コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走る魅力を紹介します。

GIRO D’ITALIA 2018 其の七

27b-10-2-IMG_1842.jpg
サン・ヴァンサンの朝、新聞を買いに散策






27b-12-IMG_1841.jpg
この日、ジロはローマで最終ステージを迎え、わたしたちはコモ湖畔のホテルでレースの最後と表彰式をテレビ観戦する。午前中はアオスタ渓谷でサイクリング、午後はレッコ近郊にある湖畔のホテルまで高速道路を2時間強の移動となる。






27b-1-IMG_5465.jpg
バールを見つけた
店主は帰り際の先客と夢中にお話中
目線が合って「ボンジョルノ」と挨拶
新聞は売ってないが
テーブルに「LA STAMPA」が置いてあって
そこに座ると指差して
カフェロンゴを注文、支払う
(立って飲むのとテーブルに掛けてだと料金が違うみたい)






27b-2-IMG_5470.jpg
昨日のチェルヴィニアのゴールが大きく載っている
書いてあるのは
「フルームの総合優勝は決定的」とかそんな意味だろう




27b-3-IMG_5468.jpg
「期待されたアールもだめ、やはりニバリがいないと」
みたいなことか・・・
イタリア勢の入賞は厳しい





27b-8-IMG_5475.jpg
地元の人に聞きながらサイクリングロードの入り口を探す
こっちの人の道案内は難解、特に距離感がいい加減な感じ

川田さんは英語・フランス語以外にも
イタリア語も日常会話なら普通に話されていた(昨年比較)






27b-9-IMG_8976.jpg
バルデ川沿いのサイクリングロード
雨上がりの朝、澄んだ空気が気持ちいい
川も昔見た自然のままの姿
日本のようにコンクリに覆われていない






27b-4-IMG_8990.jpg
こちらでは日曜は昼間でゆっくり家で過ごすみたい
なのでサイクリングロードにはほとんど人がいない






27b-5-IMG_8979.jpg
まさに牧歌的
遠くアルプスが見え
教会の鐘が聞こえてくる
イタリアを自転車で走るとは有名峠もいいが
このような環境も素晴らしい

川田さんはワイナリーを探されていたが
時間が足らず次回の楽しみとした
昨年は偶然オーストリア国境近くで
古い城跡にあるワイナリーを見つけ
オーナーのお話も聞くことができた
そして、自家ワインを取り扱っている
近くのレストランも紹介してもらい
見て、聞いて、飲んで、食べてという
素晴らしいひとときを過ごすことが出来た






27b-6-IMG_5491.jpg
ここで放牧されている牛は
日本(阿蘇)のよりひと回り小さい
放牧の環境は
ミルクロード沿いとどっこい






27b-10-1-IMG_8987.jpg
イタリアのイメージは政権とか経済とか振るわなくて
EUの中でもその点に関しては輝きは薄いんだが
南部は行ったことがないので知らないけど
北部は歴史ある産業が多く集中し
有名企業の看板もよく目にする
それにアルプスに続く田舎は気候も良くて
のびのびと過ごされている感じがする

特にお年寄りはみなさん幸せそう
昔からの地元商店やバール(親子何代の歴史)は活気があって
国の政令により営業日や営業時間の制限があるため
大手のコンビニやスーパーは皆無
それって国が新興勢力から守っている感じ
水一本買うことやトレイもなくて不自由するけど
薄い珈琲(アメリカーナ)やハンバーグはいらなくて
やはりエスプレッソとパニーニがある日常生活で暮らしたい
そんな生き方を求めているんだと思う

国の財政や社会保障も大事だが
和気あいあいとした人々の笑顔がもっと大切
「金だけじゃないだろう」と言いたげなのがイタリア

サイクリングしながら
ふと、そんなことを考えていた





27b-11-IMG_5505.jpg
ホテルに帰るとフカッチさんはスケッチ中
わが道を進むのが一番
これもジロの愉しみだと
小さな背中は語っているようだった




27b-13-IMG_8992.jpg
ホテルに着くとシャワーでさっぱりしてチェックアウト
コモ湖畔へ移動する
途中の町のHoneでレストランを探していると
バルドの城塞を見つけた
ここはアルプスで最強の砦といわれ
ナポレオンに苦戦を強いたという






27b-13-1-1162-2018-05-27-11.jpg
街中はどうなっているのか・・・
次回はここも訪ねたいところだ







27b-14-IMG_1847.jpg
Honeという小さな町の「Del Mulino」でランチ
地元の人が多い
それも田舎なのでお年寄り







27b-15-IMG_1843.jpg
まずはモレッティ





27b-15-1-1170-2018-05-27-12.jpg
おねえさんに聞くと
「ピッツアが美味しいよ」






27b-16-1188-2018-05-27-12-2.jpg
松田さんも大喜びの日本には有り得ない旨さのピッツア
端っこの方はパンの耳みたいで残しがちだが
全部が美味しい




27b-17-IMG_8994.jpg





27b-18-IMG_8995.jpg
ニヨッキ
これがまたモチモチでトロ-ンとした食感でありながら
シコシコ歯ごたえがあり、味付けも日本にはない
小麦粉料理の歴史を感じる、されどニヨッキである





27b-21-IMG_1849.jpg
北イタリア料理のポレンタ
昨年はドロミテだったからよく食べた
特にポルドイ峠まで上り
頂上のレストランで食べたのが印象的






27b-22-1191-2018-05-27-12-2.jpg






27b-31-IMG_1853.jpg
奥の席で子供さんの誕生会が始まった
日本みたいに決められた時間に集まって
みんな揃って「乾杯!」
ではなく、30分以上掛けてボチボチ集まり
そのうちケーキの配達があり
飲み始めたりしながらいつの間にか始まっていた







27b-23-1218-2018-05-27-18-3.jpg
ドライブを再開し、高速道路を乗り継いで
Monza経由でレッコ湖畔へ





27b-33-IMG_5518.jpg





27b-24-1303-2018-05-28-9-46.jpg
Valmadreraのホテル「Baia di Pare」に到着
雨模様となったのでそれぞれの部屋で
ローマでの最終ステージをテレビ観戦





27b-25-1204-2018-05-27-17-5.jpg
このホテルはレストランが有名なオーベルジュ
魚介類の料理が人気らしい







27b-26-1249-2018-05-27-20-4.jpg
見渡すと結構着飾ったという人も見かけるが
まあこれでも大丈夫






227b-32-IMG_1874.jpg







27b-27-1232-2018-05-27-19-3.jpg
メニュが複雑でこれを読み取るのは大変
おまかせならいいにしても単品シェアなので
ルイさんに解読してもらいボーイさんの助言をもらう
ワインをそれに合わせるのもルイさん

今回のレストランは総勢8名なので
4名で違うものを注文してシェアする






27b-28-1242-2018-05-27-20-1.jpg
繊細な料理が並ぶ






27b-29-IMG_1855.jpg
少し高級そうだがお安い







27b-30-MG_1859.jpg
ルイさんのステーキ
食事には必ず肉が定番





27b-35-IMG_1860.jpg
久し振りの魚料理





27b-19-IMG_9004.jpg
ジロに来て、たぶん25枚目のピッツアか




27b-36-IMG_1861.jpg
魚介の上品なパスタ






27b-37-IMG_1864.jpg
これで二度目だが
耳まで美味しいのがこちらのピッツア
ホント、関しる美味しさだ






27b--38-IMG_1866.jpg
雨が激しく降ってきた
雷も鳴っている
明日はどうなるのか、と思いつつ
泡、赤、白と飲んじゃって
ベッドに入るなりそんな考えは終わった
お隣の大城さんは1秒で寝息をたてていらっしゃる
良かった、今日もわたしの煩い歯ぎしりを耳にされないで済みそうだ

「レッコ湖畔の夜、みんないい人で今日も楽しかった
でも旅の終わりが近づいている」
と、一行日記に書いていた








FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/06/24(日) 17:10:46|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2018 其の六 STAGE20

618-15-5-1023-2018-05-26-16.jpg
第19ステージのフィネストレ峠の麓で、大久保さん・フカッチさん・松田さんが砂田弓弦さんにお会いすることが出来た。この日、第20ステージゴールのチェルヴィニアでも、大久保さんと大城さんはお話することが出来たようだ。砂田さんのジロは今年で30周年、主催者のサプライズでステージに招かれ関係者からの祝福もあった。ジロでリーダージャージを着る権利を得ない限りステージに上がること出来ない。1世紀以上の歴史の中でグランツールで初めて表彰台に上がった日本人は、2012年のジロ第4ステージで新城幸也選手が敢闘賞を獲得した1回のみであり、サイクルフォトグラファー砂田弓弦さんはそれに続く歴史ある快挙である。






618-1 IMG_8912.jpg
ジロのレース観戦はこの日で最後になる。
わたしに響いているのはレースの行方ではなく
日常から解放された特異な生活である。
それは自転車で走っている間の
すべてのことから解放される空っぽ感
時間を気にしない大いなる退屈という空白感がいい。





618-1-1-IMG_8955.jpg
この日の朝、ホテル近くのバールに行ってガゼッタを見た






619-33-DSC_2897.jpg
砂田さんは「歴史に残るフルームの区間大勝利をオートバイから撮影できてよかったです。10年に1度あるかどうかのレースでした。」と、フェイスブックに書かれていた。史上稀に見る名レースだったことは帰国してから知った。このレースに立ち会うことができて、それもフルームが目の前を通り過ぎた15分までは同じ荒れた道を走っていたのだから・・・

これは翌日のガゼッタ、同じ角度の写真が今発売のciclissimoに載っているので砂田さん撮影のものか・・・
今回の号は2018ジロ・デ・イタリアのすべてを網羅した記念誌であり、砂田さんの臨場感溢れる写真とともに、全行程撮影された砂田さんのレポート記事、それに30年に及び自らのジロの経験を鑑みた文章は必見である。





618-1-2-IMG_5430.jpg
前日とこの日泊まったのが、黄色の建物のSaint-Vincentのホテル「Best Westerm Plus Alla Posta」。新しくて清潔な客室、フレンドリーなスタッフ、美味しい朝食、窓からの景色は中世のヨーロッパのよう、隣の古い教会も絶妙な味を出しているし、時折鳴り響く鐘の音が歴史を感じさせる。ここは是非再訪したい街であり宿である。





618-2-2-IMG_5454.jpg
さて、Saint-Vincentの朝
散歩で出会った猫は
もしやと思ったが
やはり鳴き声は「ニャオ」だった。





618-2-IMG_1743.jpg
ホテルの朝食
手作り感ある豊富なジャムや
チョコクリームのヌッテラの見せ方にうっとり
自分としてはこれが朝食の全体像を物語っていると思う
玉子料理はおばちゃんが出来たてを作ってきてくれるし
お姉さんのカプチィーノも美味しかった





618-3-IMG_8908.jpg
オテルのサイトに載せたいと記念写真






618-4-0936-2018-05-26-9-20-.jpg






66618-5-IMG_1759.jpg
あの雪山目指してサイクリングスタート
ジロのコースに入ると続々自転車乗りが増えて行く







618-6-MG_1760.jpg
世界各地から集まる自転車乗り
昨日の未舗装区間を避けてこの日が一番多いのでは
昨年のステリビオ峠のよう、と思いきや
ciclissimoの砂田さんによると
フィネストレ峠の例年の半分以下の人出だった理由は
イタリア人選手の不調
この峠に来る前にリタイアした
アールの予想外の低迷だったのではと書かれている





618-7-IMG_1761.jpg





618-8-IMG_5432.jpg
ここは撮影ポイントして人気だったので記念に一枚
しかし、隣のサドルの高さはありえん
前の二人がここで国旗を広げて写真撮っていたら
車が急に停まって大騒ぎとなった
アルゼンチンの同胞にヤンヤの大歓声
お蔭で後続車両は道の真中で止まるが
抱擁が終わるまで静かに待っていた






618-9-IMG_1765.jpg
ゴールのチェルヴィニアまで大阪の松田さんの後ろで走った





618-10-IMG_1766.jpg
フカッチさんと松田さんは川田さんが手配されたスペシャのレンタルロード
特に問題もないように言われていた





618-11-1-IMG_8948.jpg
徐々に祭りの雰囲気が濃くなって





618-11-IMG_1776.jpg
ピンクに飾られ
レストランもカフェもスーパーも
店という店は大賑わい





618-12-IMG_1782.jpg
家族ライダー
お父さんは後ろに小さな子どもを乗せ
お母さんはそれも見守り
お兄いちゃんは先を行く





618-13-IMG_1785.jpg
パンターニのジャージがカッコいい
当然オーディエンスはここでもヤンヤの喝采で
「パンターニー、パンターニ!」
「アレ! アレー!!」と、熱烈応援
激坂に顔が歪んだ本人も
完全に成り切っている雰囲気




618-14-IMG_1799.jpg
ついにはFDJ軍団の少年達出動




618-15-1-0963-2018-05-26-12.jpg





618-16-IMG_1806.jpg
国旗、民族の旗に集まる人々
多くの国が地面に引かれた国境を
取ったり取られたりの歴史がゆえに
団結する象徴のよう




618-18-IMG_5442.jpg
到着
これぞ写真でよく見た山
マッターホルン
イタリアではチェルヴィニア
ジロ登場は1960年、1997年、2012年、2015年に続く5回目
山頂にはスイスとイタリアの国境が通る標高4,478mの山
まさかこの山の麓に立つことができるとは





618-19-IMG_5446.jpg




618-20-IMG_5448.jpg
テントは禁止のマッターホルン、
登山者は3200mにあるヘルンヒュッテに泊まり
早朝アタッくして山頂に挑む
1786年モンブランが初登頂されて
ヨーロッパに登山ブームが始まり
主な高峰が次々に制覇され
最後に残ったのがマッターホルン
1865年初登頂となる
今は3480メートルのプラトー・ローザまで
気軽にロープウエイで行くことでき
スキーやハイキングが楽しめる
それにしてもこの山容は素晴らしい





618-21-IMG_1815.jpg





618-22-1-IMG_1832.jpg
ゴールとなる広場にはサポート企業の商品が目白押し
レッドブルも新商品の試飲をかけて無料配布
ただしお姉さんがプシュと缶は開けて渡される





618-22-IMG_1818.jpg
アルファロメーオ





618-23-IMG_1822.jpg
残念ながらポロシャツは非売品
アルファのブースのお姉さんの手には






618-24--IMG_1820.jpg
イタリアンレッドの
まさかのアルファロメオのロードバイク





666618-25-IMG_1828.jpg
ジロの公式ショップでボトルと
4賞ジャージと同じデザインの黒のジャージを購入
ジャージのファスナーの引き手に
螺旋形のトロフィーのチャームがあるのは倍のお値段
新ジャージは空気力学的にデザインで124gと軽量
Sサイズで皮膚のようにジャストフィット
この手を着出したら
従来のは突っ張ってモサモサ感あるな





618-26-IMG_8967.jpg
アミーゴー!のスペイン応援団

ルイさんから天気が崩れそうなので
麓でピッツアの美味しい店に行かないかと誘われ
わたしと松田さんはルイさんと一緒に下ることにした
長い時間ここで待つより
ビールとピッツァを楽しみながらテレビ観戦もいいだろう

ところが桃源郷たるピッツァ屋は休み
仕方なくホテルに帰りテレビ観戦となった
これが最高でシャワーを浴び
ホテル近くのスーパーで買ってきた
オリーブやベリー、ハムにチーズを摘んで
バローロを抜いてテレビ観戦しながら乾杯
至福のひとときを過ごした






66618-15-2-0996-2018-05-26-.jpg
ここから大久保さんの写真





618-15-3-1015-2018-05-26-15.jpg
店長はゴール観戦の一番いいポジョンをキープ





618-15-4-1022-2018-05-26-16.jpg
砂田さんともご対面出来た様子




618-15-6-1031-2018-05-26-16.jpg
ご機嫌そう






1618-15-7-035-2018-05-26-17.jpg
ゴールを観戦した二人が帰ろうとすると
天気がどんより
予報通り山の天気は崩れて
雨が降り出した






66618-15-10-1039-2018-05-26.jpg
それも大雨になり
雹(ひょう)も降る大荒れで
一旦避難されたという
ここで役になったのが
川田さんから渡されていた緊急用のアルミシート
これで身体を覆うと濡れた寒さが凌げたという
ポケットティッシュの大きさなので
未知の領域に踏み込むときには必需品
雨が小振りになり警察車両の先導で帰ってこられた




618-28-IMG_5451.jpg
大久保さんと大城さんは
レストランに出掛ける時にびしょ濡れで帰って来られ
遅れて参加
雨に打たれて一時は散々の目に遭われたようだが
ゴールの興奮も味わえて
これはこれで良き体験となったようだ





618-29-IMG_5450.jpg
半地下のワイン蔵のようなレストランは雰囲気抜群
リゾットが美味しく肉料理も最高に美味しかった
疲れていたのか写真はこれのみだが
素晴らしい1日だった




618-27-IMG_8975.jpg
フカッチさんは峠まで行かず
途中のレストランで悠々とテレビ観戦
そしてマッターホルンのスケッチを満喫されたそうな
それぞれの第20ステージだったようだ






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/06/21(木) 14:58:42|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2018 其の五 STAGE19

615-1-33895724_101554446004.jpg
ジロ第19テージ、プラト・ネヴォーゾ峠中腹にて撮影

小さな子供をトレーラーに乗せて走るママライダー。
この日、フルームは未舗装路に入るとすぐに単独の逃げを始め、大きなコーナーを曲がった先(残り80.7km)に、子供抱きながら応援するこのママの姿がYouTyubeの映像に映っている。木に覆われた未舗装路は、ぬかるんで自分の場合ギア2枚違うのに、ここまで上るだけでもかなりキツいはず、それに子供乗せたトレーラーを引いてのことだからなおさら。ママの行動は単に熱狂的ゆえのことだったのか、子供との共通の記憶を留めたかったのか・・・

同じようにトレーラーに子供乗せて走る男性の姿も目にしたが、いずれにしてもサイクルスポーツには多様な楽しみ方があるという現実が目の前の光景だった。しかし、ママの姿は印象的だった。そこでこんな憶測が宙に浮かんだ。ヨーロッパでは、出生数に占める婚外子の割合が高く、フランスやデンマークなど生まれてくる子どもの半数以上が婚外子(日本は3%に満たない)である。ゆえに何ら差別を被ることはなく、婚内子と同等の権利が保障されており、ママの行動はパートナーがいなくても自由に生きられるのだという盤石な背景、社会制度を未舗装路のフィネストレ峠麓で頭に浮かんだというのがその時の事実である。





615-3IMG_8800.jpg
イタリア4日目、ジロ第19ステージ観戦の日。

未舗装のフィネストレ峠(全長18.5km/平均勾配9.2%/最大勾配14%)が3年ぶりにコースに組み込また。わたしたちは上り後半の7.8kmの未舗装路から続くチーマコッピ目指して麓のSan Giorioから自走し観戦する。それを可能にするのが、今回のツアーのために川田さんが道路規制や時間配分・観戦ポイントなど入念な下見による情報である。足が揃っているわけではないので、それぞれのペースで上ってそれぞれの場所で観戦し、麓の集合場所へ決められた時間までに戻るのがルール。

車を置くのはSan Giorioの共同墓地、日本と違い車上荒らしや盗難など普通なので、よりリスクが少ないところを選ばなくてはならない。イタリア南部に比べたら北部の方はまだ安全らしいが貴重品は車に置かず必ず身に付けるのが基本。駐車場所はルイさんの経験と知恵で村の共同墓地となった。






615-2 IMG_8807.jpg
今日も天気に恵まれ清々しい





615-40IMG_8803.jpg
峠だからそれぞれのランチと
寒さ対策のウェアー類を持参し出発






615-5-05 33923765_10155444.jpg
峠の麓にあるこのカフェを集合場所にした





615-06 33923765_10155444.jpg
警察が居並ぶ左折するポイント
ここから峠道が始まる






615-09 IMG_8822.jpg
いきなり8%くらいの上りになり
大城店長の後ろに付く
日の丸見て「ジャポネ!」と、応援がうれしい





615-07 33923765_10155444.jpg





615-08 IMG_8822.jpg







615-10 IMG_1608.jpg






615-11 IMG_1609.jpg
ジロ一色の親子
この日の正装





615-18 IMG_1619.jpg





615-17 IMG_1614.jpg






616-1-0605-2018-05-25-12-05.jpg






615-12 IMG_1609.jpg
おまわりさんから、この先のコースは通行禁止なので
迂回路へと案内






615-12-3 IMG_1612.jpg
これがとんでもない坂道で
途中からグラベルとなり
自転車から降りる






615-121 IMG_1613.jpg
そしてシクロ






615-122 IMG_1614.jpg
ジロルートへ出る






615-12-4 IMG_1616.jpg
パンターニおじさんが熱烈応援






615-15 19 IMG_8828.jpg
木漏れ日の新緑が素晴らしい
宮澤さんもDAZNの解説でそう言われていた
狩野さんもだが、こちらで合宿した方は
有名な峠はよく走られている





615-21 IMG_8841.jpg
ここはまだ穏やかな応援の自転車乗り
上るに従って段々と熱いグループとなり
ビートの効いた音楽が聞こえ
発煙筒がたなびき
奇声をあげるが温厚な酔っぱらい集団となる
もちろん彼らの必須は国旗や民族の旗





615-23 IMG_1630.jpg





615-24 IMG_1633.jpg
峠最後の移動カフェ「パンダーニ」
この先から未舗装となる







615-25 IMG_1635.jpg
未舗装区間の始まり
警備の人から自転車から降りて押すように言われる
と、見えなくなったら乗ればいいんだと
オーディエンスのおじさんたちの助言

此処から先の未舗装区間は普段使われていないらしく
ジロのために土を盛って走れるようにしてあった
未舗装に入った瞬間
グッと重くなり影のところは土にタイヤが沈みギア2枚の抵抗






615-26 IMG_1649





615-27 IMG_1651
いよいよ雪の景色となってきた
その頃、フカッチさんや大久保さんたちは





616-20619-2018-05-25-14-18-.jpg
砂田弓弦さんと遭遇






616-3-0626-2018-05-25-14-19.jpg
わざわざバイクから降りて
お話もしていただいたようだった





616-4-0630-2018-05-25-14-24.jpg
昨年のサポートカーすべてホンダだったが
今年はすべてアルファ





616-5-0644-2018-05-25-14-29.jpg






616-6-0645-2018-05-25-14-32.jpg
昨年はバイクもホンダだったが







616-7-0649-2018-05-25-14-33.jpg
今年はマビックカーはなし
シマノは健在






615-28 IMG_1656
それぞれのペースで走っていたら
サルトさんと会い
眺めのいいところで腹ごしらえをして
レースに備えようと






615-29 IMG_1661.jpg
あとから大城さんが上ってきて一緒にランチ





615-30 IMG_1662.jpg
雪景色を眺めながら
パニーニ







615-31 IMG_5394.jpg
昨晩レストランで食べ残したチーズ盛り合わせを
紙バッグで持ち帰ってそのまま盛ってきた
パニーニに豪快に挟んで食べると
いろんなチーズの味がして抜群に美味しい
裸になっているのはアンダーを乾かしているから
それと日光浴、気持ちいい






615-32 IMG_8853.jpg
ここから先は行ったのは
坂道を物ともしないe-bikeの川田さんのみ

GAMBAのジャージの人はジロツアー主催している方で
世界各国から多くの参加者が参加していたという






615-36 IMG_8863.jpg







615-35 IMG_8862.jpg
川田さんが黄色のが欲しいというと
注文先を教えてくれたという





615-33 IMG_8859.jpg
これがフィネストレ峠付近の人の列






615-34 IMG_8860.jpg







66616-oi-IMG_1683.jpg
サルトさんと大城さんと三人の観戦現場にもどる
ヘリの音が聞こえてきた
警察の車が道の端にいるよう手で指示する
谷を見ると先頭が来た






616-03-IMG_8870.jpg
フルームただひとり!







616-04-34108648_10155444599.jpg
フルームらしい高ケイデンス
とてもじゃないスピードで消え去った





616000-IMG_1690.jpg
40秒後トム・デュムラン、ピノーら4人組が通過






6160001-IMG_1692.jpg





61600002-IMG_1696.jpg







616-05-IMG_8880.jpg
10分後マリア・ローザを着るサイモン・イエーツグループが通過






616-055-IMG_8881.jpg





616-06-01e0688dd2c86da9ebe4.jpg





616-07-IMG_8885.jpg





616-02-5IMG_1685.jpg
隣にいたお兄さんが知人なのかロットに話しかけていた
これで19ステージ観戦終了
山を下る

集合場所のカフェにルイさんが車持ってきてくれて
そのまま車でアオスタ渓谷に向けて移動





2018616-01IMG_1703.jpg
20時、Saint-Vincentのホテルに到着
隣に古い教会があるいいホテルだが
2泊するので詳細は次回






2018616-02-IMG_1723.jpg
夕食は近くのミュシュランのレストラン「Patit Bijou」
安くて美味しくて雰囲気が素晴らしい
川田さんの触覚に響いたところに外れがない






2018616-03IMG_1706.jpg
このワインは絶品
日本で探してもう一度試したい





2018616-05-IMG_1707.jpg
豚の血と・・と・・のパスタ
旨い





2018616-07IMG_1709.jpg






201861609-IMG_1711.jpg





201861610-IMG_1712.jpg





201861611-IMG_1717.jpg





201861612-IMG_1730.jpg
レストランの隣の広場ではファッションショーが始まる
このあとは水着審査





201861614-IMG_1735.jpg
古い町並みを散策しながら帰る
疲れているはずなのに
メンバー全員元気過ぎる
お互いの道楽の付き合いも深まり
すでに純粋な友情
日々是好日、愉しいものである





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/06/16(土) 16:00:38|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2018 其の四 STAGE18

201833894464_10155444542366.jpg
ジロ第18ステージゴール、プラト・ネヴォーゾ峠の中腹にて撮影

見応えのある有名山岳ステージのジロのコースは、早い時間から自転車以外車両通行止めになる。また、終わってから麓に降りる渋滞も想像以上、そこで自転車で上るか、歩きか、もしくは細い道を車で相当早い時間から行って終日費やすか、これは地元か道に慣れた常連でないと無理だろう。

そこで帰りにも早い自転車で観戦するのが一般的となり、延々と上れる人はロードバイクで行くが、サイクルスポーツが盛んな当地では、子供から年配まで多くの人が年に一度のお祭り騒ぎに参加したいため、アシストのあるe-bikeの選択となり、ざっくり自転車の半分近く占めていたように感じた。

ダンデムも何台か見かけたが、バッテリー2個搭載のe-bikeのダンデム(Moustache)は、いつまでも二人で感動の体験を可能にすることができる。、体力を補ってくれるe-bikeの存在は、これから新しい世代となるファナティックなシニアの象徴のように思えた。







201833921620_10155444540596.jpg
イタリア滞在3日目、今日はジロ18ステージ観戦の日
170km地点のMondoviまで車で移動し
それぞれの力量に応じてそれぞれでゴールを目指す

その前にクーネオ市街へサイクリングへ行った
レースを追い求める観戦だけではなく
イタリアらしさを体験することも楽しみであり
このツアーはよく考えられている

天気は晴天、雪を残すアルプスからの澄んだ風が心地いい
ホテルの前の大通りから道を横断する際に
ラウンドアバウト(環状交差点)は便利がいいものの
朝のラッシュ時にはなかなか車が途切れず
横断歩道に移動し道を横断することになる






20180366-2018-05-24-8-56-50.jpg
普通の橋に見えるが橋脚は中世の時代
このあたりがイタリアらしい






20180372-2018-05-24-9-07-03.jpg
トリーノ広場到着





20180404-2018-05-24-9-27-56.jpg
街中をサイクリング
当然ながら石畳




2018IMG_5342.jpg
クーネオ市役所

さて、この辺がどの当たりかというと
ミラノ~サンレモがあるサンレモまで北北西に64km
パリ~ニースのニースまでが81km
ニースから映画祭で有名なカンヌまで34km

地中海沿いの有名観光地まで程近いが
あくまでもアルプスの麓を彷徨う





20180383-2018-05-24-9-11-02.jpg






2018-3396-3883_101554445405.jpg
街にある自転車屋
フカッチさんと大城さんは興味津々
自転車はチェーンで吊られて整備されていた





201834091266_10155444540786.jpg
街のカフェがランチの準備を始める頃にサイクリング終了







2018-3390-2527-_10155444541.jpg
ホテルへ帰り自転車を車載して
ゴールのプラート・ネヴォーゾの麓の街、Villanova Mondoviへ移動






20180407-2018-05-24-10-48-4.jpg
Villanova Mondoviのとあるサッカー場へ車を置き
川田さんからライドミーティングがあり
この日の道路状況では峠でゴールを見てからだと
レストランでの夕食(これ大事)に間に合わないので
選手が来る前に峠を下って
落ち合う場所を決める






2018-0413-2018-05-24-11-26-.jpg
途中、カフェでランチ用のパニーニをテイクアウトするも
峠へ行くライダーの考えは一緒で超混み合っていた





2201833922845_1015544454240.jpg
イタリアの方と結婚された日本人の奥様発見
メンバーはおすそ分けをいただく
日の丸のおかげ






6131-201833866567_101554445.jpg
道路拡張にも移動させず
道の真中にある教会





6132-201833745101_101554445.jpg








2018-3390-0831_101554445410.jpg
お祭り開場と化した集合場所のプ
ラート・ネヴォーゾの広場
ここから大城さんと二人で頂上を目指す







2018-0420-2018-05-24-14-12-.jpg
「此処から先は通行止めだよ」、とPoliziaに静止
しかし、「右からなら行けるよ」、と自転車乗りに優しい
ツール・ド・フランスならこうはいかない






6133 2018-IMG_5350.jpg
ゴールの頂上付近に着くと人で溢れて
そのうち退役軍人さんかな・・
鼓笛隊のパレードが始まり
移動を諦める






2018IMG_5356.jpg
眺めのいいところでランチ






2018IMG_5357.jpg
下りに備え
裸になって汗をかいたアンダーを乾かす
それと日光浴
ジロで裸はおかしくない

サルトさんからそろそろ降りないと
「選手が来るよ」とメールがあり
急いで退避





2018IMG_5364.jpg
プラート・ネヴォーゾの広場まで降りて
メンバーを待つ
64歳フカッチさんはここでも人気
ヘルメットやウェアに、あれやこれやの質問

フカッチさんのヘルメットのイラストながめながら
いいなあと思いつつ
「軽い」のとか「空力」とか
もはやそんなのどうでもいいので
将来の自分のヘルメットに描くアニメを想像
そんなニーズを満たすような商品出ないものだろうか







2018IMG_5366.jpg
Villanova Mondoviのロータリーで応援することに
先生に引率された小学生の応援
これも授業の一環であり

警察が通ると、「Polizia・・・!」(ポリツィアー)と一斉に叫び
それに当然のように反応して、クラクションを鳴らし
手を降っていくおまわりさん

スカイのバスが通ると「スカーイ!!」
と全チーム名を叫き
キャラバン隊が通るといよいよ熱を帯びる

特にイタリア選手のチームバスやサポートカーが通ると
「アルー!!」
「ファビオー」 「マルコー」と大人に負けず熱狂的になっていた





20180492-2018-05-24-16-32-4.jpg
今回の応援スタイル
たまに合図したり
反応してくれる関係者がうれしい







613-0446-2018-05-24-16-21-1.jpg
キャバン隊は撮り忘れ後悔していると
ヘリコプターの音とともに
サイレン鳴らしながらアルファのパトカー
いよいよ本隊が来るぞ







6134-201820180442-2018-05-2.jpg
ジュリアのサポートカー






613-2018-0428-2018-05-24-15.jpg
ミザーノブルーのジュリア






0449-2018-05-24-16-21-049.jpg
トップグループ
ヘリの爆音と車のクラクションに
ハイテンションになり
道いっぱいに近くの住民総出での大歓声
けたたましく笛が鳴り
カウベルもカランカラン
犬も吠えまくる






2018-3384-6047_101554445414.jpg
そして集団通過
風圧が凄くて
まさに列車が通過しているよう





6133-IMG_8708.jpg
ジロが終了したら速攻で撤退しサッカー場から車で移動
ホテルに着いたら
これまた1時間でシャワー&着替え
洗濯は川田さんが近くのコインランドリーに行っていただいた
感謝!





6133-0509-2018-05-24-19-33-.jpg
夕食はホテルのスタッフからの情報で
地元の人気レストランへGo!
定番の安くて美味そう






6133-IMG_5371.jpg
店の入り口に海鮮の生簀があったので
久し振りに新鮮な魚介類を





6133-524-2018-05-24-19-55-5.jpg






6133-0532-2018-05-24-20-28-.jpg







6133-0519-2018-05-24-19-52-.jpg
しかし、やっぱり肉






6133-0518-2018-05-24-19-52-.jpg
ポーク
これが抜群に美味しかった






6133-IMG_5370.jpg
バルバレスコ





6133-0535-2018-05-24-20-30-.jpg
余ったチーズは袋に入れて持ち帰り
明日の峠でパニーニに挟んでランチに






6133-0533-2018-05-24-20-29-.jpg
お隣席とまたもや交流会








6133-0542-2018-05-24-21-07-.jpg
ホテルに帰ると大久保さんの抹茶サービス
訪ねたレストランでもスタッフに真心込めて点てられ
みなさん感動されていた
ちなみにケースなど一部はモンベルの野点セット
凄いな、モンベル、珍道中の秘密兵器
まさかこの地で活躍するとはね。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---


  1. 2018/06/13(水) 17:40:33|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2018 其の三

2018IMG_1536.jpg
「ビワイチ最初に始めたのは、もしかして僕かも知れへんな」と、琵琶湖近くでサイクルショップを営むフカッチさんは1952年生まれの大先輩でまだまだ走りはお強い。ジロ観戦の熱病で我を忘れるわたしたちを横目に、気に入った風景があれば自転車を降り、リュックからスケッチブックを取り出して水彩画を描かれる光景に、世界中から集まったジロ患者をホッとさせる場面を何度も見ることがあった。峠を目指すばかりがジロじゃないと、お似合いのカトゥーンアニメが描かれたヘルメットやジャージは、ビンテージな大人のヤンキーな嗜みと、ジロ観戦6回の余裕を物語っていた。






20180347-2018-05-24-7-09-06.jpg
はるばる北西イタリア
フランス・スイスの国境近くまで来たのだがら
自転車以外にも
抱いていた夢を実現する大切さを教えてもらった
情熱を持って生きている限り
身体は老いても精神は現役のまま
フカッチさんのように人は年を取らない

ジロで多くの人が自然と集まってきたのは
そんなエネルギーを発散していたのかも知れない
「夢は持っていた」ではなく、持ち続けるものだと
誰かの言葉にあった
「昔は頑張った」と振り返るのではなく
夢に一歩でも近づくために
今も頑張っていることこそ大切な生き方なのだと
サイクリストが通る脇で書かれたこの絵も
そう物語っているようだった






20180134-2018-05-23-11-13-5.jpg
ホテルから車で移動し、アルバの街を散策
途中ジロのコースでは
並木をピンクで飾り付けている姿を多く目にした
年配の方は自宅の庭やテラスを花で飾り
古い自転車や風船もピンク色に染まっていた






22018MG_1442.jpg
このあたりはどこに行っても路地は石畳
ゴツゴツと跳ね返りが連続し
地元の人は普通に走っていたが
濡れているところは滑りやすいだろうと慎重に走った
しかるに、パリ~ルーべの未舗装に敷かれたような
握りこぶし大のパベェ(石畳)に比べたら
舗装みたいなものなのかも知れない






IMG_1444.jpg
フカッチさん好みの看板発見
「TARTUFI 」 この地方の名産トリュフの専門店






20180141-2018-05-23-11-17-3.jpg
今は白らしい
トリュフをソースにしたり、ハムに混ぜたり
いろんな加工品を試食させてもらった
欲しかった白トリュフの塩も確かあったはずだが
モードに入らず躊躇したことに後悔
イタリア最初の土産のチャンスを失った
こんな旅では後で買えることはまず無い






2018IMG_1449.jpg
ルイさんはフンギ、イタリアキノコの王様ボルチーニを購入
パスタやピッツァ、リゾットやスープなど
芳香な香りを活かすイタリア料理にはかかせないという
シーコンのスペースを考えたら軽くて荷物にならず
これも買えばよかった






2018IMG_1447.jpg
もしかしたらアルバの街に初キッズジャージ
石畳の路地の街並みから離れ
次はぶどう畑の丘陵が続く爽やかなサイクリング







22018IMG_1450.jpg
川田さんが途中離脱し、フォカッチャを買ってきてくれた
そこでディアーノダルバ村の入り口にあるベンチでピクニックランチ
ベンチの隙間を利用して
川田さんがナイフを入れ、いろんな種類のフォカッチャをシェアした
こういう楽しみ方ができるのもイタリアの田舎ならではだ






22810600-2018-05-25-11-41-2.jpg
BSの「小さな村の物語」のテーマ曲
オルネッラ・ヴァーノー二の 「L’appuntamento」が聞こえてきそう
ここはイタリア第一級ワインを産する村





2018IMG_5286.jpg
2014年GiroでBaroro~Barbaresco間の個人TTコース記念の大車輪





<22018IMG_1497.jpg
バローロ村のぶどう畑
長期熟成銘柄の最高級品イタリアワインの名産地
ここのぶどう畑には必ず一本のサクランボの木が植えてあり
鈴なりに実ったものもあれば
あぜ道ひとつ離れるだけで、まだまだという畑もあった
どこがどう違うのか、不思議な光景を見るにつけ
このようなことがぶどうの木にもいえることなんだろう
有名なロマネ・コンティを産する畑も
あぜ道1本で天と地ほど違うと聞いたことがある
ちょうどそこが地層とか断層とかの切れ目であり
適当に道を引いた訳ではない・・・








2018IMG_0262.jpg
ピエモンテのぶどう畑の景観が世界遺産に選ばれ、その5地区のひとつがバローロ村のあるランゲ地区。この日は見渡す限りぶどう畑が広がる丘陵地帯や、所々に点在する村も訪ねた。また、ここでは紀元前5世紀のぶどうの木の花粉が発見されており、古代ローマ帝国の遺跡ではない、当時のままの風景を想像できる貴重なサイクリングを楽しむことができた。






2018IMG_5276.jpg
バローロ村の大聖堂
村に響く鐘の音と
隣にある保育園の賑やかな声
子供たちの可愛らしい言い争いと
それを嗜める先生の優しい言葉
こんな会話から
イタリア語のレッスンを始めると楽しいだろう






2018IMG_1451.jpg
大聖堂下のカフェ「Ma.To di Marengo Paolo」のテラス席で一息
エスプレッソをちょっと薄目した、カフェロンゴが定番になってきた





2018IMG_8569.jpg
川田さんが店主と話して、看板にあるドルチェが人気らしい
そこで地元デザート「Bunet」をいただく






2018IMG_8568.jpg
これが濃厚で香りが素晴らしく
甘いものが苦手でも感動するほど美味しかった
それに観光客相手ではないので安いのだ






2018IMG_8570.jpg
店の前での集合
このような楽しみも
フランス語と日常会話に困らないイタリア語が堪能かつ
食を探求する川田さんだからこその旅である
もちろん当然ルイさんはもっと話せるが
我々男は、一歩の押し、場の雰囲気を理由に
食の追求という熱意には欠けるんだな






2018IMG_1458.jpg
Ma.To di Marengo Paolo の店内
お茶とドルチェだけで終わったが
次回のチャンスがあったらランチを愉しみたい






2018IMG_1488.jpg
バローロ村のBorolo Landでワインテイスティング
ONLY TOPの4杯を25€で試飲






2018IMG_1481.jpg
バローロ、Barolo、BAROLO、ばろーろ







2018234-2018-05-23-14-44-42.jpg
イタリア最高級のバローロ・・・





2018IMG_5295.jpg
10年ものがそこそこのお値段







2018IMG_5294.jpg
この2011年ものは300€
4万円弱

記念に買ったのは15€のLANGHE NEBBIOLO
何かの本で読んだ主人公がLANGHEが好きだったから






2018602giIMG_5375.jpg
16時前にサイクリングを終え
17時にクネオのクリスタル・ホテルにチェックイン
ちなみにイタリアやフランスなどホテルのエレベーターの表示がこれ
0階が実際は1階で、1階のボタンは2階と不思議な表示が標準
なので311号室は3階のボタンを押すが階段で上がるなら
4階のフロアにあるので、はじめは訳が解らなかった

海外自転車輪行必須が洗濯ネット
川田さんが代表して近くのコインランドリーに行ってもらったが
これがないと駄目
B&Bではママが有料で洗濯してくれるが
やはり洗濯ネットがないと駄目
加えて、ほとんどは自分の部屋の洗面所で洗うから洗剤も必須
ジャージは上下2セットで保険として積雪の峠用に冬用がワンセット
今回冬用は使わなかったが、昨年のステルビオ峠では凍らずにすんだ
ウィンドブレーカーは荷物にならないので2枚重ねれば相当凌げる
綿のTシャツは外には干せず、部屋干しなので1日では乾かない
なので洗え替えとして考えないが無難
乾燥機に入れたとしても100%乾燥すると思っていないほうがいい
特にソックスは完全に乾かないと納豆になるから手に負えない
この辺はまた追々と







20180268-2018-05-23-21-14-1.jpg
クネオの中心地にあるレストラン「I 5 Sensi」で夕食
地元でも人気の繁盛店で川田さん選択の理由はクチコミ評価
スタッフの特々とした説明を聞いてコース料理28€に
牛のたたき、ラビオリ、パスタもしくはリゾット、子牛、デザート
この地方は米の産地なのでリゾットが有名
食べてみると期待通りの「どうしてこんなに美味しんだろう」と
リゾット好きのわたしは感動の逸品だった






20180325-2018-05-23-21-42-1.jpg
チーズがいろんな種類があってたまらない







20180317-2018-05-23-21-42-1.jpg
アニバサリープレート登場






2018IMG_1562.jpg
川田さんの1日早いバースディのお祝い
ほかのお客さんがいるレストランで
一瞬店内を暗くし、スタッフがバースディソング歌いながら
運ばれてくるプレートは感慨もひとしお
何となく日本では個室で
身内だけで・・・というイメージがあるが
他のお客さんの拍手こそ、感動じゃないかと思う






22018IMG_5324.jpg
牛肉のカルパッチョ
ヴェネツィアのハリーズ・バーから始まったカルパッチョ
1950年の秋、食事制限のある常連の婦人が店に訪れ
薄くスライスした生のフィレを出したのが始まり
カルパッチョという画家の描く鮮やかな赤と
よく使われる白の色彩をヒントに
ビーフのテンダーロインとホワイトソースを組み合わせ
その画家の名前を料理名にした






2018IMG_5329.jpg
美味しい料理に舌鼓をうっていると
大久保さんの姿がない






20180294-2018-05-23-21-42-0.jpg
厨房で発見
もちろん了解を得てのことだが
その熱意は凄い
何処でも
誰にでもツーショットを快く受けさせるのは
ほとんど名人芸だな






20180291-2018-05-23-21-42-0.jpg
ここでもチャオ~
日伊親善大使は駆け回る






2018IMG_1544.jpg
難解なワインの選択はルイさんにお任せ
フカッチの
パッショーネのようなバローロと






22018IMG_1551.jpg
爽快なルビー色のランゲ

素材の滋味あふれる数々の料理
湯気をたてて運ばれるパスタやリゾット
目にも鮮やかな真っ赤なフィレ肉のカルパッチョ
ロゼ色の子牛
パーティの適正人数が8人である理由は
1本のボトルをを最適な量で注ぎ分けられ
そのため2種類のワインを飲めるからという
僕らはそれを2セット・・・
プラス、食前にビールにスパークリングワイン






20180326-2018-05-23-21-42-1.jpg
ということで長々とした二日目終了
サイクリングが終わってホテルで食べるなら
たっぷりと時間があるが
高くて美味しいはあるけど
安くて美味しいはあまり聞かない
よって、事前情報をもとに予約し、外に食べに行くことになる

ホテルに着くいやいなや
「1時間後にロビー集合」ということになり
その間、二人部屋なので交代でシャワーを浴び
交代で洗濯をし、慌てて着替えることになる
この日の店もそのような理由で、かつ開店時間を狙う
遅く入ると混み合い、当然料理は遅れ、サービスも悪くなるから
これが川田さんのツアーの哲学
どうでもいいことはさっさとやり
楽しいことに時間をたっぷりとかけるということ
早起きは得で
凝縮した時間を過ごしたあとは早寝をすること
結果、綺麗な花束のような明日が待っている
このような日頃の生活を目指しながら
自分の望みはそっとポケットに隠したい。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/06/09(土) 20:08:57|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2018 其の二

2018522giIMG_1428.jpg
昨年の100回大会に引き続き今年もジロ・デ・イタリアへ7泊9日で行ってきた。
昨年はイタリア半島東北部のドロミテ山塊を中心にした山岳とミラノのドゥオーモ広場ゴール、今年は北西部のフランス国境に近いピエモンテ地方、そしてアルプス山脈を舞台にした最後の山岳決戦を自走で上って観戦する。

フライトはANAのコードシェア便で、羽田からルフトハンザでミュンヘンに行き、空港内地下鉄で日本より厳しい手荷物検査と出国審査をし、便を乗り換えたルフトハンザでミラノ・マルペンサ空港へ、帰りにはフランクフルト経由でANA便となり費用は羽田マルペンサ往復が122,420円。

案内してもらうのは昨年に引き続き南仏プロヴァンス在住のルイ・バトゥーさんと川田俊絵さんのサイクリングツアー会社、「アドベンチャー・サイクリング・ヨーロッパ」(以下ACE)のお二人。ACEさんへのツアー料金が2,100€、ツアー代金に含まれない今回の昼食・夕食・飲み物代等が300€(毎晩本場ワイン三昧)、それとジャージ類など土産代が400€だった。

高いと思えば高いし、この体験が安いと思えば安いかも知れない。無理と思えば無理だし、興味があればどうしたら行けるか現在の収支を再考してみると、1年後、2年後に可能性はあるのかも知れない。ちなみに私と松澤さんと大久保さんは、四捨五入の60歳前後が部活に一番熱が入ると考え、あとは燃え尽きる。

レンタカーや公共の交通機関で行けるスタート地点やゴール観戦だったら独自で行けるかも知れないが、大会のコースを選手が来る前に自走で上る峠での観戦となると、道幅も狭く交通規制もあり地元並みの経験者か、キャンピングカーで事前に待機して過ごさない限り無理である。そうなるとACEさんのように下見して、ホテルから自走で行くか、麓まで車で行って上るか、入念な計画(風雨雪対策)を立てないとジロの山でのお祭り騒ぎには参加出来ない。

以上、よく聞かれそうなことを列記。
川田さんの情報によると、物価・料理の旨さ・観戦規制の厳しさは、ジロ > ブエルタ > ツールの順だそうだ。ホテルやB&Bの朝食や、普通の食堂のランチや、地元客が多いレストランなど、ジロに外れは一切なかった。またワインの名産地ゆえ10€代でも驚くほど絶品のワインが多かった。(64歳コテコテのフランス人のルイさんの評価)





2018602giIMG_5235.jpg
松澤さんと大城さんの輪行は段ボール
大城さんは移動のためにキャスターを自作
これがミュンヘンの手荷物審査で大いに受けた
大城さんは沖縄のサイクルスーポーツに深い
ツール・ド・おきなわは過去29回のすべてに出場されており
サイクルスポーツを地域で牽引する立場として
ジロ遠征の経験は貴重なものだと思う







nn10020-2018-05-22-10-15-44.jpg
飛行機での輪行の関門は空港までの移動と預け入れ検査、段ボール組は羽田空港へ宅配。シーコング組のわたしは熊本空港まで車で送ってもらったので、羽田の国内線から国際線への移動はキャスター付きなので無問題、岐阜の大久保さんは新幹線だが早朝なので大汗かかずに到着、帰りは国内線を選択。検査はチェックインカウンターで重さだけ測って、奥の大型専用の検査場でヘルメットやシューズ以外の衣類などをを入れておくと全部出して検査される。これが帰りのミラノ・マルペンサ空港ではシーコンが丸々入るX線検査機があるから面倒なことはない。







n20023-2018-05-22-10-39-52.jpg
預け入れが終わるとあとはフライトを待つばかり
なので乾杯!






n30042-2018-05-22-17-29-45.jpg
寝る、見る、食べる、飲むを繰り返していると、苦痛も不快も感じずミュンヘン空港到着。寝酒にウィスキーを頼んだら、ドイツ国エアーラインには無く、代わりにコニャクを案内されて芳香な香りを堪能する。






n30044-2018-05-22-17-34-55.jpg
ドイツの空港(ミュンヘンとフランクフルトしか知らないが)では、ゲートへの案内板・標識が見やすくて(的確な場所へ限られた標識)搭乗ゲートへ行くのが簡単な気がする。ただし、日本のように「〇〇便のお客様いらっしゃいますかー?」なんて、呼んでいるスタッフはいないし、出発時間が迫っていても、優先的に前に入れてくれるようなことはない。すべて自己責任が常識という感じ。なので余裕をもって搭乗ゲートへ行くことにしている。







n40045-2018-05-22-17-42-47.jpg
地下に行く長いエスカレーター







n50047-2018-05-22-17-44-27.jpg
空港内の地下鉄で搭乗ゲートへ
電車が来ると透明の隔離ドアが空き乗り込み、到着すると自然の流れでエスカレーターに乗り、あっという間に搭乗ゲートへ。ルフトハンザA320に乗り換え1時間5分でミラノ・マルペンサ空港(MXP)に到着。








n70062-2018-05-22-20-44-18.jpg
ミラノ・マルペンサ空港到着
自転車がなかなか出てこなかった。違う便に乗った乗客と空港スタッフが荷物が届かなく押し問答中の場面も。
ここはイタリアと觀念するしかない。なので一泊過ごすだけの荷物は手荷物に入れておくのが必須。30分以上1時間近く待たされてやっと運ばれて来た。







n80064-2018-05-22-20-47-01.jpg
到着ゲートを出たらルイさんの迎えが心強い
これからの滞在中に無駄な待ち時間や回り道
それにやり直しが無いことが旅を有意義に楽しむことが出来る
「時間をお金で買う」ということ
「どうにかなるさ」はここでは通用しない






n90073-2018-05-22-21-57-52.jpg
ホテルに着いたのは現地時間の21時過ぎ
夕食はホテルのレストランで初イタリア料理にワインで乾杯







n100083-2018-05-22-23-13-24.jpg
すでに明るいイタリアの歓迎を受ける人も
ホテルのスタッフにツンツンした人はおらず皆さん明るい








nn110103-2018-05-23-6-28-25.jpg
自転車は翌朝組んで準備完了
段ボールやシーコンは最終日もこのホテルなので倉庫で預かってもらう








2018602giIMG_8546.jpg
このメンバーで6日間イタリア北西部を走る。
昨年参加の東京の松澤さん(川田さんの元上司)と岐阜の大久保さん、初参加の沖縄のバイスクルキッズ店オーナーの大城さん、滋賀のサイクルショップオーナーのフカッチさんと、今回初めてお会いした大阪のMさんの定員枠6名となる。フカッチさんとMさんはACEさんからロードバイクをレンタルし私たち4人は輪行。南フランスから5時間かけて来られたルイさん運転のRenault Traficでこれからジロを追う。







n120122-2018-05-23-8-24-52.jpg
自転車はルイさんと川田さんのを含めて8台
ボルボのトレーラーに7台と車載1台で運ぶ






20180524kuneo1.jpg
短期間の滞在で
あれもこれも詰め込むのはよくないので
こんな息抜きのサイクリングが大切
残雪のアルプスと古い教会の景色へ行ってみよう






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/06/03(日) 11:34:31|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRO D’ITALIA 2018 其の一

2018601giroIMG_1586.jpg
101回大会となるジロへ5月22日から行ってきた。
目的は、第101代マリア・ローザを決める18ステージから始まる3連続山頂フィニッシュを自走で上って観戦することと、サイクルフォトグラファーの砂田弓弦さんにお会いすること。それにブドウ畑の景観が世界遺産に登録されているランゲ地方のアルバの丘陵地帯や、コモ湖周辺からギッザロ教会までサイクリングすることだ。もちろん、食の宝庫のイタリアだけに地元に人気のレストランでの食事や、歴史あるサイクリングロードを走ってみることも体験したいと思っていた。







2018531giroIMG_5307.jpg
また、スポーツ自転車として世界の流れとなっている電動アシスト自転車“e-bike”にも興味があった。昨年に続いてツアーガイドでお世話になった川田さんが、マウンテンバイクのe-bikeから、今年は写真のBOSCH製400Wバッテリー搭載のラピエールのクロスバイクに導入され、その進化を確かめるいい機会となった。

マウンテンは趣味のダウンヒルを楽しむためアシストを使っての上り用とされていたが、そのパワーは昨年友子さんが乗って十分なポテンシャルを目の当たりにした。ステルビオ峠の手前、ウンブライルパスの別れ道の有名観戦ポイントまで私と一緒に景色を楽しみながらの往復40キロ強を、20%弱の充電を残し峠越えのサイクリングを楽しむことが出来た。

しかし、川田さんが仕事として使うには、ロードバイクに遅れることなく先頭を切って峠越えの長距離を走る必要があり、フロントサスが無いため軽くてタイヤも細いクロスバイクの選択となったようだ。これについては一緒に走った上りにおいて、途中から到底付いて行くことが出来ないパワーには圧倒された。イタリア語でマッターホルンを表すチェルヴィニアへの麓から上る往復62キロ、獲得標高1600mの峠では、20%の充電を残し軽々と走られ、頂上では周りを見渡すと4~5台に1台はe-bikeだった。自走で峠越えができる人たちだけでなく、力のない子供や女性、年配の人までアシストして同じ感動を得ることができるのが世界基準のe-bikeだった。

ということで2018年ジロ・デ・イタリア遠征の記録は追々紹介していきたい。





FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/06/01(金) 13:39:48|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土橋さんはクルクルを取った

22018519okIMG_1425.jpg
阿蘇に泊まって走るサイクルツーリズムを第一弾は旅館で、第二弾をキャンプ場で阿蘇の皆さんと開催した。泊まらなくては得ることが出来ない走行後の食事や温泉、外輪山から日の出見に行く感動のライド、そのような阿蘇の恵みを地元サポートライダーと交流しながら体験するツアーに取り組んだ。そして、二つのイベントの物語を隅々まで読了し、妄想を現実にされたイベントが開催されることになった。もちろん私たちもお手伝いをするので興味のある方は是非こちらを。






2018519okIMG_1397.jpg
2週間前のGWの日に菊池渓谷に程近い旧迫水小学校で、ピーター・バラカンさんの出前DJが開催され、懐かしい70年代のロックだがほとんど聞いたことがない心地よい曲を楽しんできた。ピーター・バラカンさんは、1951年 ロンドン生まれで
ロンドン大学日本語学科卒業という、次から次に新しいロックが産声を上げる環境の中で育たれ、日本では聞くことが出来ない有名になる前のミュージシャンの名盤から選曲され、目から鱗のエピソードも貴重なお話だった。

さて、ここに辿り着くまでがたいへんだった。内牧温泉から212号でいつもはのどかなミルクロードに出ると、北山展望所の信号までの大渋滞という初めての経験で、開場に合わせて到着予定が開演に5分遅れて会場に着き、最初の一曲目を聞き逃したのが残念だった。






2018519okDSC_2879.jpg
ノーべル賞記念盤は2916円とお高いが村上春樹さんの解説付きということで迷わず購入。
まだ読み出しばかり、解説は当然ながら最後の楽しみにしておこう。






2018519okIMG_1404.jpg
土橋さんの店では理容店では珍しく週休二日制を導入
集客は落ちずリフレッシュが上質な技術と接客の糧となっている
昨日行ったら、ついに入り口にある三色のクルクル回る
サインポールを撤去されていた
もはや誰でもではなく、時代の流れに沿う敷居にするためだろう
相手が喜んでお金を払ってくれて、
提供する自分も楽しむことができる
無理なく続けて利益も上げ
さらに上質の技術を提供するため
イギリスやイタリアへの修行に投資する
更なる進化を続ける男性専科土橋理容店を
阿蘇ライドの帰りにでも、是非

土橋さん曰く
世界一になる。







FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---




  1. 2018/05/19(土) 17:03:51|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GWが終わって

2018507IMG_1388.jpg
5月5日の仕事からの帰り、212号からミルクロードに入って1キロ程で渋滞となり北山展望所まで延々の車列が続いていた。この区間が渋滞するのは初めての経験で、想像するに好天に恵まれたこともだが、熊本地震以降閉ざされていた阿蘇周辺の道や観光地の再開がその要因だったのだろう、それと好景気(メディアでは報じることが少ない失業率の低さ)も知らず知らずに背中を押してくれたのではないかと思った。

宿の方もフル稼働で震災以降少なくなったスタッフの代わりに、英語が堪能な中国の若い女性や、宿の顧客である陸上実業団が合宿するということから趣味がマラソンの鹿児島からの若い男性移住者、それに自転車が趣味の地元の女性に、ハーレー乗りの福岡からの派遣の男性という様々な顔ぶれでGWのお客さんを迎えることができた。

わたしはというと、長きに渡り温泉宿としてお客さんを迎えるには、温泉が枯渇しないよう無駄のない扱い方をしながら、温泉の持つ自然の治癒力を生かし、もっとも気温に適した温度で温泉を提供する管理人が必要で、宿ではそれを湯守りと呼んでいる。その湯守りは現在東京から移住してきた33歳のトーマ君が担当しており、彼が休みの時はわたしが代わって管理するため10日間連続宿に通った。宿の多忙さもあったが、この仕事ができるのは高齢の会長さん(館主のお父さん)だけになるので必然的に出番となったわけだ。

この期間、もっとも印象的で思わずスタッフ全員びっくりの笑顔になったのが中国の家族旅行の方だった。到着されてトランクから出されたのは、薄い紫の新品のランドセルだった。「・・・・」目が点になっていると、「この子のなの、包装箱に入ったままだと運ぶのが大変だし、子供がせがむので背負わせてるの」・・・子供さんへの日本の土産が、高級なランドセルで、中国で今トレンド的に流行ってるらしい・・・スタッフのひとりが呟いた 「あれ5万以上だわ・・・」


阿蘇内牧温泉に外国人の方が来るには、レンタカーや公共の交通機関になり、英語が話せないとまず無理である。宿は大型バスに添乗員付きの団体客が利用する規模や内容ではないので、少なくとも1人は英語が話せるFIT(外国人個人旅行者)がお客さんとしての対象になる。そこでスタッフと外国の方と英語で直接話すことによって、日本のお客さん以上にコミュニケーションが生まれることになり、このような会話の中で親しくなり顧客としてまたお越しになる場合が多い。これはスタッフも楽しいことでありGWの忙しい日々が続く中で大いに息抜きが出来た瞬間だった。

最後の日、軽のレンタカーで来られたフランスの若い女性3人組は、森閑とした杉の間や、野草の活花、スイレンが咲く池、それに利用時間が過ぎた男子の大浴場など一眼レフで撮りまくった挙げ句、片言の英語の会長さんと長いこと話されていた。笑顔が爽やかでスラッと背が高く温厚で、家紋をつけた紋付羽織の出で立ちという日本人が珍しかったのだろうか、そんな宿の日常に触れられだけでメルシーを連発し、満面の笑顔と感動のフランス語をまくしたて、暖簾をあとにされた。今までの経験からいくと、あのフランス人は絶対また来られるに違いないと思って見送った。






FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/05/07(月) 17:35:56|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定番やまなみハイウェイ自走旅

2018501koIMG_1385.jpg
兵庫県西宮市からお越しのTさんは、19時05分発のフェリーで大阪南港を経ち、翌朝6時55分に別府港へ到着され、期待に胸膨らむのを押さながら慎重に自転車を組まれた。港の前のセブンで軽く朝食を取られたあと澄んだ空気で深呼吸し、海沿いの国道10号線を軽快に走られた。九州横断道路、やまなみハイウェイ入り口の交差点を左折すると、すぐに湯煙と硫黄の匂いが立ち込める昭和的な温泉街となり、ここでやっと「自転車で九州に来んだ」と実感されたようだった。

西方の筑後川水系と東方の大分川水系との分水嶺にあたる標高707mの水分峠では勢い余ってかなり足を使ったそうだ。二つ目の峠となるやまなみハイウェイの象徴的な絶景、長者原から上る牧ノ戸峠では、普段あまり山を走る機会が少ないので苦労したと笑顔で話されていた。

宿に到着されるのが見えたので暖簾の前で出迎えた。ここまでのルートと体調を聞いたあと静かな一角で抹茶を飲んでもらいながら明日のコースを紹介した。帰りは同じ道を自走される予定だったが、短いながらも阿蘇での1泊2日を堪能できるよう提案しそれが決まった。あとは自転車の方だけに提供している洗濯機でジャージを洗い、温泉旅館の一夜を過ごされたようだった。

翌朝は日の出鑑賞と雲海遭遇を期待して大観峰に行かれ、早朝の澄み切った無風のミルクロードのサイクリングをたっぷりと楽しまれた。宿に帰ったら朝風呂でさっぱりしたあと、朝食をゆっくり食べて10時過ぎに一旦チェックアウトし、荷物を預けて阿蘇火口に行かれた。

予定の14時に宿に帰ってこられこの日二度目の温泉を愉しまれた。自転車を輪行袋に入れられたら阿蘇駅まで車で送った。駅改札横のインフメーションに輪行袋の自転車を預け、隣の阿蘇道の駅でおすすめの弁当と、豆の木さんのフレンチトーストを買われ、15時11分の特急あそぼーいで車窓の人となり17時11分別府駅へ。そこから3キロの別府港に行き18時45分発のフェリーで帰られた。

Tさんの輪行スタイルにちょっと驚いたことがあって、それはバックがリュック無しのロスホイールの8Lのサドルバッグのみというところだ。多くの自転車旅の方を見てきたが3泊旅では究極の軽装備だと思う。

バッグの中身はというと、ウィンドブレーカーに替えの下着類がワンセット、眼鏡、輪行袋、それにスマホやサイコンの充電器類だが、フェリー2泊と旅館1泊で自転車のウェア類や下着は宿で洗濯できるからあとサンダルがあれば必要にして十分だろう。写真を撮るのは忘れたが、そのロスホイールのサドルバッグが何とネットで送料込みの2000円という格安で他社製品の半年以下、品質はというとわたしが見た感じに特に違和感もなく、Tさんのやまなみハイウェイ自走200キロにも問題はなかったことから試してみるのもいいかも知れない。

これからの季節、リュックは蒸れて暑いし、それに重心が高くなりダンシングがしにくい。わたしみたいにリュックを背負って走る機会ないと、昨年のステルビオ峠の急勾配でダンシング宙にバランスを崩してコケてしまうなどトラブルの元にもなりかねない。そうなるとロールアップ式のサドルバッグも2000円くらいならと思いつつ自転車旅のつぼみをあたためたい。




FLUCTUAT NEC MERGITUR 
 --- 漂えど沈まず ---



  1. 2018/05/02(水) 17:13:31|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: