-49D0-80BA-9E33994CF086.jpeg
実務はボランティアとして崇城大学のサイクリング愛好会の学生を預かっていたので、多分おじさんに合わせてくれたであろうペースで100キロ走り抜いた。明日は久留米駅まで自走するお約束のイベントがあるんだけど・・・またもや5時起床で100キロか。




FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2019/10/05(土) 22:14:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪晴れの暴走

2014211m_DSC0813.jpg
ラジオのニュースを聞いて凄い雪だそうから帰えらないがいいと家内から電話があった。

しかし、乙姫の交差点まで一応行ってみようと帰宅を試みた。

宿のスタッフから「客室の用意しておきますから」なんて言われて駐車場に行くと車には10センチの積雪、

フロントガラスと運転席の窓の雪を除いてそのまま雪だるま状態で出発。

どうなることやらと思ったがバス路線は凍結剤で融かしてあり問題なく国道57号へ。

予想通りの渋滞だがこちらも雪は融かしてあり問題なく走れた。

立野まではノロノロだったがあとはすんなりと進み大津まで来ると雪の気配すらなかった。

家に着くとフロントガラスやボンネット、それにはルーフにも雪が残ったままで早速家族を呼ぶとえらく盛り上がった。



























2014211mIMG_1521.jpg
この日の夜には、なんと掘り立ての新物のタケノコが並んだ。

この時期にタケノコとは驚きというより感動だ。

親戚の従兄弟が今日掘った貴重な一本を持ってきてくれたようだ。

無理してというか、ちょっと冒険して帰った甲斐があったというものだ。

新物の味は、まずは1年振りの土の味の懐かしさがこみ上げてきて、

ホクホクの食感のあと、ちょっとだけ感じるほろ苦さと不思議な甘さ、それに独特の風味が素晴しい逸品だった。





























2014211m_DSC0821.jpg
翌日は見事な晴れ。

耳が抜ける立野を過ぎると、どこもここも目にも鮮やかな白と青の世界が突然現れる。

右に阿蘇、左に外輪山、正面には九重の山々が雪化粧。

写真を撮ろうと道路の左に車を寄せるもガチガチに凍って脱出の自信がなく諦めた。

乙姫の交差点から曲がると道路も凍結しており、やや上る踏み切りは一旦停止すると通れず勢いをつけてやりすごした。

宿に着いて車を見ると昨日の雪がまだボンネットに少しだけ残っていた。

「よく帰れて、今朝も来れましたね」とのスタッフの声は「暴走」のように思えたのだろう。

この付近の積雪の状況を見れば確かにそうだが、実際は玄関から数キロで問題は解消していた。

ハードルのの高さだけ見ていてもやってみなければわからないというものだ。

さて最近、暴走にも見えるのがソフトバンクの拡大、

その勇気に一票と12年来のドコモに別れを告げソフトバンクに換えた。

よって、取説中により「出ない、返事ない」はしばらくご理解を。

















FLUCTUAT NEC MERGITUR  --- 漂えど沈まず ---


  1. 2014/02/11(火) 18:11:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

阿蘇流歓迎会

516roku_DSC0263.jpg
阿蘇乙姫の交差点から森に入ったらすぐのところにある「Aso Country Life 六月の風」さんに泊まってきた。

ここは国道に近いのだがつい忘れてしまうような深い森の中にあり、まるでカナダやアラスカのような雰囲気のところだ。静かな森のあちこちから野鳥の声が飛び交い爽やかな風が実に心地よい。敷地内のあちこちの細やかなところまで長らくアメリカをトレーラーで旅したオーナーの宇野夫妻のセンスが光り気軽に非日常的体験ができる住処だ。



























516rokuR0014298.jpg
この日は「六月の風」さんで阿蘇の友人たちと宇野夫妻を交えた飲み会で家内も初参加。



























428yadoR0014282.jpg
阿蘇の人は集合時間など決め事に極めていい加減というかおおらかだ。それにこういうとろこでの飲み会は、会費制ではなくおおまかな食材の担当は決まるが飲み物やちょっとした食べ物などみんなが持ち寄るのが習慣のようで最初の頃は戸惑ったものだ。阿蘇に来てすでに1年も過ぎ慣れてきたのでなかなか事が始まらない時間の過ごし方も愉しめるようになった。

例えばマウンテンバイクで森の中を走ったり、


























516roku_DSC0268.jpg
マニアック車を見せてもらったり、

というかこれは阿蘇のビンテージビートル専門ショップのオーナーの車で世界に一台の希少なビートル



























516roku_DSC0287.jpg
薪割り

コツをつかめばスパッと割れ楽しものだ。





























516roku_DSC0369.jpg
「Aso Country Life 六月の風」さんは、現在このアメリカ直輸入の長さ34フィート(約10.3m)あるトレーラーハウスの中でも一番豪華なAIR STREAM2台で営業されている。それぞれ定員は4名で空調やベッド・ソファセット・洗面・トイレにシャワーなど普通の家と同じ設備でキャンピングカーと違い本来牽引して生活するほとんどホテルのようなものである。




























516roku_DSC0253.jpg
ご好意により泊まらせていただいたのは、

明日テレビ取材のため現在メンテナンス中のダブルベッドタイプ定員2名のAIR STREAM

これでも十分過ぎる豪華さ。




























516roku_DSC0255.jpg
通常料金は、ニ食付き10500円から、朝食付き6800円、素泊りだと5000円でトレーラー体験ができる。
























516roku_DSC0254.jpg
夕食朝食とも食事処、別棟にトイレや五右衛門風呂など浴場施設もある。



Aso Country Life 六月の風
予約はこちらへ 0967-24-6555 

じゃらんネットからも予約できる。


























516roku_DSC0266.jpg
焚き火の準備もできた。




























516roku_DSC0280.jpg
馬刺し・馬レバー刺し・あか牛の炭火焼きなど肉類はカルキさん提供

阿蘇ネイチャーランドのマサヤ君は実家の親父が釣った鯛を持参




























516roku_DSC0295.jpg
焚き火パーティスタート

薪がはぜる音

炭火焼のいい香り




























516roku_DSC0314.jpg
大人の遊びは延々続く・・・・

と思いきや

「では二次会会場へどうぞ!」と宇野さん


























516roku_DSC0322.jpg
料理は宇野さんんも手料理が所狭しと並び

そして、東京でジプシースィングジャズのギターリストで人気の手島大輔の師匠

カルキさんのライブ!



























516roku_DSC0318.jpg
家内も演奏に感動!

リクエストしたら何でも弾いてくれる

























2516roku_DSC0352.jpg
仕事柄、パラグライダーや気球で天空を舞う阿蘇ネイチャーランドの坂田君、

社長さんだがやはりここでも有頂天に舞い上がっていた

というか私たちの記憶も飛んでいたのだが・・・



























516roku_DSC0303.jpg
六月の風宴終了。

終わって判ったが今夜の趣旨は家内の歓迎会だった。











Festina Lente - 悠々として急げ-



  1. 2013/05/17(金) 19:49:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CYCLE MARATHON 阿蘇望

aso521IMG.jpg
CYCLE MARATHON阿蘇望の申し込み書が届きました。

7月24日(日)、4峠、120km。











asobou521IMG_0001.jpg
Aコース600名

内訳 500名・・・会員及び一般参加者受付順
    50名・・・熊本県協会を窓口としたJCA会員
    50名・・・各県協会を窓口としたJCA会員

Bコース300名  会員及び一般参加者受付順

人気のイベントだから早くしたほうがいい、










asobou521IMG_0002.jpg
スタートゴールはアスペクタ、

朝は吉田登山道で阿蘇山頂と箱石峠、これはいいとして、

午後からは炎天下のなか地蔵峠と俵山峠、

常連の人が言っていた、ダブルボトルで塩を舐めながら登るといいよと・・・・・













asobou521IMG_0003.jpg
こういうのもあって、テントは持参らしい、、でもしかし、
遠くから来る人で泊まりたくてもキャンプなんて・・・・
土曜だから少し高くなるけど、南阿蘇・高森は小さな旅館かペンション、
内牧には大きなホテルもある、
しかし、我々自転車乗りにはどうかな、
朝は早くて滞在時間は短いから高いともったいない、朝食はたぶん前日に買ったコンビニメニュで移動中に、
近くてお得なビジネスホテルなら大津、アスペクタまで30分くらいか、
当日は朝早いので周辺の渋滞はない、我が家からでも50分、1時間圏内の施設も選択肢かも、
できたら前夜はつつましく普通に飲み食いして、(ちょい越え、大越え何の問題もなし、所詮ア・ソ・ビ)

ゴールのあとに大宴会といきたいね。
私はとりあえず家内と自遊亭に行きます。
(刺身・馬料理・肉・田舎料理・パスタ・・・生ビール・冷酒・焼酎・熱燗・ワイン・・・)

一緒に乾杯も大歓迎ですよ!(笑)

  1. 2011/05/21(土) 18:42:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
2019年6月1日より道の駅阿蘇サイクルアドバイザーに就任しました。
菊池温泉と2012年から阿蘇内牧温泉で旅館業の傍ら、2007年からロードバイクとブログを同時に始めて多くの自転車乗りの方と接することができました。この経験を生かし阿蘇で楽しむサイクルスポーツの魅力を発信しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: