コルナゴ部長の阿蘇天空の旅

阿蘇くじゅう国立公園に位置する阿蘇内牧温泉からロードバイクで走るの魅力を紹介します。

スリランカ料理「わさんたらんか」

22017sozankyoDSC_2539.jpg
今年最後の実業団、シスメックスさんの合宿が終わった
あとは本番の大会で応援するのみ
1週間以上、毎日お会いしていると親近感もひとしお
それぞの目標の達成祈りたい






20171016mIMG_0418.jpg
雨もあって友子さんの希望で和水町のスリランカ料理「わさんたらんか」へ行ってきた







20171016mIMG_0417.jpg
場所は以前の店から移転されたとうことで、江田船山古墳公園内の肥後民家村の入口の横にある古民家というちょっと不思議なところにあった。この公園は5世紀後半に築造された全長61mの前方後円墳や、その出土品など歴史的に貴重なものを見学することができる。しかし、時代の流れか、当初の目論見から外れた公園内の施設もあり、その有効活用と古墳等に興味を示さない客を公園に引き込む効果もある。また、メニュは隣の道の駅や、近隣施設と競合するものではないので、箱物の再生と移住者呼ぶ込む方法として視点を変えた手段ではないかと思った





20171016mIMG_0403.jpg
店内に入ると、もともとそば屋だったところをシンプルに改装してあり、小上がりが2テーブルと、あとは学校の教室の机と椅子を使ったテーブル席が並んだオープンキッチンの素朴な造りが、低価格で美味しいスリランカ料理とメキシコ料理が愉しめる理由に期待が胸ふくらんだ。席に座るとすぐに満席になったが、並ぶ人は公園内を散策できるところがここのいいところのようだ。






20171016mIMG_0410.jpg
最初に頼んだ単品が「ソパデマリス」海の幸のスープ
トマトベースのシーフードスープで濃厚でピリ辛、
プーンで口にいれる度に汗が吹き出すも
癖になる初めての美味しさだった






20171016mIMG_0416.jpg
友子さんが頼んだのは「エビのアロス」
スペイン語圏のシーフード炊き込みごはんは
辛くなく普通に美味しい







20171016mIMG_0414.jpg
わたしのはスリランカの「ヌードルカレー」
そんなに辛さやパンチ力は感じないのだが
首から上は汗がどんどん吹き出てくる
これも癖になる旨さで今考えているだけで唾が出る

スリランカから日本に来て16年のワサンタさんと
奥さんのふみさんの二人の店「わさんたらんか」は
BGMもなく素朴でスローな雰囲気と個性的なメニュがいい

雨の日曜日ではあったが
公園内に駐車中の車はこの店の客ばかりのようだった
わたしたちは店に来ることが目的で和水町を訪れ
帰りには近くの「スーパー菊屋」で珍しいものがあったので
夕食の食材を買って帰った

きっとまた近いうちに食べ損なったメキシコ料理「モーレ」と
「スリランカカレー」を食べに行きたい
その時もまた近くで食材を買って帰ろうと思っている
一軒の店でその地に呼び寄せる威力
伝える相手はやはり女性だ








FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



スポンサーサイト
  1. 2017/10/16(月) 16:27:39|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

開通した吉田線を走る

20171012bIMG_0038.jpg
震災以降、通行止めになっていた吉田線(阿蘇南登山道)が10月4日に開通したので下見に行ってきた。国道57号線の二つ目の迂回路となり、南阿蘇方面へのアクセスが大きく改善される阿蘇長陽大橋は8月27日に開通しており、こちらも初めて車で通ってみた。国道57号線の立野でこのようなブルーのラインが引かれ長陽大橋へ誘導されている。






20171012bMG_0043.jpg
長陽大橋を渡り戸下大橋上の山が崩壊した跡が規模の大きさを物語る。325号に出るまで道は細い。特に戸下大橋を渡ってからの蛇行する上りは、車の多さと大型トラックが通行するため自転車は危険、車両には迷惑だと感じた。わたしは自走でこちら方面に行くことは、大津から二重の峠に上るミルクロードと同じく、せっかく開通した生活道路ゆえに絶対勧めない。





20171012bIMG_0045.jpg
車を「あそ望の郷くぎの」に置き吉田線を上った。途中3箇所、誘導する人がいないタイマー式信号の片側通行になっており、区間が短い分タイマーの時間も短い。3箇所目は後ろに並んだ車3台を先に行かせ、けっこう急いで行って残り9秒だった。グループで行くなら誰か先に行って全員が通るまで車を止めるべき。

ビューポイントから道を眺めると色の濃いのが新たに舗装し直したところで崩壊は広域だったようだ





20171012bIMG_4528.jpg
火の山トンネル入り口
811mのトンネルの長さと暗さ
それに車やバイクの共鳴する騒音は
久し振りの怖い思いも懐かしい
前後のライトは必須








20171012bIMG_4531.jpg






20171012bIMG_0051.jpg
草千里を通り坊中線のダウンヒル
爽快感100%
今年最後の牧草の刈り入れ時で
農家の方は忙しく様子だった

そう言えば通勤の帰りの国道212号では
牧草を刈った大型の農耕車が麓に帰っている
本来なら狩尾峠や小嵐山の牧野道を通るはずが
通行止めなので車の多い国道を
後続車両に道を譲りながら帰られている






20171012bIMG_0054.jpg
いこいの村の前を通り阿蘇市役所前のコンビニで補給
国造神社の道を上ってミルクロードへ
やまなみハイウェイ出て
エルパティオの先から右折し国道57号へ出た






20171012bIMG_4538.jpg
国道を少し下り「レストラン峠」の手前から
牛止めが2箇所ある牧野道へ入る
上るのは初めだが2箇所の曲がり角に注意
行き着くところは箱石峠





20171012bIMG_4542.jpg
赤錆のガードレースの先に根子岳
今日走ったコースは理想的な阿蘇の眺めが愉しめる
時間帯やルートをアレンジすれば厳冬期を除いて走りごたえもあるだろう
吉田線は上りで、坊中線は下りに限る
これは外せない
帰りにグランツムートのベーコンとスモークチキンのパンを買った
ご主人と懐かしい再会もできた
景色と食べ物と人
このセットこそ阿蘇サイクリングの醍醐味だ






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/10/12(木) 15:11:00|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八方ヶ岳林道とコントルノ食堂の休息日

10102017bIMG_4522.jpg
まったく予定がない二日間の休息日、定時に目が覚めたのでいつものように走りに行った。
番所に着いた時には少し明るくなって、朝もやがキラキラと輝いていた。
さて、ここから何処に行こうか、真っ直ぐ行けば兵戸スーパー林道でオートポリスからミルクロード、菊池人吉林道だったら鞍岳林道を通ってミルクロード、いずれも毎朝通勤のミルクロードに行き着いてしまう。西側、岳間渓谷方面は先週行った。東側の矢谷渓谷から八方ケ岳林道はしばらく振りなのでこっちへ決めた。ただ、道が荒れている、沖縄を前に落車は避けたいのでコーナーと下りは慎重に走ることにした。

山女魚養魚場を過ぎてしばらく行くと、鬱蒼とした杉山だったところが伐採され、拓けた上に空まで見え、樹木のトンネルが延々続く道から様変わりしていた。それに道路脇の草も綺麗に刈られ、写真は撮り忘れたが、以前とは想像できないサイクリングにはうってつけの林道になっていた。明るくなるとともに気温も上がり、長袖ジャージでは暑過ぎて引き上げることにした。林道から麓に降りるには広くて舗装の良い上永野集落を通る道(写真)を選んだ。ほかにもいくつか降り道はあるが、殆どの落車は下りが多いので安全な道の選択が大切だ。

家に着いたのが8時過ぎ、2時間の朝食前のサイクリングは気持ちがよい。このあと何処にも行かないと決め、本を開いたり、録画したジロやツールやを見たり、昼寝をしたり、実に有意義な休息日となった。






10102017bIMG_0364.jpg
唯一の用事は友子さんと三人で娘の誕生日を祝うこと
休息日の冠はコントルノ食堂

走ったのでまずはビール
いや、お祝いの乾杯
モレッティのあとはスコットランドのブリュードッグ
独特の苦味が魅力でそのパンチ力に
思わず「嗚呼!」







10102017bIMG_0362.jpg
走る豚の生ハムだったかな
菊池産のイチジクと相性は二重丸
今日は熟れたアケビを至る所で見たが
生ハムにアケビもいいかも





10102017bIMG_0367.jpg
トリッパと白いんげんの煮込み
普通はトマト煮のところ
出汁で煮込んだ上品な逸品
泡か白か・・・






10102017bIMG_0373.jpg
菊池産猪のラグーと自家製生パスタのキタッラ
それに菊池産有機小麦と天然酵母の自家製パンがセットになっている
猪とキタッラの相性もいいが
自家製パンは下処理の良さが際立つ猪肉のソースの旨さを堪能できる






10102017bIMG_0398.jpg
一番美味しかった葡萄酒





10102017bIMG_0384.jpg
自然栽培の菊池米と菊池産栗
それに走る豚のベーコンを配したリゾット
コントルノ食堂の栗ご飯に悶絶






10102017bIMG_0397.jpg
締めは菊池産「えこめ牛」イチボのロースト
今日走った野山の草の香りのような風味
米の需要を増すために米パン
同じ理由で米を飼料にした「えこめ牛」
確か由来はそんな記憶がある
時間をかけ熟させたエージングが肉の旨味を増す
インパクトあるアンチョビーバターも印象的





10102017bIMG_0401.jpg
吟味に吟味された菊池の食材のイタリア家庭料理
家族の通過儀礼に良い
ひとりで行くにも
気取りがないので気持ちがいい菊池シェフ
それでいて深く工夫と苦心が隠してある
熊本・菊池温泉に行ったら一度立ち寄りください





FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/10/11(水) 18:18:27|
  2. おすすめ食事処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全日本実業団対抗女子駅伝大会を目指して

20171006kDSC_2525.jpg
実業団陸上部の合宿シーズンとなった。
しかし、年2回に来られる旭化成陸上部さんの9月合宿は取り消しとなっていた。理由はアピカ陸上競技場が震災後の復旧工事で使えないことと、湯浦のコースも同じく工事中でシーズンインする追い込みの練習に影響をきたすため。宿にとっては2週間、ほとんど貸し切りのような日々が今年は消えた。






20171005oDSC_2515.jpg
10月になって九電工女子陸上部さんが合宿に来られ
昨日からはシスメックス女子陸上部さんが
8日間の合宿に来られている。






20171006kDSC_2522.jpg





20171006kDSC_2530.jpg





20171006kDSC_2528.jpg





20171006kDSC_2533.jpg
春と秋の実業団さんの合宿は、内牧温泉の風物詩として20年以上の歴史があり、宿のスタッフもホッとした雰囲気になる。
シスメックスさんは、10月22日開催の「プリンセス駅伝in宗像・福津 第3回予選会」を目指され、 九電工女子陸上部さんは、昨年の成績により予選会免除で11月26日の本大会に挑まれる。宿としてはいずれのチームも入賞を期待し応援したい。







20171006kIMG_0350.jpg
カズオ・イシグロさんおめでとう!
外国のお客さんに自慢したい。






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/10/06(金) 18:14:59|
  2. 宿のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪れる人たちが求めるものを提供していく発想

20171005oIMG_4519.jpg
ジロで北イタリアに行ったときドロミテの針葉樹の森でのこと、ところどころ樹木が無いエリアがあって、そこからの景色は名峰の絵葉書そのものだった。これは景色を見せるために樹木を伐採するなど人の手が入ったもので、単にアルプスの山々を見せれば喜ばれるという考え方ではなく、観光客が求めるものを提供するという発想だと思った。それは「ここに駐車せよ」とか「何々で危険」とか、イメージを損なう看板やフェンス、石垣等まったく無くエリア一帯が絵葉書の景色であり、このような箇所が峠までいくつも点在していた。

阿蘇の景色においても、ビューポイントを遮る樹木を思い切って伐採し、すっきりした景色を見せたらどうだろうか。特に小嵐山の峠付近の根子岳が正面に見えるところは、自転車乗りにとって良き峠道の定番ビューポイントになるのではないかと思う。今からは阿蘇を訪れる人たちが求めるものを提供していく発想がより重要ではないだろうか。






20171005oDSC_2519.jpg
最近、シクロエクスプレスで自転車を送ってくる方が多くなった。特にカップルの方。ヘルメットやシューズも箱の中に入れられて、阿蘇に来るまでとにかく身軽で連れを気遣う必要がないことだろう。申し込みも簡単で、ホームページで申し込み、送られてきたダンボールにロードバイクを梱包、集荷は自宅まで取りに来てくれ、指定したホテルや旅館でピックアップ、帰りも同様に現地で梱包し自宅まで届けてくれる。また阿蘇を走った翌日に、自走して大分に行くような場合にも翌日に大分の宿へダンボールを送るスケジュールも組むことができる。支払いはカード決済もできてネット申し込みで完結するのが便利だ。箱の有効寸法は、123cm(W)×35cm(L)×75cm(H)なので、シートポストは下げる必要があるかも知れない。

昨年、しまなみ海道を走ったときに熊本から新幹線で行った。ちょうど朝の通勤時間に広島でこだまに乗り換えだったので、OS-500持っての移動にちょっと汗と、置き場所の確保に冷汗をかいた。このときは単独だったが、これが友子さんと一緒だったら間違いなく友子さんの自転車だけでも宅配になっただろう。

「自転車を始めて何年ですか」とよく聞かれるが、2007年の春、ちょうどその年にオートポリスで開催された全日本選手権で強風と霧の中、新城幸也選手が優勝した瞬間を見に行った年だった。前の年からジロとブエルタもJ SPORTS で生放送され、有名選手や機材にも目が行くようになって、これしかないと他の趣味をすべてやめてスタートした。自転車歴は10年、49歳で始めて来年60歳には11年目になる。多分、J SPORTS を見てロードバイクを始めた人が多いと思うが、確実に自転車乗りも高齢化が進んでいる。よって自由に使えるお金と時間と健康がある限りは、いつになっても走ることに執着することだろう。そのひとつが若い時にできなかった自転車旅だとしたら、自転車を宅配で運ぶ楽な自転車旅も増えてくるんじゃないだろうか。





FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/10/05(木) 18:16:01|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この熊本の情報誌はいいよ

MX-2514FN_20170928_161326.jpg
カレー好きなので
「阿蘇とカレー」のコピーにひかれて
コンビニで立ち読みしていた友子さん






MX-2514FN_20170928_162327.jpg
ペラペラめくっていると
阿蘇特集に丹野さんの写真がドーンと
見開き4ページも掲載されてびっくりしたそうだ
それもそうだろう
創刊2号の熊本のタウン誌に丹野さんの写真だからね






MX-2514FN_20170928_161031.jpg
即購入(300円)で近々写真と同じ景色のところを走ろうと思っている
購入したい方は25日に次号が出たため
コンビニにはすでになさそう
なので熊本市内の本屋だったら買うことができるらしい





22MX-2514FN_20170929_100307.jpg
カレー特集は玉名郡和水(なごみ)町近隣エリアにカレー屋18軒を紹介した「ナゴミカレーロード」というのがあって、その中からスパイスカレーの2店が掲載されていた。いずれも和水町で、キーマーとチキンカレーの「大塚カレーと珈琲ユキコ」。美味しいな写真もそそられるが、地図で見たら作家でカヌーイストの野田知佑さんの実家近くで著書の「少年記」に描かれている風景を見るためにも今度自転車で行ってみようと思っている。

それとスリランカカレーとメキシコ料理が楽しめる「わさんたらんか」。場所は江田船山古墳公園の中にあり、田舎道を繋いでいけば冬期のサイクリングコースのエイドになりそうだ。2店舗とも移住されて方で、移住・定住者を積極的に支援する和水町の地域活性化のスパイスになりそうだ。







FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/09/29(金) 12:33:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雲海ライドには明るい前後のライトが必須

2017926p_DSC0404.jpg
季節柄、このところ連続に出現する雲海
自転車の方もそれに合わせるかのように
ほぼ毎日お越しになっている
そこで気になるのが装備
真っ暗な中スタートするのでより明るいフロントライト
存在感を示すリアライトが何より重要だ

しかし、フロントライトがシリコン製の非力なものだったり
リアが無い方さえいる
街灯に照らされる都会の道とは違い
くっきり星が見える暗さである
加えて車が少ない故にスピードを出すドライバーが多く
遠くからでも視認できるライトが必要となる

自転車用ライトの大手メーカー「キャットアイ」によると
自転車の人的事故の要因の87%は発見の遅れだそうだ
後続車両や周囲へ注意喚起するためにも
少し高価にはなるが自分の命を守るために
明るいライトを選ぶことが大切である
個人的にはフロントは400ルーメン以上(VOLT400)がおすすめ
わたしはVOLT800で走っている





2017926pDSC_2513.jpg
名古屋からお越しの弱虫ペダルファンのみなさん
お泊りの部屋は当然の「蘇峰」
翌日は牧ノ戸峠や草千里
浮島神社にも足を伸ばされて自転車御守を購入予定
まだまだの人気は宿にとって力強い







2017926pDSC_2511.jpg
一昨日のこと、茨木からお越しの湯山さん一行は
チャリダーで放送された
菊池から菊池阿蘇スカイラインを上って
大観峰に行くコースを走られてお越しになった

翌早朝ライドは大観峰で雲海越しの日の出を拝み
ミルクロードを走って帰って来られた
その後が濃厚だ
早起きの見返りの阿蘇の恵みの温泉と
玉手箱のような朝食をゆっくり愉しまれ
チェックアウトまでゆっくり部屋でくつろがれた

写真は無いが
女性ひとり旅の大阪からお越しのHさんは
自転車乗りの息子さんのご相談
和歌山からお越しの上野さんはフェリーで別府へ
やまなみハイウェイから自走で来られた
朝は坊中線を走られたが以後天気が崩れ
急遽、横断バスで別府へ行かれるとのことで
バス停まで送った

今日から2泊で宅配で自転車送られた方は
明日から走られる予定だが
シクロエクスプレスで届いているのは1台のみ
もう1台は明日になるらしい
トラック便は指定日通りだったが
JRで運ばれているのが遅れているらしい

今回の事情は推察だが
宅配業の人手不足は確実
今までのようなサービスは期待せず
余裕をもって送られるように
宿では早く着いても問題ないので心配無用
ご遠慮無く






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/09/27(水) 16:15:40|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CROWS BIKES阿蘇ライド

2017924kDSC_2500.jpg
鹿児島のCROWS BIKESさんがチームライドでお越しになった
少し前にメンバーの牧瀬さんが下見を兼ねて来られて
大まかなコースは考えられていたので
草千里までの往復ルートや
道の駅阿蘇でのあか牛丼の弁当ランチ
門前町の食べ歩き
それと翌早朝の【雲海ライド楽しみ方のコツ】を紹介した






2017924kIMG_1459.jpg
メンバーに弱虫ペダルファンの方がいらしたので絵コンテや
他の方もラピュタには相当興味をもたれていたので
以前テレビに取材あされたときの動画を愉しんでもらった





2017924kIMG_1444.jpg
阿蘇神社や門前町も訪ねられ元気に帰ってこられた
店長さんはスタート前のブリーフィングや終わったあとの挨拶など
きちんとされており見習うべきと感じた
安全喚起のため当たり前のことだが
当たり前のことを常に当たり前にすることがなかなかできないものだ
そこが元選手でジャパンカップにも出場された経験だろう

この日はフランスの女性グループがいらしたので
タイミングを見計らってツール・ド・フランスことなど話しかけたらと
言ったがどうだったろう

宿には欧州の個人旅行の方が多いので
ツールやジロのこときっかけに空気を読んで話せば面白いと思う
わたしたちがグループで海外旅行に行った際に
ホテルやB&Bで「珍しい日本人」として好意的に話し掛けられたら
うれしいと思うんだが




2017924kIMG_1482.jpg
翌朝は予定より早く宿を出られ大観峰に行かれた





2017924kIMG_1508.jpg
大観峰では見事な雲海がみなさんを迎えた
初めてロードバイクに乗った店長の奥さんが
1時間で大観峰にたどり着き
観光客の方も一緒に拍手で迎えてもらい
日の出にも間に合って雲海も見れるという
トリプルミラクルの達成となったそうだ

チームセカンドウインド鹿児島のメンバーでもある店長のお父さんが
宿の本の中から川西蘭さんの「セカンドウィンド」をご覧になっていると
冒頭に書いてある「セカンドウインドの意味」を読んで目を丸くされ
「知らなかった・・・」と、驚かれていた
大先輩が阿蘇を走りに来られて
この思わぬ発見は実に嬉しそうな第二幕だった






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/09/25(月) 16:49:47|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大観峰で雲海を見るためには

2017924kDSC_2496.jpg
雲海がよく出るようになった
せっかく阿蘇に来られるのだから
様々な志向の自転車乗りでも早朝挑戦されるべき
早朝からの峠越えには抵抗あるかも知れないが
感動を逃す手はない

前夜
自転車には空気を入れ、ライト類も装着し玄関のバイクラックに掛ける
ジャージなど装備を丁寧に着ていく順に枕元に並べて寝る

当日
4時~5時起床、歯磨きも、顔も洗わず、もちろん化粧も不要
さっさと玄関に行きシ、ューズを履いたら即出撃
目指すは大観峰

日の出を見たらあとは体力に合わせて行動
大観峰でまだまだ楽しむ、すぐに帰る、ミルクロードを走る
車帰り交差まで行って、二重の峠を下って帰ってくる
9時30分まで朝食会場に入れば朝ごはんが食べられる
もし間に合いそうにない場合、不要の旨宿に連絡する
感動のシーン>朝食






2017924kDSC_2495.jpg
長野のMさん夫妻とブルベ仲間のAyaさん
ブルベの装備はいつもながら感心するものばかり







2017924kDSC_2505.jpg
「今朝の雲海は素晴らしかったですよ」と
阿蘇くじゅうサイクルツアーを運営している南小国の橋本君が
ツーリング終了したところで
お客さんを連れて立ち寄り湯に来られた







2017924kDSC_2506.jpg
泥だらけの愛車を車載して帰られるので
お客さんが入浴中に持参されたケルヒャーで洗車
オフロードを走るマウンテンバイクのツーリング
なるほど・・・






2017924kIMG_1495.jpg
Photo by Makise

大観峰からの日の出は圧巻
そのためには・・・





2017924kIMG_1483.jpg
Photo by Makise

暗い山道を走るための装備
霧び中を走ることも想定しておかないいけない
存在を示すためには
明るい前後のライトと
身の危険を守る反射ベストが理想
いや必須
リアのライトはシートポスト
シートステイなら水平になるように工夫する必要がある

日本屈指の元プロサイクルロードレーサで
ブルベも経験豊富な三船雅彦さん曰く
「LEDは水平には光が飛ぶが斜めには弱い」
なので地面と水平にできるオプションパーツがあるリアライトで
自分の命を守ろう






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---


  1. 2017/09/24(日) 17:11:54|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

番所の彼岸花

2017922dIMG_4480.jpg
沖縄まで50日となった。
そこで本番を想定した100キロ走る練習をどれだけするのかがこれからの課題。やり過ぎると持病の膝が痛くなるため、その限界ギリギリのところを本番にもっていかなければならない。膝への負担は自転車のポジションやフォーム、クリートの位置などが原因かも知れないが、一番は加齢に依るものだろうから騙し騙しのトレーニングとなる。

昨年、NIPPO・ヴィーニファンティーニでジロに出場した山本元喜選手が、「レースと同じように休まずにずっと走り続けるトレーニングが大事」と、チームメイトのクネゴから教えてもらったことを著書に書かれていた。欧州はラウンド・アバウトが多いからそれが可能だが、日本の場合はどんな田舎でも存在する信号がそのネックになる。そこで信号が2箇所しかない100キロコースを走ってみた。

しかし、彼岸花で有名な番所で膝が痛み出す予兆を感じて、そこから先の矢谷渓谷から宿ヶ峰峠、兵戸スーパー林道、オートポリス、ミルクロード、二重の峠から旭志通って帰ってくるコースを諦め山鹿市内の八千代座からサイクリングロードを通り帰ってきた。





2017922dIMG_4476.jpg
竜門ダムのサイクリングコースは綺麗に草を刈ってあり
快適に走っていたら
いきなり草茫々でどの方向に道があるのか判らない状況
しかし怯むこと無くHeaven Rideのように走って逆に面白かった
しばらくしたら草刈りも終わって
快適に湖畔の周回ができることだろう





2017922dIMG_4486.jpg
いつも静かな棚田と彼岸花の名所、番所は年配の方で賑わっていた
狭い道路は車や観光バス、マイクロバスが駐車され迷惑
あと20年経ってもわたしは自転車で来ると誓った







2017922dIMG_0330.jpg
午後から土橋さんでサッパリした
来年2月に土橋塾10周年を記念し九州内外のサイクリストを集めて
招待制の交流会を主催されるそうだ
わたしも参加させてもらえるようで今から楽しみだ






2017922dIMG_0337.jpg
夜は家から徒歩3分の陽ちゃんの居酒屋「みんなの詩」に行ってきた
この店の特徴は海鮮が美味しいこと
それと出汁が旨くて味付けが上手
この日の付き出しの大根は抜群だった
この生白子も初めて味合う美味しさだった







2017922dIMG_0336.jpg
ハマグリの潮汁の鍋仕立て
里芋がハマグリの出汁と相まって滲みたなあ






2017922dIMG_0338.jpg
走ったあとは肉
スペアリブの綱焼きで締めた
菊池で肥育されたもろみポークは脂さえ旨い
最後は骨にしゃぶりついて食べるワイルドさがいい
「みんなの詩」は奥が深いなあ






FLUCTUAT NEC MERGITUR
--- 漂えど沈まず ---



  1. 2017/09/22(金) 18:18:09|
  2. ロードバイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:コルナゴ部長
コルナゴ部長のブログへようこそ!


自己紹介
阿蘇内牧温泉の温泉旅館から欧州の山岳コースを彷彿させる阿蘇サイクリングの愉しみ方を紹介しています。

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: